東アフリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合によるアフリカの地域の分類(東アフリカは黄)[1]
  東アフリカ
  東部アフリカ (国連の準地域)
  中央アフリカ連邦(ローデシア・ニヤサランド連邦・廃止)
  地理上の東部アフリカ(上を含む)

東アフリカ(ひがしアフリカ、スワヒリ語: Afrika ya mashariki)は、アフリカの東部地域、おおむね大地溝帯から東側の地域を指す。

文化・歴史[編集]

この地域はインド洋に面し、沿岸部(スワヒリ海岸と呼ばれる)は、モガディシュキルワマリンディなどの都市がインド洋のイスラム商人の交易で繁栄したことからイスラム教が広く浸透している。また、共通語はスワヒリ語である。内陸部でも特に北部は、アクスム王国のあったエチオピアがコプト教の伝統を受け継いでいる。歴史的な文化圏としては、モノモタパ王国ロズウィ王国があったジンバブエまで含まれうるが、実際には、モザンビークを含むか含まないかの地理的な区分となっている。

また、20世紀までにアフリカ東部沿岸地域に成立した植民地の名称が「東アフリカ」とされ、支配国にとっての「東アフリカ」はこれらの地域を指していた。

第一次世界大戦の結果ドイツ領東アフリカの大半はイギリス委任統治領タンガニーカとなる。現ルワンダブルンジの地域はベルギー委任統治領ルアンダ=ウルンディとなる。その後1922年にイギリスの支配する3地域(ウガンダケニアタンガニーカ)に共通通貨東アフリカ・シリングが導入された。この3地域に結ばれた関税同盟が独立後に引き継がれ、ウガンダケニアタンザニアによる東アフリカ共同体(第一次)となるが、国家間の対立により1977年に崩壊する。現在、通貨統合も含めて政治的・経済的統合が検討されている現代版の東アフリカ共同体(第二次)が進行中であり、ウガンダケニアタンザニアの3国が2001年に発足させ、2007年からはルワンダブルンジの2国が参加した。現在、経済・政治分野で「東アフリカ」の語を使用する場合は主にこの東アフリカ共同体の5カ国を指す。

一方で、歴史的に最も古く、さらに最も長期間(1975年まで)存続した「東アフリカ」植民地であるモザンビークは、現在でも東アフリカ地域として扱われる場合(図)もあるが、南アフリカとの強い政治・経済的結びつきがあるため、それらの分野では南部アフリカとして扱われる。

ちなみに内陸部に存在したイギリス植民地は「東アフリカ」の扱いではなく、中央アフリカ連邦の名称を持つ植民地が現在のジンバブエ、ザンビア、マラウィの地域に存在した。これらの国々は現在、東アフリカに区分される場合(図)もあるが、主に経済の分野を重視して南部アフリカとして扱われる場合が多い。

独立国[編集]

関連項目[編集]