ヤガラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤガラ科
Bluespotted Cornetfish, Fistularia commersonii - aslso known as the Smooth Flutemouth - at Little Brother, Red Sea, Egypt SCUBA.jpg
アオヤガラ Fistularia commersonii
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: トゲウオ目 Gasterosteiformes
亜目 : ヨウジウオ亜目 Syngnathoidei
: ヤガラ科 Fistulariidae
: ヤガラ属 Fistularia
英名
Cornetfish
下位分類
本文参照

ヤガラ科学名Fistulariidae)は、トゲウオ目に所属する魚類の分類群の一つ。ヤガラ属のみ1属で構成され、アオヤガラアカヤガラなど4種が含まれる[1]。科名の由来は、ラテン語の「fistula(パイプ)」から[2]

分布・生態[編集]

ヤガラ科の魚類はすべて海水魚で、太平洋インド洋大西洋熱帯亜熱帯域に広く分布する[1]。日本近海からはアカヤガラFistularia petimba)およびアオヤガラF. commersonii)の2種が知られ、前者は高級食用魚として珍重される[3]。このほか、マダラヤガラF. tabacaria)は大西洋、F. corneta は東部太平洋に限局して分布する[2]

本科魚類はサンゴ礁岩礁などの比較的浅い海で生活し、小魚や甲殻類を主に捕食する[1]。細長い筒状の口を使って、岩やサンゴの間に潜む獲物を吸い込むことに適応している[1]

形態[編集]

アオヤガラFistularia commersonii)。細長い体と筒状の口、後方に伸長する尾鰭の鰭条が本科魚類の特徴である

ヤガラ科の仲間は細長い体型をもち、(口先)は細長く筒状に発達する[1]。最大で全長1.8mにまで達するが、通常は1m未満であることが多い[1]。近縁のヘラヤガラ科とよく似た外見を有するものの、ヤガラ類は口ヒゲをもたず、肛門の開口部が腹鰭のすぐ後ろに位置するなど、形態学的な差異は比較的大きい[1]。体表にはがなく、一部の種類では小突起が列状に並ぶ[1]側線はよく発達し、背部正中に弧を描きながら尾鰭鰭条にまで達する[1]

背鰭と臀鰭は棘条を欠き、いずれも13-20本の軟条で構成される[1]。尾鰭は二又に分かれ、中央の2本の鰭条が著しく伸長する[1]椎骨は76-87個で、腹椎の2本の突起のうち後方のものは退縮傾向を示す[1]

分類[編集]

ヤガラ科にはNelson(2006)の体系において1属4種が認められている[1]

アカヤガラFistularia petimba)。やや深みに生息する種類。食用になるほか、吻は漢方薬としても利用される[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.314-315
  2. ^ a b Fistulariidae”. FishBase. 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ a b 『日本の海水魚』 p.186
  4. ^ マダラヤガラ(新称)”. 水産総合研究センター開発調査センター. 2012年5月27日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]