ニジェールの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニジェールの大統領では、西アフリカ内陸国であるニジェール共和国国家元首について記す。軍事政権の時代が長く、大統領ではなく軍事政権のトップが国家元首となる場合も多いが、それもまとめて記した。

選出規定[編集]

国民の直接選挙により選出され、任期は5年。3選は禁止されている。

権限[編集]

1999年制定の現行憲法は半大統領制を採用しており、行政権は大統領と首相によって分割されている。大統領は首相および閣僚の任免、国軍の最高指揮権、非常事態宣言の発令権を持ち、首相との協議の上で憲法裁判所および最高裁判所長官を任命することもできる。国際条約批准する権限も持つが、防衛協定や平和条約、および国際機関と関係する協定が、国内法の改定や財政上の責務を負うものである場合は、司法判断に基づき批准される。

2009年に新憲法が採択され、半大統領制から完全な大統領制への移行が決定し、上記の大統領権限は強化される見通しとなった。新憲法は2012年に施行され、それまでは現行憲法と半大統領制が維持される予定である。

歴代国家元首[編集]

名前 在任期間 政党・政治組織 備考
アマニ・ディオリ
Hamani Diori
1960年11月10日 -
1974年4月15日
PPN-RDA 初代大統領
セイニ・クンチェ
Seyni Kountché
1974年4月17日 -
1987年11月10日
無所属 最高軍事評議会議長
アリー・セブ
Ali Saïbou
1987年11月10日 -
1993年4月16日
無所属→MNSD 第2代大統領[1]
マハマヌ・ウスマン
Mahamane Ousmane
1993年4月16日 -
1996年1月27日
CDS 第3代大統領
イブライム・バレ・マイナサラ
Ibrahim Baré Maïnassara
1996年1月27日 -
1999年4月9日
無所属→UNIRD→RDP 第4代大統領[2]
ダオダ・マラム・ワンケ
Daouda Malam Wanké
1999年4月11日 -
1999年12月22日
無所属 国家和解評議会議長
タンジャ・ママドゥ
Tandja Mamadou
1999年12月22日 -
2010年2月18日
MNSD 第5代大統領
サル・ジボ
Salou Djibo
2010年2月22日 -
2011年4月7日
無所属 民主主義復興最高評議会議長
マハマドゥ・イスフ
Mahamadou Issoufou
2011年4月7日 -
(現職)
PDNS 第6代大統領
  1. ^ 1989年12月20日までは軍政の長として国家元首。
  2. ^ 1996年8月7日までは軍政の長として国家元首。

政党略称[編集]

関連項目[編集]