イギリス領インド洋地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス領インド洋地域
British Indian Ocean Territory
イギリス領インド洋地域のsvg イギリス領インド洋地域のsvg
イギリス領インド洋地域の旗 イギリス領インド洋地域の紋章
モットー:In tutela nostra Limuria
国歌:God Save the Queen 女王陛下万歳
イギリス領インド洋地域の位置
公用語 英語
首都 ヴィクトリア
君主 女王
弁務官 コリン・ロバーツ
行政官 ジョン・マクマヌス
面積
 -  総面積 220 km²
 -  水面積率 (%) 極僅か
人口
 -  推計 3,500
 -  人口密度 58.3/km²
GDP (PPP)
 -  合計
通貨 USドル (USD)
時間帯 UTC +6 
ISO 3166-1 IO / IOT
ccTLD .io
国際電話番号 246

イギリス領インド洋地域(イギリスりょうインドようちいき、英語: British Indian Ocean Territory)は、チャゴス諸島を中心としたインド洋の約2300の島を含む地域であり、イギリスの海外領土ディエゴガルシア島は、南端にある最大の島で、アメリカ軍の基地がある。なお、同地域の行政中心地は現在もセーシェルの首都ヴィクトリアにおかれている。

歴史[編集]

イギリス領インド洋地域は1965年11月8日にチャゴス諸島、アルダブラ諸島ファーカー諸島、Des Roches諸島を含むイギリス領として成立した。1976年6月23日、アルダブラ諸島、ファーカー諸島、Des Roches諸島はセーシェルとして独立しチャゴス諸島のみとなった。チャゴス諸島は現在無人島で、モーリシャスから移り住んできた島民は、1967年から1973年の間にセーシェルに移住させられた。

地理[編集]

東経71度から73度、南緯5度から8度の広範囲に広がっている諸島群を領域としている。全て小島嶼であり、最高所でも標高2mほどしかないサンゴ礁の島となっている。気候面では全域が熱帯に位置している。行政府所在地のセーシェルまでは西へ約2,000km離れている。

政治[編集]

行政本部はセイシェル共和国ビクトリアにあり、インド洋総督府として行政を執行する。政治体制イギリスの海外領土としており、弁務官が統治し、議会はない。

経済[編集]

軍事基地となっているディエゴガルシアを除き、経済活動はほとんどない。農業や工業は行われておらず、わずかに遠洋漁業が行われているのみである。

関連項目[編集]