ウガンダの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Presidential Standard of Uganda.svg

ウガンダの大統領では、東アフリカウガンダ共和国国家元首である大統領について記す。ウガンダは1962年に独立したが、1963年まではイギリスの国王を元首とする英連邦王国であった。ここでは、英連邦王国から脱し、共和制を敷いて大統領を国家元首と定めた1963年からの大統領を記す。

軍事政権の長が国家元首を兼ねた期間があるが、それもまとめて一覧に記した。

選出規定[編集]

選出規定は時代により異なるが、ウガンダ国民でなければならないという条件は不変である。1995年10月公布の現行憲法においては、大統領は国民の直接選挙により選出され、任期は5年と定められている。当初は3選禁止規定が存在したが、2005年に再選制限が廃止された(同時に複数政党制の導入も認められた)。

権限[編集]

1995年公布の現行憲法では、大統領制を定めている。この中で大統領は、首相閣僚の任免権、行政府の指揮監督権、軍の最高指揮権など、強大な権限を与えられている。

1963年の共和制移行後は、ウガンダはブガンダなど国内の諸王国による連邦国家であり、連邦政府の大統領の権限は弱かった(議院内閣制)。大統領の権限が強くなるのは、1966年ミルトン・オボテが国内の諸王国を廃止し、ウガンダを単一の共和国と定めた頃からである。

共和制移行(1963年10月9日)以後の歴代国家元首[編集]

名前 在任期間 政党・政治組織 備考
ムテサ2世
Mutesa II
1963年10月9日 -
1966年3月2日
カバカ・イェッカ(KY) 初代。ブガンダ
ミルトン・オボテ
Milton Obote
1966年4月15日 -
1971年1月25日
ウガンダ人民会議(UPC) 第2代。1期目
イディ・アミン
Idi Amin
1971年1月25日 -
1979年4月13日
無所属 第3代。[1]
ユスフ・ルレ
Yusuf Lule
1979年4月13日 -
1979年6月20日
ウガンダ民族解放戦線(UNLF) 第4代
ゴッドフリー・ビナイサ
Godfrey Binaisa
1979年6月20日 -
1980年5月11日
ウガンダ民族解放戦線(UNLF) 第5代
パウロ・ムワンガ
Paulo Muwanga
1980年5月11日 -
1980年5月22日
ウガンダ民族解放戦線(UNLF) 軍事評議会議長
大統領委員会 1980年5月22日 -
1980年12月15日
単一の大統領職無し
ミルトン・オボテ
Milton Obote
1980年12月15日 -
1985年7月27日
ウガンダ人民会議(UPC) 第6代。2期目
バジリオ・オララ=オケロ
Bazilio Olara-Okello
1985年7月22日 -
1985年7月29日
無所属 軍事評議会議長
ティト・オケロ
Tito Okello
1985年7月29日 -
1986年1月26日
無所属 軍事評議会議長
ヨウェリ・ムセベニ
Yoweri Museveni
1986年1月26日 -
現職
国民抵抗運動(NRM) 第7代。[2]
  1. ^ 1971年2月21日までは軍政の長として国家元首。
  2. ^ 1986年1月29日までは国民抵抗軍司令官として国家元首。

関連項目[編集]