ピトケアン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピトケアン諸島
Pitcairn Group of Islands
ピトケアン諸島のsvg ピトケアン諸島のsvg
ピトケアン諸島の旗 ピトケアン諸島の紋章
国歌:God Save the Queen 女王陛下万歳
ピトケアン賛歌
ピトケアン諸島の位置
公用語 ピトケアン語英語
首都 アダムスタウン
君主 エリザベス2世
総督 ビクトリア・トレアーデル
アダムスタウンの市長 ショーン・クリスチャン
面積
 -  総面積 47 km²
 -  水面積率 (%)
人口
 -  推計2013年 56
 -  人口密度 1/km²
GDP (PPP)
 -  合計
通貨 ニュージーランド・ドル (NZD)
時間帯 UTC-8 
ISO 3166-1 PN / PCN
ccTLD .pn
Website
http://www.pitcairn.pn/
国際電話番号 64

ピトケアン諸島(ピトケアンしょとう、Pitcairn Islands)は、南太平洋上に浮かぶイギリスの海外領土。ピトケアン島はじめ全部で5つのから成り立っている。正式名称は Pitcairn Group of Islands1767年、イギリス軍艦「スワロー」の士官候補生ロバート・ピトケアンが発見した。

この島の周囲300kmには、他に人の住んでいる島は無い。この絶海の孤島に人が住み着くようになったのは、映画でも有名な「バウンティ号の反乱」がきっかけである。現在ピトケアン島に住んでいるのは、この反乱に参加した水兵の子孫達である。

地理[編集]

ピトケアン諸島の地図. 出典:CIA World Factbook
ピトケアン諸島を中心とした正投影図

ピトケアン島をはじめとして、全部で5つのから成り立っている。諸島といっても一番東のデュシー島から一番西のオエノ島まで500km以上の広がりがあり、その中に5つ島が散在しているだけである。ピトケアン島以外には人は住んでいないので、実質ピトケアン島がこの植民地の全てである。

ピトケアン島は火山性(最高峰が355m)の面積4.50km2の南緯25度04分西経130度06分に位置する小さな島である。島の周囲は断崖絶壁に取り囲まれており、荒波が島を叩き寄せているため海岸線はほとんど無く、岩がごろごろしている浜がほとんどである。その為、大型の船が島へ接岸するのは難しい。島の北部、海を見渡す丘の方にバウンティ号の反乱のリーダーであるフレッチャー・クリスチャンがいつも居たというクリスチャンケイブと呼ばれる洞窟がある。島の周囲にアダムズ・ロックとヤングス・ロックと言う岩石の小島がある。

気候は亜熱帯海洋性で、7月から12月は雨季である。夏季は20-30度と温暖であるが、冬季には12度まで気温が下がることもある。

歴史[編集]

スペイン人がピトケアン島を発見した時には既に無人島であったが、15世紀頃までポリネシア人が住んでいた事が考古学的に明らかになっている。

1767年、カートレット艦長とピトケアン士官候補生がピトケアン島を発見している。このことを知った1789年4月の「バウンティ号の反乱」者たちが1790年1月同島に上陸し、自給自足の生活を始めた。しかし反乱者とタヒチから連行してきた者との間でトラブルが起き、生き残った反乱者4人の間でも殺人が起き、1800年ごろには反乱者の最後の一人ジョン・アダムスと9人のタヒチ女性と19人の子どもが暮らしていたという。1814年イギリス船が同島を訪れ、反乱が発覚した。1825年に恩赦を与えられ同島で亡くなったアダムズの名前にちなみ「アダムタウン」という町名が残されている[1]。 

バウンティ号の反乱以来、その子孫が住み着いている。1829年にイギリスの領土であると宣言され、正式にイギリスの植民地となっている。

政治[編集]

イギリスからニュージーランドに派遣されている高等弁務官がピトケアン総督を兼ねる。

住民により島司、立法議会のメンバーが選ばれる。2004年まではスティーブ・クリスチャン島司が島の実質上の行政を行っていた。しかし、後述する少女性的暴行事件の影響で2004年10月30日に解任され、後任にはジェイ・ウォーレンが就任した。

交通[編集]

空港は無く、貨客船Claymore IIフランス領ポリネシアガンビエ諸島マンガレバ島との間を年に8往復している。船は火曜日の午後にマンガレバ島のリキテア村を出発し、木曜日の朝にピトケアン島に到着する。所要時間はおよそ32時間で,タヒチからの国内便と接続が計られており、以前より島へのアクセスが容易になったが、観光客は、船のスケジュールに合わせて3日間、10日間、3か月間のいずれかの滞在期間を選ぶ必要がある。[2]

施設の整った病院などに入る場合は、4,000km近く離れたニュージーランドまで船で行かなくてはならない上、急ぎの場合は船をチャーターする必要がある。

島内では住民は水上交通に改造した大型のボートを用い、陸上では四輪バギーや日本製のオートバイに乗っている。

経済[編集]

産業は主に、物々交換による経済として、漁業と農作物を中心に行われており、島で芋やバナナやオレンジなどを植えている。鉱物資源の開発が経済発展を促す可能性があり、島の深海底でマンガン塊が発見されている他、デュシー島やヘンダーソン島にグアノがある。現在ではドメインの.pnの販売に力を入れており、島政府のホームページでもセールスをかけている。

通貨としてニュージーランド・ドルが用いられているが、島内ではいくつかの外貨と両替することができる。土産店ではアメリカ・ドルでの表示もされている。クレジットカードは使用できない。

ほか、外貨を稼ぐため蜂蜜、ガイドブック、切手の販売もあるが、島に寄港する船が限られているため郵便事情が悪く、蜂蜜の場合は注文してから届くまで2~5か月を要する。

住民[編集]

島民はバウンティ号の反乱者のイギリス人水夫とタヒチ系ポリネシア人女性との間に生まれた子孫である。

宗教はキリスト教で、島民は熱心なプロテスタントセブンスデー・アドベンチスト教会であるため、基本的には島民はアルコール)は飲まないし、タバコは吸わない。ガバメント・ストア(唯一のコンビニエンス・ストア)とクリスチャンズ・カフェ(唯一のカフェ)では、アルコールやタバコを販売しているが、品薄である。

食のタブーもあり、豚肉海老は食べないという。これは、反乱者達が島に住み着いてから、酒に酔った乱暴な一部の反乱者らによる島での殺し合いが起きた時、反乱者の最後の生存者であるアダムズが聖書に助けを求めて以来、キリスト教の教えを熱心に現在に至るまで守っているためである。

ピトケアン島の最近の事情[編集]

1999年、この島に研修に訪れていたイギリスの女性警察官が、この島の女性から「この島の14歳以下の女性と大部分の成人男性が性交渉をもっている」という事実を告げられた。彼女はこの事実をニュージーランド在住のピトケアン総督に報告し、捜査の結果、この告白が事実である事が判明した。これは本国のイギリスの法律に照らせば違法であるが、島民は男性も女性も「これは島の風習であり、イギリスの法律で裁くことは適さない」と主張している。

またピトケアン島には裁判所がなく、裁判に必要な判事弁護士もいないので、実際に裁判を行うには、ニュージーランドまで行かなくてはならなかった。「容疑者」はこの島のほぼ全ての成人男性であり、島の経済はその間大きく停滞する事になる。ましてや実刑判決が下れば、島の存続にも関わってくる。一つの島が丸ごと消えてしまいかねない事件として、この出来事はイギリスやニュージーランドだけにとどまらず、世界中で大きく取り上げられることとなった。

結局、ニュージーランドでの裁判の開廷は地元の負担が大きすぎるという事で、2004年にピトケアン島で裁判を開廷する事が決定された。判事や弁護士はニュージーランドからはるばるやって来た。イギリスの海外領土の住民が、イギリス連邦に属するとはいえニュージーランドの判事や弁護士により、英国法によって裁かれるという変わった形である。また、島の男性によるイギリスの法律の適用外だという主張は退けられた。さらに、実刑判決が出た場合に備えて、イギリス本国では刑務所もピトケアン島に設ける事を決定し、この刑務所に勤務する者の募集を始めた。

2004年10月25日、ピトケアン島で裁判が行われ、7人の被告に対して裁判が開かれ、6人が有罪、1人が無罪になった。しかし、判決が出た当時はまだ刑務所が工事中だったため、有罪になった6人とも島の中で自由にしていた。2005年から6人が刑務所に収監されている。

島のインフラ状況[編集]

皮肉にも、少女性的暴行事件が話題になった2004年以降、イギリス政府は島へ大規模なインフラ整備の投資を始めた。これは再発防止策であったが、結果として人口数十人の離島にしては十分過ぎるほどのインフラが整っている。

  • 島にはラジオ放送もテレビ放送も無いが、衛星放送のアンテナが設置され、海外の放送を無料で見ることが出来る。また各家庭にはDVDプレーヤーがある。
  • 衛星電話があり、各家庭に有線電話が引かれている。
  • VHF無線が各家庭と船に設置され、漁業に出ている船と無線が使える。
  • 衛星回線を用いたインターネットが導入され、全家庭にパソコンとネットワークが設置されている。そのためインターネット普及率は100%である。ただしピトケアン島のドメイン名である.pnはアメリカの会社が代行販売している。
  • 発電機が設置され、電気が通じた。電圧はオーストラリアやニュージーランドと同じ230-240ボルト。なお、ガスや水道は無い。水道が無いのは島に水源がなく、飲料水を全て雨水に頼っているため。
  • 6.4kmにわたって道路が舗装されており、島民はバイクか四輪バギーを用いる。
  • 2005年に警察署と学校が建設され、イギリス本土から派遣された警察官と教師が勤務している。刑務所もあり、イギリスと同じ生活水準の基準で作られている。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 石森大和「ピトケアン諸島」/吉岡政徳・石森大和編著『南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア』明石書房 2010年 243-244ページ
  2. ^ http://www.visitpitcairn.pn/visitpitcairn.html

外部リンク・参考資料[編集]