カーボベルデの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーボベルデ
Coat of arms of Cape Verde.svg

カーボベルデの政治

[編集]

カーボベルデの大統領(カーボベルデのだいとうりょう)では、西アフリカカーボベルデ共和国国家元首である大統領について記す。

選出規定[編集]

大統領は国民の直接選挙により選出される。任期は5年で、3選禁止。大統領選挙に立候補するには、35歳以上のカーボベルデ国民であり、なおかつ3年以上継続してカーボベルデ国内に居住し、1000人から4000人の選挙人を集めた上で最高司法裁判所に赴く必要がある。

権限[編集]

カーボベルデは半大統領制をとる共和国である。大統領は国家元首であると同時に、首相率いる閣僚評議会内閣に相当)と行政権を分担して行使する。大統領は国民議会の指名に基づき首相を任命し、首相の提案に基づき閣僚を任命する。軍の最高指揮権や国民議会の解散権、制約はあるが国家緊急権も持つ。首相の要請があれば、閣僚評議会を主催することもできる。

大統領のもとには共和国評議会が置かれ、大統領の諮問機関として機能する。共和国評議会は国民議会議長、首相、最高司法裁判所長官、検事総長、地方問題評議会議長のほか、大統領が任命する2名、国民議会が選出する2名の計9名で構成される。

歴代大統領[編集]

名前 就任 退任 政党・政治組織
アリスティデス・ペレイラ
Aristides Pereira
1975年7月8日 1991年3月22日 ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)→
カーボベルデ独立アフリカ党(PAICV)[1]
2 アントニオ・マスカレニャス・モンテイロ
António Mascarenhas Monteiro
1991年3月22日 2001年3月22日 民主運動(MpD)
3 ペドロ・ピレス
Pedro Pires
2001年3月22日 2011年9月9日 カーボベルデ独立アフリカ党(PAICV)
4 ジョルジェ・カルロス・フォンセカ
Jorge Carlos Fonseca
2011年9月9日 (現職) 民主運動(MpD)
  1. ^ 独立当初は同じポルトガル領だったギニアビサウとの統合を唱え、両国共にPAIGCが支配政党となっていたが、1980年のギニアビサウでの軍事クーデターに伴い統合計画は白紙となり、PAIGCカーボベルデ支部がPAICVへと改組した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]