ガーナの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガーナの大統領(ガーナのだいとうりょう)では、西アフリカガーナ共和国国家元首である大統領について記す。ガーナ共和国は1957年に独立したが、1960年まではイギリスの国王を元首とする英連邦王国であった。ここでは、英連邦王国から脱し、共和制を敷いて大統領を国家元首と定めた1960年7月1日からの大統領を記す。

軍事政権の長が国家元首を兼ねた期間があるが、それもまとめて一覧に記した。

選出規定[編集]

1992年公布の現行憲法によれば、大統領は国民の直接選挙により選出され、任期は4年。3選は禁止されている。大統領候補は40歳以上のガーナ国民(候補者自身がガーナ生まれ、もしくは候補者の両親がガーナ生まれ)でなければならない。また大統領候補は副大統領候補も指名し、選挙戦は正副大統領候補がセットで戦う。

権限[編集]

ガーナは大統領制の共和国であり、大統領は国家元首であると同時に行政府の長も兼ねる。閣僚(首相職なし)の指名権を持つが、指名後に国会の承認が必要である。軍の最高指揮権や国際条約の執行権、恩赦権、場合によっては国家緊急権なども行使する。

大統領の下には国家評議会が存在し、大統領に対する諮問機関として機能している。

歴代国家元首[編集]

名前 在任期間 政党・政治組織 備考
クワメ・エンクルマ
Kwame Nkrumah
1960年7月1日 -
1966年2月24日
会議人民党(CPP) 初代。クーデターで失職。
ジョセフ・アンクラ
Joseph Ankrah
1966年2月24日 -
1969年4月2日
無所属(軍政) 国家解放評議会(NLC)議長
アクワシ・アフリファ
Akwasi Afrifa
1969年4月2日 -
1970年8月7日
無所属(軍政) NLC議長→大統領委員会委員長
ニイ・アマア・オレンヌ
Nii Amaa Ollennu
1970年8月7日 -
1970年8月31日
無所属 大統領代行
エドワード・アクフォ=アド
Edward Akufo-Addo
1970年8月31日 -
1972年1月13日
無所属 第2代。クーデターで失職。
イグナティウス・アチャンポン
Ignatius Acheamphong
1972年1月13日 -
1978年7月5日
無所属(軍政) 国家救済評議会(NRC)議長→
最高軍事評議会(SMC)議長
フレッド・アクフォ
Fred Akuffo
1978年7月5日 -
1979年6月4日
無所属(軍政) SMC議長
ジェリー・ローリングス
Jerry Rawlings
1979年6月4日 -
1979年9月24日
無所属(軍政) 軍事革命評議会(AFRC)議長
ヒラ・リマン
Hilla Limann
1979年9月24日 -
1981年12月31日
人民国家党(PNP) 第3代。クーデターで失職。
ジェリー・ローリングス
Jerry Rawlings
1981年12月31日 -
2001年1月7日
無所属(軍政)→
国民民主会議(NDC)
第4代。[1]
ジョン・クフォー
John Kufuor
2001年1月7日 -
2009年1月7日
新愛国党(NPP) 第5代。
ジョン・アッタ・ミルズ
John Atta Mills
2009年1月7日 -
2012年7月24日
国民民主会議(NDC) 第6代。在任中に病死。
ジョン・ドラマニ・マハマ
John Dramani Mahama
2012年7月24日 - 国民民主会議(NDC) 第7代。
在ガーナ日本大使館の勤務経験がある[2]
  1. ^ 1993年1月7日までは暫定国防評議会(PNDC)議長。
  2. ^ ガーナの新大統領は日本大使館の元現地職員 読売新聞 2012年12月24日閲覧