アクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクラ市
City of Accra
Accra Skyline 3.jpg
アクラ市内のスカイライン
位置
アクラの位置図(ガーナ共和国)の位置図
アクラの位置図(ガーナ共和国)
座標 : 北緯5度33分00秒 西経0度12分00秒 / 北緯5.55000度 西経0.20000度 / 5.55000; -0.20000
歴史
建設 15世紀
英領ゴールド・コーストの首都 1898年
ガーナの首都 1957年
行政
ガーナの旗 ガーナ
  グレーター・アクラ州
  アクラ首都圏
 市 アクラ市
市長 Alfred Vanderpuije
地理
面積  
  市域 173km2(67mi2
  都市圏 894km2(345.18mi2
標高 61m(200ft
人口
人口 2012年現在)
  市域 2,291,352人
    人口密度   9,589.2人/km2(24,836人/mi2
その他
等時帯 グリニッジ標準時
公式ウェブサイト : A.M.A.
ダウンタウンの風景

アクラ英語: Accra)は、アフリカ西部ギニア湾に面したガーナ首都。海岸から20 kmほど内陸まで都市が広がる。

概要[編集]

2012年の統計によると人口は2,291,352人。ガーナ最大の都市であり、政治経済通信交通の中枢である。主な産業は食品加工、木材加工、紡績、被服、化学などである。

歴史[編集]

15世紀にガー族ポルトガル人との貿易港として開拓し、後にポルトガル人はこの地に砦を築いて拠点とした。17世紀の末ごろにはスウェーデンオランダフランスイギリスデンマークも利用する賑やかな街となっていた。

現在のアクラはイギリスとオランダの築いた砦を中核として広がっており、それぞれジェームズタウン、ウッシャーズタウンと両国との絆を感じさせる地名として残っている。

イギリスとアサンテ族の戦争終結後、アクラはイギリスの西アフリカ植民地の拠点となった。内陸部への鉄道網が整備され、内陸部の鉱業と農業からの生産物を輸出する貿易港となり、アクラはガーナの経済中枢として発展した。1862年1939年地震により2度打撃を受けたが、港を中心に復興した。この頃、醸造所が建設され、街は周辺の町を吸収してさらに拡大した。港は現在は、東のテマにある。

1948年にアクラで暴動があり、後のガーナ独立運動に発展していく。1957年にガーナは正式に独立し、アクラはガーナの首都になった。

施設[編集]

アチモタ学校

アクラは、数多くの施設を抱えている。ガーナ国立博物館、ガーナ芸術科学アカデミー、中央図書館などの教育施設があるほか、ガーナ国立劇場灯台、17世紀にデンマーク人が建設したクリスチャンボーグ城(現在のオス城)など歴史的な建造物も数多く存在している。

アクラの郊外には初代大統領クワメ・エンクルマや著名な政治家の1人、ジェリー・ローリングスなどを輩出した国内で最も有名な中等教育機関、アキモタ学校があり、13km北のレゴンにはガーナ国立大学がある。

交通[編集]

港が1960年代にテマに移転したため、コトカ国際空港がアクラの主要な海外への窓口である。他にはテマ、タコラディクマシなどへの鉄道がアクラから延びている。

市内交通[編集]

地下鉄などといった大量輸送機関はなく、主にトロトロと呼ばれるミニバスやタクシーが市内の交通を担っている。

友好都市[編集]

出身人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]