食のタブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハム

食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。

特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して

  1. 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている
  2. 心理的な背徳感から食べることができない
  3. 食材と考えられていないから食べない

の3種があげられる。

なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。一例としては食物アレルギーを有する人の場合、特定の食材がアレルギー症状(場合によっては生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。

文化による違い[編集]

宗教[編集]

宗教によっては、特定の食肉の摂取を禁じている例が少なくない。たとえば、ユダヤ教カシュルート(適正食品規定)と呼ばれる食べてよいものといけないものに関する厳しい規則を定めている。食肉がカシュルートにかなうためには、シェヒーターと呼ばれる屠殺方法を用いなければならず、後半身からは座骨神経を取り除かなければならない。ヨム・キプル(贖罪の日)には飲食が禁じられる。イスラム教ではハラールな食品のみ摂取が許される。イスラムで禁忌とされる食材はユダヤ教の規定より品目が少ないものの、摂取が許される食肉についても特定の儀礼によって屠殺されることが必須とされる。さらにイスラム教徒の義務としてラマダーンという断食の習慣も遵守されている。ユダヤ教とイスラム教では、狩猟によって得られるジビエも禁忌とされる。ユダヤ教より発したキリスト教ではパウロが規制撤廃を主張し、エルサレム会議にてわずかな規定を残して食物規制を廃止した。残った規制も、特に西方においてはその後に有名無実となった。

ヒンドゥー教ジャイナ教仏教戒律五戒初期仏教三種の浄肉以外)は肉食を禁止しているため、これらの宗教の信者は今でも多くが菜食主義者であり、精進料理を調理し食べる習慣がある。ラスタファリ運動も菜食を奨励する。キリスト教のセブンスデー・アドベンチスト教会では、ユダヤ教の戒律に準じた食品の摂取と菜食主義を奨励している。キリスト教文化においては、かつて金曜日はキリスト受難の日として肉食を避けるべき日とされ、魚を食べる習慣があった。

現在でもポーランド、南ドイツ等のカトリック勢力の強い国あるいは地域では、この習慣が残っている。なお、正教会では、今日でも水曜日(キリストが裏切られた日)と金曜日には肉・魚・卵・乳製品・植物油・酒類を摂取しない習慣がある。ただし、カトリックにおける小斎大斎、正教会における(特定の日に特定の食物の摂取を控えること)は、厳密な意味の食のタブーではない。実際、ローマ教皇庁は金曜日に肉を食べてはいけないとの公表はしていない。正教会の場合、斎の実行は、個人の自由意志に基づくものとしている。

心理的な背徳感によるタブー[編集]

特定の食材が心理的な背徳感を喚起するため、食用とすることができない。役畜(ウシウマなど)、ペット動物(イヌネコウサギ)、高い知能を持つと考えられている動物(クジラなどの高等哺乳類)、絶滅危惧種など、社会で高い価値が認められている動物や植物がこれにあたる。これらに対するタブーは立法化されることが多い。また、一般に食用と考えられている動物でも、ペットとして接することによって特定の個体が擬人化され、食材とみなすことができなくなる場合もある。社会価値の変遷により、何をタブーとするかは同じ社会においても急速に変化する可能性がある。

また、単に人間用の食材と考えられていないためにタブーとなる例もある。多くの文化にとっては多くの無脊椎動物ネズミなどがこれに該当するが、これらに対するタブーが立法化される例は、高い価値が認められている生物の例よりも少ない。

立法[編集]

食のタブーが法によって強制力を持つ例もある。これは異なる食文化への迫害や、人権蹂躙であると主張される可能性がある。たとえば香港では中国に主権が返還されたが、イギリス植民地時代に定められた犬肉、猫肉の供給を禁じる法令が撤回されないままになっており、同じ文化圏に属する広東省の食文化との食い違いが見られる。

合食禁[編集]

特定の食物の組み合わせが禁忌となる場合があり、これを合食禁と呼ぶ。例えばユダヤ教では、魚と卵を除く動物から得られた食品と乳や乳製品を食べ合わせることを禁じており、この二つを食べる場合は地方にもよるが1時間から数時間の間隔を置かなければならない。これは聖書申命記にある「(動物の)母の乳でその子を煮てはならない」という記述にもとづく。厳格なユダヤ教徒は食器から食器洗い機にいたるまで、肉用と乳製品用のものを別にしている。

多文化主義の食のタブーへの対応[編集]

多文化主義が浸透している社会では、特定の宗教や信条によって課せられている食のタブーに配慮した食事を選べるようにすることが普通になっている。宗教や医学的な背景から、多くの国籍(宗教)の人の利用が想定される国際線航空便の機内食の場合、社にもよるが、出発24~48時間前までに申し込めば、イスラム教やユダヤ教、菜食主義者など特定の宗教や信条に対応した料理や、低脂肪、低塩分、低(高)タンパク質などの料理といった、特別な機内食が配られる体制を持っている会社が多い。この他、学校病院給食でも同様の対応が見られる。

極限状態でのタブー[編集]

人が極限状況に置かれた場合や社会が戦乱や飢饉などで窮乏した場合、食のタブーが弛み、禁忌とされる食材や人肉までもが消費されることがある。これは餓死の危険が迫ったときに自己保存本能が慣習に打ち勝つためであるが、タブーを破る現象は衝撃的で多くの人に生理的嫌悪を感じさせるため、センセーショナルに報道されやすい。

文化が人に食へのタブーを課すのはなぜか[編集]

イギリスの文化人類学者メアリー・ダグラスの『汚穢と禁忌』によれば、食の禁忌は分類上の落ちこぼれが持つ中途半端な属性がケガレとされたことに理由があるとされている。例えば牛やヤギは四足で蹄が割れており反芻胃を持つのに対し、豚は蹄が割れているが反芻をせず、また兎は反芻はするが蹄が割れていないなど、分類上中途半端であるがゆえに禁忌とされたことになる。

健康上の理由が禁忌につながった可能性もある。たとえば、未調理の豚肉を食べることは旋毛虫病E型肝炎に罹患する恐れがあり、多くの海産物食中毒の恐れが高いとされる場合があるが、これらの考え方は俗説にすぎないという批判もある(詳細はカシュルートを参照)。

「食材」別 食のタブー[編集]

食肉(哺乳類)[編集]

[編集]

ヒンドゥー教の神クリシュナと聖牛

多くのヒンドゥー教徒はどんな肉も全て忌避する。特に牛はヒンドゥー社会では神聖なものであるとされ、ほとんどのヒンドゥー教徒は牛肉を食べない。しかし過去、カーストに属さない不可触賎民は屠殺を生業とすることがあり、牛肉を食べることがあった。現在、牛肉食はインドでもところどころで受け入れられるようになってきた。インド産以外の牛肉なら食べてもよいと考えるヒンドゥー教徒もいる。牛乳乳製品は牛を傷つけずに得られるため禁忌とはされず、むしろ積極的に消費される。

台湾の年配の人たちにも牛肉食を控える傾向がある。牛は農業に有用なので食べることは間違っていると感じられるからである。また、カナダアカディア人もかつては役畜としての役割を終えた牛のみを屠殺して食用にした。

[編集]

馬肉、オランダ

モーゼ法の時代から、厳格なユダヤ教徒は馬肉を食べない。馬はひづめが割れていないし反芻もしないので、この肉を食べることは禁じられている。

英語圏では馬肉はタブーとされることが多く、馬肉の供給はしばしば非合法でさえある。ロブスターラクダのように、ユダヤ教やキリスト教のある宗派にとっては馬肉が禁じられている。西暦732年に、トゥール・ポワティエ間の戦いの直後に軍馬の供給が重要視されたため、教皇グレゴリウス3世はユダヤ教の禁止令と同じくレビ記にもとづき、異教の「嫌悪感を催す」馬肉食の風習をやめる取り組みを始めた。1000年アイスランドにキリスト教を布教した際、教会関係者はアイスランド人に馬肉食を禁じないことを約束せねばならなかった。

馬肉に対する態度には文化的に近い民族や同じ民族の中でも大きな違いがある。例えばフランスではイギリスと違い必ずしもタブーではなく、大韓民国では馬肉食の習慣は一般的ではないが馬産の伝統が長い済州島は例外である。日本では名馬の産地として知られた東北地方など地方によってはかなり古くから食べてきた。コンビーフソーセージなどを馬肉で作ることもある。なお、競馬関係者及び競馬愛好者の間での馬肉食を敬遠する者もある。

ラクダ[編集]

ユダヤ教徒にとってラクダの屠殺と摂食はモーゼ法によって厳格に禁止されている。ラクダは反芻するにも拘らず、蹄を持っていないからである。イスラム教ではラクダを食べることを禁じておらず、アラビア半島ソマリアなどの乾燥地帯ではよく食べられている。

トナカイ[編集]

トナカイの肉を運ぶハンター、グリーンランド

トナカイアラスカノルウェースウェーデンフィンランドロシアカナダではよく食べられている。北欧諸国ではトナカイは伝統的な食肉用の家畜、「北の牛」と考えられている一方、家畜としてのトナカイが一般的でない欧米のその他の国ではむしろサンタクロースの橇を引く役畜と考えられているからである。

シカ[編集]

遠野おしら様を奉じる家では、鹿肉の消費を禁忌とした[1]。 おしら様を信仰している家では鹿のみならず「四足」の牛や豚、さらに「二つ足」のであっても、肉類の食用は憚られる。タブーを犯すと、「口が曲がる」という。このタブーを嫌がり、おしら様の信仰をやめた家も多い。

[編集]

豚肉#豚肉のタブー も参照の事。

豚肉を食べることは、イスラム教、ユダヤ教、セブンスデー・アドベンチスト教会で戒律上禁じられており、現在でも比較的良く守られている。この決まりごとには様々な論理があるが、禁じている考え方それぞれ全てに受け入れられている論理はない。「不浄である」と考えられていることは、下記の点によるとされている。

  1. はストレスを感じたときに水中や泥、排泄物の上でもお構いなしに転げまわってのたうつ性質を持つ。
  2. 皮膚の表面が毛で覆われておらず、人間の健康に害を及ぼす汚れが皮膚に付いてしまっている(イスラム教の考え。表面がウロコで覆われていない海産物であるイカやタコも同様の理由により禁じられている)。
  3. 何でも食べることで、「人間にとって貴重な食物を奪い合う存在」と考えられている。

なおイスラエル国防軍では必要に迫られた場合のみ豚肉を糧食として用いてもよいが、豚肉に触れた食器は全て使用後に捨ててしまう。

キリスト教ではエルサレム会議にて規制を廃止したため、聖書の規定に関わらず摂食は自由となった。ただし近代になってから興った教派の一部には禁じるものもある。

かつてハワイ王国では、カプという掟により女性は豚を食べることを禁じられていた[2]

ウサギ[編集]

野生のウサギ

ノウサギはレビ記において特に不浄な動物であると述べられていて、ユダヤ教徒及びユダヤ人のキリスト教徒はこの禁忌を固く守っている。

ヨーロッパではジビエとしてノウサギを食べる他、家庭で草や野菜くずを与えてアナウサギ(カイウサギ)を飼育し、肉用にニワトリを飼う感覚で屠殺して食べることも珍しくなかった。しかし、ウサギを食べる機会よりもペットとして接する機会が多くなった社会では、ウサギを食べることに抵抗を持つ人が多い。

日本では現在はウサギをあまり食べないが、かつては一般的な食用獣であり、例えば徳川家でも正月にウサギ肉入り雑煮を食べたという。ウサギを「匹」ではなく鳥類と同様の「羽」と数える場合があるのは、「四つ足でない」ため食べてもいいというこじつけ(ウサギをに読み替え鳥肉と偽る)のためだったといわれる。ただし、この「羽」という数え方はあくまでウサギを「食肉」として扱う際の数え方である。

ネズミ目[編集]

クイの丸焼き、ペルー

西洋のほとんどの文化では、ネズミは不潔な害獣またはペットであって、人が食べるには適さないとされている。しかしながら、ネズミはアフリカガーナタイインドシナ半島などの田園地帯ではよく食べられている。アフリカアシネズミなどの大型のげっ歯類はアフリカでは重要なタンパク源である。また、テンジクネズミは世界の多くの地域でペット実験動物とみなされているが、元来は、ペルーコロンビアなどインカ文明の影響下にあった地域でクイまたはクリと呼ばれ、食用の家畜として家畜化された動物である。歴史的に見ると、食糧不足や緊急時には欧米でもネズミを食べており、ヴィックスバーグの戦いパリ包囲戦のときがこれにあたる。古代ローマでは、ヤマネを家畜とし、食料ともした。中国を含むアジアの一部の国ではハタネズミタルバガンが食べられている。アメリカ合衆国やカナダではハイイロリスウッドチャックビーバーヤマアラシマスクラットを狩って食べる習慣があったが、人口が都市部に集中するにつれ廃れつつある。

クジラ・イルカ[編集]

ビタミンCが豊富なマクタク(鯨の皮下脂肪)はイヌイットの伝統食

クジラやイルカは鱗がない水棲動物なので、ユダヤ教ではレビ記第11章の条件にあてはまらないため、カシュルートにより食用禁止となる。イスラム教はユダヤ教を基盤に成立した宗教だが、水棲動物に関する食のタブーははるかに緩く、クジラの食利用も禁じていない。ハディースには、浜辺に打ち上げられたクジラの死骸から食料を作っている場面が描かれ、それを食べてもよいか?と教友が預言者ムハンマドに尋ねたところ、「海から来たものなら死んでいるものでも食べてもよい」と答え、預言者ムハンマド自身、クジラの肉を食べたと言われている。キリスト教の大多数の宗派も同様である。英国の王ヘンリー6世はイルカ料理を好み[3]、また、英国の宮廷では17世紀の終り頃までイルカの肉を食べる習慣があった[3]。フランスのパリでは16世紀、レストランのトゥール・ダルジャンが開店した際のメニューにイルカのパイ(Porpoise pie)が載っている[3]。欧米諸国では20世紀始めまでは主に鯨油を採取するため盛んに行われ、鯨肉を食べることもあった。日本、ノルウェーアイスランドフェロー諸島韓国インドネシア等では伝統的に鯨が食肉として食べられている。日本でも古くから西日本を中心とした捕鯨を基幹産業とする地域において食用とされ、現代でも文化を引き継ぐ千葉県神奈川県山梨県静岡県和歌山県沖縄県などの地域ではスーパーでイルカ肉が売られている。戦後の食糧政策で鯨肉は日本中で一般的に食するようになり、最盛期には学校給食に安く卸されていたり、缶詰として安く市販されていた。また、捕鯨を禁止している国でも、アラスカなど、先住民によって捕鯨が行われ、脂身をも食す。アイヌでは干し肉も食した。

[編集]

狗肉料理店、湖北省

犬食文化をもつ国々では、をペットとして飼う一方で食用にもしており、朝鮮半島ヌロンイハワイハワイアン・ポイ・ドッグメキシココリマ・ドッグ南アメリカテチチのような食肉専用の犬種も作出された。しかし、犬を主に愛玩動物と見なす近代欧米の習慣が浸透するにつれ、文化摩擦を引き起こす例がある。

韓国では狗肉(くにく)はタンコギ(「甘い肉」の意)と呼ばれ、夏に体力をつけるための補身湯に使用される。現代ではこの風習は特に韓国西部で愛犬家と狗肉愛好家の間に摩擦を引き起こすことで時折ニュースになる。たとえば、2002年FIFAワールドカップ日韓大会ではFIFAのゼップ・ブラッター会長が韓国に狗肉食の禁止を要請したが、FIFAの鄭夢準(チョン・モンジュン)副会長兼韓国サッカー協会会長や高建(コゴン)ソウル市長が拒否した経緯もあった。

中国では現在に至るも、犬は一般に食されており、食用に飼育された犬が存在する。番犬であり玄関につながれていたチャウチャウ犬も、食料が激減する厳しい冬の間に屠殺されるケースがあった。

日本においても、中世以前においては赤犬などがしばしば食用とされていた。近世でも、16世紀末に日本に滞在していた宣教師ルイス・フロイスは日本の犬を含めた肉食習慣について

「日本人は野犬や鶴、大猿、猫、生の海草などを食べる」

と著し、肉食が日常化していたことを物語っている。また特に犬肉食については

「われわれは犬は食べないで、牛を食べる、彼らは牛を食べず、家庭薬として見事に犬を食べる」

と論及しており、当時の日本人は精力を付けるための薬食いとして犬を食べていた 。江戸時代では、犬肉は主に薬食いとして冬に保温・滋養のために食されていた。それも特殊な機会に食されるものではなく、ごく一般的日常的に、また身分の上下を問わず食されていことは

「我等若き頃迄は御當代の町方に於て犬と申ものはまれにも見當り不申候若たまさか見當り候へは武家町方共に下々のたべものには犬に増りたる物は無之に付各冬向になり候へは見掛け次第に打ちころし賞翫仕るに付まゝの義に有之事也」

大道寺友山の『落穂集』にも明らかである。すなわち「犬が居たとすれば、『これ以上のうまい物はない』と人々に考へられ、直ぐに食はれてしまふ」ような状況であったのである。また、小塚原鈴ヶ森などの刑場にいた人足は常食にもしていたという。しかし、江戸時代の途中から徳川綱吉による生類憐れみの令の影響により禁忌となった。明治以降では太平洋戦争後の食糧難の一時期をのぞいて、犬を食用とする文化はごく一部を除いては無くなっている。

ヨーロッパでは、スイスアッペンツェル地方とザンクト・ガレン州では狗肉のジャーキーソーセージを生産し、犬の脂肪を医療用に利用する伝統を持っている[4]。スイス政府は全国的に狗肉や猫肉を食することは禁止していないが、流通と販売は禁止している。

[編集]

イエネコを食用とするタブーは、人類に身近な愛玩動物を食肉として扱うという点で犬食のタブーとの類似点が多い。猫食文化は世界中に散見され、飢饉や経済的窮乏と関係なく猫肉を嗜む文化が存在する。

霊長類[編集]

霊長類を食べることは種の相似性は摂食を通じたウイルス感染の危険性を増加させる。エイズエボラ出血熱の感染源は類人猿の肉を食べたことがあげられる。

サハラ砂漠以南のアフリカ諸国や東南アジア、なかでも特にインドネシアのように霊長類の個体数が多い地域では、一般的な食肉として消費される。

生肉[編集]

カルパッチョ

肉類は寄生虫の感染や食中毒を防ぐために火を通して食べることが多い。生肉を食べることは多くの国で暗黙のタブーとして存在し、焼かない肉を食べるのは野蛮あるいは危険だとか、食べる際に血液がにじみ出る様が嫌がられる(次の項目を参照)など、嫌われる理由は色々ある。生魚を食べる習慣がなかった地域では、生魚も生肉と同様に嫌われることが多かったが、近年は食される機会も増えつつある。

エスキモー(イヌイット)など厳寒の地に暮らす民族は、生肉や血液を貴重な分やビタミン源としてきた。しかし近年は運搬技術の発達によりアラスカ州などの遠隔地域でもビタミン剤や野菜が手軽に手に入るようになり、生肉を食べる習慣は廃れつつある。

一方、新鮮な肉が手に入りやすい立場にある人々は刺身タルタルステーキカルパッチョユッケ、生キッビ(キッビ・ナッイェ)などの形で生肉特有の味を賞味してきた。ローフーディズムは栄養学上の理由から、火を通した肉よりも生肉の摂取をすすめている。

血液[編集]

ポーランドのアヒルの血のスープ、チェルニナ

ユダヤ教徒、イスラム教徒やエホバの証人の信者は、飲血や血から作られた食物をとることを禁じられている。生きたまま動物を食べる踊り食いも、血を含むため禁じられる[5]。ユダヤ教では血抜きを徹底するため、食肉を塩水に漬ける必要がある。キリスト教において律法規制を大幅に緩和したエルサレム会議でも血液食の禁止は維持されている。しかし西方教会の信仰される地域ではそれ以前からの血液の食材利用の伝統が存続している。

屠殺の主要な副産物である血液は非常に栄養価が高いため、世界各地で食用とされてきた。ブーダンスンデブラックプディングなどのブラッドソーセージは世界の多くの地域で非常に有名であるにも拘らず、一部の社会では気持ち悪がられることがある。

中国やベトナムでは、豚やアヒルの凝固した血液をそのまま、あるいはなどの料理とともに食べる。中国では、豚の血を塩水で豆腐のように固めたものを猪紅(チューホン)と言い、鍋料理の具などとして食べる。また、19世紀には饅頭に人血を塗った「人血饅頭」が肺病に効くとされて浙東一帯に流行した。魯迅の小説『薬』ではこの人血饅頭が取り上げられている。日本ではかつて四つ足の肉を食べなかったが、これには肉食を禁じる仏教の戒律と、血の穢れを嫌う神道の考えが影響しているといわれるが、強壮効果があるスッポンホンハブニホンマムシなどの血を飲む習慣がある。千葉県の南房総地区では、ツチクジラを干物にした、「鯨のたれ」という料理があり、料理や食文化の歴史が異なる沖縄諸島などでは、豚やヤギの血液を他の食材と炒め煮にした「血いりちー」という料理がある。アフリカのマサイ族などは、牛やラクダの生き血を飲む習慣を持つ。

鳥類[編集]

ユダヤ教では、肉食の鳥類を不浄としている。また、鳥類のジビエも屠殺されていないためカーシェールではなく、不浄である。

古代から中世にかけてのヨーロッパでは、ハクチョウクジャクズアオホオジロなどが食通によって賞味され、カラスも食べられたが、今日の欧米では一般的な食材とは見なされない。

かつてベンガル地方では、若い娘がアヒルの卵を食べることを禁じた。アヒルの卵は体に熱を与えると信じられているため、貞操を危機にさらす効果があると考えられたためである[6]

台湾東方の孤島・蘭嶼の原住民・ヤミ族は、鶏卵の食用をタブーとする。日本統治時代、島を訪れた日本人の食後の後片付けで食器を洗う際、生卵が入れられていた器を触れるのさえ嫌がったという。

魚介類と無脊椎動物[編集]

[編集]

ナマズ

ケニアキクユ族カレンジン族の一部はを食べることを禁忌している。

ユダヤ教徒は、レビ記により鱗とひれを持たない水生動物を不浄とすることから、水中に住むにもかかわらず鱗をもっていない淡水ウナギやナマズのような魚の摂食を禁止している。イスラム教シーア派は淡水ウナギを不浄としている。

かつてハワイ王国では、女性はアジ(ulua)やハクセンヒメジ(kūmū)を食べることを禁じられていた[2]

豊臣秀吉徳川家康フグ食の禁止令を発し、明治時代に入るまで解禁されなかった。フグは猛毒という認識のため、フグを食材と見なしていない地域は多い。

モンゴルにはアムールイトウの生息する水系がいくつかあるが、古くより遊牧を生業としてきた事から、魚は食料とは考えられていない。ウランバートルにもイトウ料理を出す店があった時期もあるが、現在は存在しないとの事である。チンギス・カンが幼少期において困窮していた事を示す逸話のひとつとして、魚を食べていたという事が語られている。

台湾東部の孤島・蘭嶼の原住民・ヤミ族は、トナ(ウナギ)の食用をタブーとする。

甲殻類と軟体動物[編集]

タコの吊るし干し、ギリシャナクソス

エビカニイカタコといった魚類以外のほとんどの海産物は水中に住んでいるがひれと鱗を持たないので、ユダヤ教とキリスト教の一部の教派によっては食べることを禁止されている。キリスト教の正教では大斎が長く、この期間中魚肉の摂取が禁止されるため、地中海付近ではイカやタコを使った料理が発達している。

イカやタコは、食べることを禁止されていなくても、これらを食用とする地域は東アジアイタリアスペインなど地中海沿岸、およびラテンアメリカの沿岸部に限られている。特にタコはかつて「悪魔の魚」と呼ばれて嫌われていたこともあり、北ヨーロッパの現地料理ではほとんど見られない。しかし最近では寿司が日本国外でも普及していることにより、イカやタコもアメリカなどで普通に食されることが多くなっている。

日本においてもイカやカニのタブーがなかったわけではなく、上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家の兵法書を改良)巻六「士鑑・軍役」において、武家が軍中において禁食している事として、「イカ、スルメ、カニ、トビウオ(ケガの際、血が止まらなくなるとの理由)、またイノシシ、シカなどの諸肉を軍神が嫌う」ので禁じている(タブー)としていると記述している。

オーストラリアでは「食物を苦しませずに殺す法律」があるので、ロブスターやエビといった甲殻類でも調理するときには即死するように脊髄からさばくことが定められている。生きているそれらをそのまま焼いたり茹でるのは厳禁とされている。

昆虫[編集]

揚げたの蛹、済南市、中国

ユダヤ教では、イナゴバッタの仲間を除く虫は全て不浄であるとされる。虫が混入した食物も、虫を誤って食べるおそれがあるために避けられる。

昆虫食はアジア、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニアで今なお親しまれており、昆虫は安価で良質のタンパク源になりうる。

植物[編集]

ネギ属[編集]

ニンニク

仏教やヒンドゥー教では、タマネギネギニラニンニクラッキョウアサツキなどネギ属の植物の消費が禁じられている。

イスラム教では、ムハンマドが祈りの前に生のタマネギとニンニクを食べることを禁じたとされる。

豆類[編集]

ピュタゴラス教団は、類を禁忌とした。これはソラマメ中毒の予防が目的ではないかと考えられている。

その他[編集]

ヤズィード派レタスライマメを禁忌とする。

ハワイでは、かつて女性がバナナココナッツを食べることを禁忌とした[2]

アボカドは催淫効果があると信じられていたため、貞潔な印象を壊さないためにその購入や消費を避けることがあった。

厳格なユダヤ教徒は虫が隠れていてカーシェールではないかもしれないため、ブロッコリーなどを避けることがある。また、カーシェール機関は果物を潰さないで不浄な生物を取り除くことが難しいため、ブラックベリーラズベリーを避けるように勧告している。

飲料へのタブー[編集]

[編集]

飲酒の弊害を説いたリトグラフ、アメリカ、1846年ごろ

アメリカ合衆国では、禁酒法により1919年から1933年まで酒類の生産、取引と消費が違法となった。その後、酒類規制権限はに移管され、現在でも酒類の売買を違法とするドライカウンティと呼ばれる郡が残っている。また少数政党の禁酒党が19世紀より活動を続けている。

海上自衛隊では再軍備に関わった禁酒法時代のアメリカ海軍の流れをくんでいるため艦内での飲酒は禁止されている。

イスラム教では戒律により飲酒は禁止されているが、実際には世俗的な地域では、飲酒がタブーでない場合もある(イスラム教における飲酒を参照)。アラブ首長国連邦では非イスラム教徒の外国人だけは飲酒を認められている(シャールジャでは外国人も飲酒は禁止されている)。

仏教は具足戒十重禁戒で出家僧の飲酒を禁じ、在家信者についても五戒で飲酒が禁じられているが、現代日本などではあまり励行されていない。

キリスト教の多くでは聖餐式葡萄酒を利用しているが、聖書エペソ人への手紙5章18節で酩酊することを禁じている。カトリック修道院が自活の一環としてビールを醸造して販売することは伝統的に行われている。一方、救世軍アルコール依存症者の回復支援をしている関係で飲酒をタブーとしている[7]。またラスタファリズムも飲酒を禁止し、末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)、セブンスデー・アドベンチスト教会は酒やカフェイン飲料などの精神昂揚作用のある嗜好品の摂取を禁止している。

茶、コーヒー[編集]

ラスタファリズムはコーヒーを禁忌としている。

末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)はとコーヒーを禁忌としている。茶やコーヒーを禁忌とする理由としては、カフェインが含まれる事が挙げられる場合があり、末日聖徒イエス・キリスト教会ではコーラその他カフェインを含む炭酸飲料を禁忌としている派もある。

[編集]

ヴィーガン母乳を含む乳の摂取をタブーとしている。

人肉食へのタブー[編集]

東方見聞録に記された人肉食

今日の世界においては人肉食を許容している文化はないが、過去には人肉食を特定の形で許容する文化が世界各地に存在した。

その他[編集]

人体の健康や生態系に及ぼす影響への懸念から、アジアやヨーロッパ、アフリカには遺伝子組み換え作物から作られた食品を忌避する国が存在する。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柳田國男『遠野物語拾遺』(新潮文庫、昭和48年)、p109。
  2. ^ a b c Corum, Ann Kondo. Ethnic Foods of Hawai'i: Revised Edition. The Bess Press, Honolulu, Hawai'i, 2000. p4
  3. ^ a b c 中世からルネサンス期のイルカ料理
  4. ^ And you thought they just ate fondueMarmot’s Hole | News, commentary and media analysis from Korea
  5. ^ 創世記9章4節。bible.cc
  6. ^ Banerji, Chitrita. Bengali Cooking: Seasons and Festivals. Serif, London, 1997. p150
  7. ^ 救世軍の特徴

文献情報[編集]

  • 「文化相対主義―文化と比較―」2006.5.10.慶大(文)比較文化関係論 [1]

関連項目[編集]