ヨルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アジア > 西アジア > ヨルダン・ハシミテ王国
ヨルダン・ハシミテ王国
المملكة الأردنيّة الهاشميّة
ヨルダンの国旗 ヨルダンの国章
国旗 国章
国の標語:不明
国歌As-salam al-malaki al-urdoni
ヨルダンの位置
公用語 アラビア語
首都 アンマン
最大の都市 アンマン
政府
国王 アブドゥッラー・ビン=フセイン
首相 アブドッラー・エンスール
面積
総計 92,300km2110位
水面積率 0.4%
人口
総計(2012年 6,318,000人(???位
人口密度 61人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 240億[1]ヨルダン・ディナール
GDP (MER)
合計(2013年 339億[1]ドル(91位
GDP (PPP)
合計(2013年 762億[1]ドル(85位
1人あたり 11,639[1]ドル
建国
 - 宣言
イギリス国際連盟委任統治領より
1946年5月25日
通貨 ヨルダン・ディナール (JOD)
時間帯 UTC +2[2]DST:+3)
ISO 3166-1 JO / JOR
ccTLD .jo
国際電話番号 962

ヨルダン・ハシミテ王国(ヨルダン・ハシミテおうこく)、通称ヨルダンは、中東西アジアに位置する立憲君主制国家。首都はアンマンイスラエルパレスチナ暫定自治区サウジアラビアイラクシリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川死海が境である。

立憲君主制をとり、イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻にさかのぼるハーシム家出身の国王世襲統治する王国である。

国民の半数余りは中東戦争によってイスラエルに占有されたパレスチナから難民として流入した人々(パレスチナ難民)とその子孫である。

国名[編集]

正式名称は 、المملكة الأردنيّة الهاشميّة(ラテン文字転写 : al-Mamlakah al-Urdunīyah al-Hāshimīyah; アル=マムラカ・アル=ウルドゥニーヤ・アル=ハーシミーヤ)。通称الأردن(al-ʾUrdun; アル=ウルドゥン)。 公式の英語表記は、 Hashemite Kingdom of Jordan。通称 Jordan。 ハーシミーヤは、預言者ムハンマドの曽祖父ハーシムの子孫の家系であるハーシム家を指す。

ヨルダンの名称は、国土の西を流れるヨルダン川の名に由来する。ヨルダン川は、ヘブライ語起源の河川名で聖書に名が現われ、アラビア語ではウルドゥン、ヨーロッパ諸言語ではヨルダンあるいはジョルダンとなる。ヨルダン川の名前が国名となったのは、この国が第一次世界大戦後に成立したイギリス委任統治領トランスヨルダン(ヨルダン川の向こうの意)を前身とするためである。

日本外務省では、国名は、その英語発音をカタカナで表記する外務省内の慣習があったため、「ジョルダン」または、「ジョルダン・ハシェミット王国」としていたが、わかりづらいとの批判を受け、2003年に、「ヨルダン」または、「ヨルダン・ハシェミット王国」とした。 (この改正時には、サウディ・アラビアはサウジアラビア、ヴォリビアはボリビア、マレイシアはマレーシア、グリースはギリシャ、サイプラスはキプロスになど、複数の国々の名称が英語発音のカタカナ表記から改正された。)

しかし、「ジョルダン・ハシェミット王国」の「ハシェミット」の部分だけは改められなかったことから、「ヨルダン・ハシェミット王国」という表記が新たに生まれた。

ヨルダンの国名は他に、「ヨルダン・ハーシム王国」や「ヨルダン・ハシム王国」などと表記することもある。

「例」

愛知万博、大辞泉:「ヨルダン・ハシミテ王国」
ブリタニカ国際百科事典:「ヨルダン・ハーシム王国」

歴史[編集]

ヨルダンの国土は、およそ50万年前の旧石器時代から人類が住み着いていたことが知られ、紀元前8000年紀には人類最古級の農業が営まれた。西アジアに文明が発達すると交易の中心地として栄え、紀元前13世紀頃からはエドム人が住み着き、アンマンには旧約聖書に登場するアンモン人の国があった。紀元前1世紀頃には南部にペトラ遺跡を残したナバテア王国が発展するが、紀元1世紀から2世紀ローマ帝国に併合された。

7世紀にはイスラム帝国の支配下に入りアラビア語イスラム教が浸透してアラブ化・イスラム化が進んだが、ダマスカスに都したウマイヤ朝が滅びイスラム世界の中心がシリア地方から離れると、その辺境として都市文明も次第に衰えていった。

ヨルダンとアラビアの反乱騎兵(1918年

19世紀に入ると、当時この地方を支配していたオスマン帝国は、ロシアから逃亡してきたチェルケス人をシリア地方の人口希薄地帯に住まわせるようになり、次第に活気付き始めた。第一次世界大戦後の1919年イギリス委任統治領パレスチナに組み入れられ、1923年ヒジャーズ王国の王族アブドゥッラー・ビン=フサインが迎え入れられてトランスヨルダン王国が成立した。この政府に対するイギリスの代表者は最初はT・E・ロレンス、ついでジョン・フィルビーであり、パレスチナの高等弁務官の管轄下にあった。

トランスヨルダン王国は第二次世界大戦後の1946年に独立し、1949年に国名をヨルダン・ハシミテ王国に改めた。1950年には、エルサレムを含むヨルダン川西岸地区を領土に加えたが、1967年第三次中東戦争イスラエルに奪われる。中東戦争は、イスラエルに占領された地域から大量のパレスチナ人の流入をもたらし、加えて1990年代以降には、民主化に伴い王室の近代化主義に反対する保守派やイスラム主義派が台頭して国内の不安定要因となっている。

政治[編集]

1952年に制定された憲法に基づいた、国王元首とする立憲君主制であり、君主は世襲制となっている。国王は内閣と共に行政権を執行する。二院制議会を有している。

反政府抗議運動[編集]

ジャスミン革命アラブの春)の影響で、首相を国王が任命するのでは無く国民に直接選ばれた議会が選出する議院内閣制への移行と選挙法改正を要求するため、主にムスリム同胞団アラブ民族主義政党、左派政党らが結集してアンマンなどで抗議デモが実施された。また、国王の長年の支持基盤だったベドウィンの部族長らもアブドゥッラー2世国王に対して、ラーニア王妃とその一族の浪費癖を批判する声明を出している。ただ、いずれも王制打倒を求める反体制運動には到ってない。

軍事[編集]

地方行政区分[編集]

ヨルダンのムハーファザ

12のムハーファザ(県、アラビア語のローマ字転記: muhafazat, 単数形: muhafazah)に分かれている。

  1. イルビド県 (Irbid) - 県都イルビド
  2. アジュルン県 (Ajlun) - 県都アジュルン
  3. ジャラシュ県 (Jerash) - 県都ジャラシュ
  4. マフラク県 (Mafraq) - 県都マフラク
  5. バルカ県 (Balqa) - 県都サルト
  6. アンマン県 (Amman) - 県都アンマン
  7. ザルカ県 (Zarqa) - 県都ザルカ
  8. マダバ県 (Madaba) - 県都マダバ
  9. カラク県 (Karak) - 県都カラク(アル=カラク)
  10. タフィラ県 (Tafilah) - 県都タフィラ
  11. マアーン県 (Ma'an) - 県都マアーン
  12. アカバ県 (Aqaba) - 県都アカバ

地理[編集]

ヨルダンの地図

東部は乾燥した森林高原で、オアシスと季節的な川の流れがあり、灌漑されている。西部は農地が発達し、地中海性の常緑樹が広がる。国の最高地点はウムアルダミ山 (Jabal Umm al Dami) で海抜1854m、頂上は雪で覆われる。西部渓谷を除いた国の大部分は海抜300m以上である。

気候[編集]

夏の平均気温は30℃、冬は1℃まで下がる。11月から3月の冬季は西部の降雨が大きく、アンマン(標高約1000m)では雪が降る。

ヨルダン渓谷[編集]

国土の西部には大地溝帯の北端でもあるヨルダン渓谷がある。ここには死海もあり、標高が極めて低い。この地域は冬でも温暖であり、近年の灌漑技術の発達により、野菜や果物の一大生産地に変貌した。

ヨルダン高原[編集]

ヨルダン渓谷の東側に位置する高原地帯。アンマンやカラクなどもこの高地帯に位置する。南部にはヨルダン最高峰のラム山 (1,754m) もある。

砂漠[編集]

国土の80%は砂漠地帯に属する。

経済[編集]

IMFの統計によると、2013年のヨルダンのGDPは約339億ドルである。一人当たりのGDPは5,174ドルで、これは世界平均の50%ほどの水準だが、産油国が多い中東ではやや低い数値である。[1]

現在[いつ?]農業従事者は18万人おり、おもに果実を中心に栽培している。 畜産業としてはラクダをそだて、牛乳をとっている。 なによりヨルダン経済を支えているのはリン鉱石天然ガスで、リン鉱石は256万トン、天然ガスは9.6千兆ジュールを産出している。 漁獲量は526トンである。 石油が産出しないため、1990年代はイラクや近隣諸国から輸入した。イラクのサッダーム・フセイン体制崩壊後は湾岸協力会議諸国からの供給があり、エジプトからは2003年に完成したアカバ湾までのアラブガスパイプラインによりガスを輸入している。イラクとパレスチナでの社会不安のため、それらの多くの事業家がアンマンに事務所を置いている。 2000年にWTOに加盟。2001年12月の米国との自由貿易協定以降、米国との貿易が飛躍的に拡大している。政府はリン鉱石やカリ鉱石の輸出あるいは海外からの送金や外国からの支援に頼らない産業、例えばITや観光産業を奨励している。低税金と規制緩和のアカバ経済特区 (ASEZA) に経済成長モデルの期待がある。

ヨルダン統計局発表のGDP成長率は2012年が2.7%、2013年が2.8%となっている[3][4]

天然資源[編集]

東部砂漠のRishaガス田を1987年に発見、埋蔵量はそれほど多くはないが、ヨルダン全体の発電量の1割を支えている。南部には世界第3位を誇るリン鉱石埋蔵量があり、採掘された鉱石は鉄道でアカバ港へ運ばれ輸出される。ウラン鉱石は世界の2%の埋蔵量がある。最近注目されているのがオイルシェールで、400億トンの石油の存在が推定される。ロイヤル・ダッチ・シェルとの間で開発契約が締結された。

国民[編集]

宗教構成(ヨルダン)
イスラム教スンナ派
  
90%
キリスト教
  
10%

住民はほとんどアラブ人である。わずかにアルメニア人チェチェン人チェルケス人アブハズ人アディゲ人アヴァールなどがいる。1967年の第三次中東戦争以降流入したパレスチナ難民の人数は、2002年6月現在、7割を越えている。

言語は公用語がアラビア語

宗教はイスラム教スンナ派がほとんど。その他にキリスト教なども信仰されている。

2013年時点で、隣国シリア騒乱から逃れてきた難民が大量に流入、ヨルダン人口の1割に達しつつある[5]

文化[編集]

スポーツ[編集]

ヨルダンでは、サッカーが人気である。詳しくはサッカーヨルダン代表を参照。

主な史跡[編集]

祝祭日[6]
日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 رأس السنة الميلادية 太陽暦の新年
1月30日 アブドゥッラー国王の誕生日 ذكرى ميلاد الملك عبد الله الثاني
5月1日 労働節 عيد العمال
移動祝日、ただし常に東方キリスト教のカレンダーによる 復活祭 これは休日と最近宣言されはしたが全国で行われているわけではない。休日はその趣旨に関係する人々にのみ適用される。通常、この日を休むのはクリスチャンである。
5月25日 独立記念日 عيد استقلال المملكة الاردنية الهاشمية
6月9日 アブドゥッラー国王の即位 عيد جلوس جلالة الملك عبدالله الثاني بن الحسين المعظم
6月10日 国軍及び大アラブ反乱記念日 عيد الجيش والثورة العربية الكبرى
11月14日 フセイン国王の誕生日 ذكرى ميلاد المغفور له الملك الحسين بن طلال طيب الله ثراه フセイン国王の死の後、この日は「フセインへの忠誠日」と呼ばれている。
12月25日 クリスマス عيد الميلاد المجيد 民間ではこの休みを4日間か5日間に拡張することが法によって可能になっている。
移動祝日 犠牲の祝宴、あるいは大祝宴、イード・アル=アドハー عيد الأضحى المبارك 息子を犠牲にするアブラハムの意思を記念し、メッカ巡礼の月末に置く。
移動祝日 ラマダーン初日 بداية الصيام
移動祝日 小祝宴、イード・アル=フィトル عيد الفطر المبارك ラマダーンの終了を記念する。
移動祝日 元日 ذكرى الهجرة النبوية الشريفة イスラム教の新年
移動祝日 ムハンマド昇天日
移動祝日 預言者ムハンマドの誕生日 عيد المولد النبوي الشريف

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年12月15日閲覧。
  2. ^ ただし2012年10月26日から2013年3月30日については、当初は冬時間に戻る予定であったものの、夏時間として利用されていたUTC+3をそのまま継続することとなった。Gov't rescinds decision to switch to winter time”. The Jordan Times (2012年10月24日). 2013年3月25日閲覧。
  3. ^ “Jordan’s 2012 GDP grows by 2.7%”. The Jordan Times. (2013年3月31日). http://jordantimes.com/jordans-2012-gdp-grows-by-27 2013年8月25日閲覧。 
  4. ^ “GDP grows by 2.8% in 2013”. The Jordan Times. (2014年3月31日). http://jordantimes.com/gdp-grows-by-28-in-2013 2014年4月6日閲覧。 
  5. ^ “シリア難民受け入れ「限界」 ヨルダン国王が支援訴え”. 朝日新聞. (2013年11月4日). http://www.asahi.com/articles/TKY201311040102.html 2013年11月6日閲覧。 
  6. ^ الاعياد القومية والوطنية”. الموقع الرسمي لأمانة عمّان الكبرى. 2012年10月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]