ペドロ・ピレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・ヴェロナ・ロドリゲス・ピレス
Pedro Verona Rodrigues Pires
Pedro Verona Rodrigues Pires.jpg

任期 2001年3月22日2011年9月8日

任期 1975年7月8日1991年4月4日

出生 1934年4月29日(79歳)
フォゴ島[1]
政党 カーボベルデ独立アフリカ党(PAICV)[2]
配偶者 アデルシア・バッレト・ピレス

ペドロ・ヴェロナ・ロドリゲス・ピレスポルトガル語: Pedro Verona Rodrigues Pires1934年4月29日 - )は、カーボベルデ政治家。同国南部のフォゴ島出身。2001年より2011年まで、カーボベルデ共和国第3代大統領を務めた。

初代首相[編集]

1975年にカーボベルデが独立すると、初代大統領アリスティデス・ペレイラのもとで初代首相を務めた。当時のカーボベルデはギニア・カーボベルデ独立アフリカ党 (PAIGC) による一党制が敷かれており、1980年にPAIGCカーボベルデ支部がカーボベルデ独立アフリカ党 (PAICV) として分離した後も、一党制は続いた。そのため長らく、ペレイラ大統領/ピレス首相体制が同国を支配することになる。

一党制への不満の高まりを受け、1990年2月にPAICVは複数政党制の導入を決定。同年8月にはPAICV総書記の座がペレイラからピレスに移った。しかし翌1991年の国民議会総選挙でPAICVが敗れたため、ピレスは首相職から退いた。

野党指導者として[編集]

1993年8月、PAICV総書記の座がピレスからアリスティデス・ライムンド・リマに移り、ピレスは党首に相当するPAICV議長に就任した。1997年9月には、後に第4代首相となるジョゼ・マリア・ヌヴェスと議長選を戦い、勝利している。

2001年に予定された大統領選挙に出馬するため、2000年にピレスはPAICV議長を辞任。後任議長にはヌヴェスが就任した。

第3代大統領[編集]

2001年の大統領選挙は、2月11日の第1回投票で過半数を制する候補がおらず、PAICVのピレスと民主運動 (MpD) のカルロス・ヴェイガが決選投票を戦うこととなった。

決選投票は2月25日に実施され、12票差(75827票vs75815票)[3]という大接戦の末、ピレスが当選。同年3月22日、ピレスはカーボベルデ共和国第3代大統領に就任した。先だって行われた国民議会総選挙でPAICVが勝利していたため、既にヌヴェスが第4代首相に就任しており、ピレスの勝利によって再びPAICVが大統領・行政府を掌握することとなった。

2006年2月12日の大統領選挙では再びMpDのヴェイガとの戦いとなったが、第1回投票でピレスが過半数を制し[3]、再選を決めている。

2008年5月、以前から唱えられてきた「アフリカ合衆国」構想に対し、ピレスは慎重な姿勢を示した。同時期に日本横浜市で開かれた第4回アフリカ開発会議 (TICAD IV) への出席という形で訪日した経験がある[4]

2011年9月、大統領を退任。2011年、モ・イブラヒム賞を受賞。

参考サイト・注釈[編集]

  1. ^ 共同通信社『世界年鑑2009』、世界人名録より。
  2. ^ 1980年まではギニア・カーボベルデ独立アフリカ党 (PAIGC) のカーボベルデ支部所属。
  3. ^ a b Elections in Cape Verde African Elections Database(英語)。2009年11月10日閲覧。
  4. ^ "Presidente cabo-verdiano prudente sobre Estados Unidos de África" Panapress 2008年5月28日(ポルトガル語)。2009年11月10日閲覧。


公職
先代:
アントニオ・マスカレニャス・モンテイロ
カーボベルデの旗 カーボベルデ共和国大統領
第3代:2001 - 2011
次代:
ジョルジェ・カルロス・フォンセカ
先代:
(創設)
Flag of Cape Verde 1975.svg カーボベルデ共和国首相
初代:1975 - 1991
次代:
カルロス・ヴェイガ
受賞や功績
先代:
フェスタス・モハエ
モ・イブラヒム賞
2011
次代:
(最新の受賞者)