カワカマス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワカマス属
Esox hdm.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カワカマス目 Esociformes
: カワカマス科 Esocidae
: カワカマス属 Esox
学名
Esox (L.1758)
和名
カワカマス(川魳)
パイク
英名
pike

カワカマス属 (Esox) は、カワカマス目(またはサケ目カワカマス科の属。1科1属。パイク属とも。パイクと総称する。カワカマスとも総称するが、カワカマスは1種の名でもある。

学名はギリシャ語のイソクス ίσοξ からである。英語でを意味する。パイクつるはしの意味の古語で、頭部の形が似ていることから。 パイクはもともとは成魚のことで、若魚はピッケレル pickerel と呼ぶが、ピッケレルは現在では、類似のさまざまな魚も意味する。カワカマスは、海水魚カマス(魳)に似た川魚であることから。

形態[編集]

体は細長いが、名前の元になったカマスほどではない。断面は縦長である。

頭部は長く、先は上下につぶれ、横から見ると尖って見える。ただし、横幅はほとんど狭まっておらず、口は横に大きく広がっており、大きな餌を丸呑みできる。

鋭いを多く持ち、中国語名の狗魚狗鱼)はこの特徴から名づけられている。

背びれが後部に寄った位置にある。サケ目の大部分にはその位置に脂ひれがあるのだが、カワカマス属にはない。

生態[編集]

カエルを食べるノーザンパイク

淡水魚。わずかに汽水にも住む。

人間との関わり[編集]

パイクを使った紋章

フランシス・ベーコンは『生と死の歴史』で、パイクは魚類の中で最も寿命が長いとしている。

紋章のデザインに使われる。

アメリカ海軍の潜水艦SS-6SS-173の2隻が「パイク」と名づけられた。
ソビエト連邦ロシア海軍の攻撃型原子力潜水艦プロイェクト971 (проект 971)級には“щука”の名称がつけられている。「щука(シチューカ)」とは、ロシア語で「カワカマス(アムールパイク)」のことである。

釣り[編集]

釣りの対象として人気が高い。

[編集]

現生種は5種。3種が北米のみ、1種がアジアのみ、1種が北米・アジア・ヨーロッパに住むが、いずれも日本には住まない。

アメリカヌス Esox americanus
北米の、五大湖からフロリダにかけて住む。パイクとしては小型で、最大でも40センチメートルほど。2つの亜種からなる。
  • レッドフィンパイク(アカヒレカワカマス、レッドフィンピッケレル) Esox americanus americanus
アメリカヌスの亜種。ひれが赤い。
  • グラスパイク(クサカワカマス、グラスピッケレル) Esox americanus vermiculatus
アメリカヌスの亜種。体に緑の縞模様がある。
ノーザンパイク(キタカワカマス)Esox lucius
最も分布が広く、北米のアラスカカナダ、アメリカ中部、ユーラシアシベリアヨーロッパ南欧アイスランドを除くほぼ全域に住む。最大種で、2メートル近くになる。ヨーロッパでは単にパイクといえばこの種を意味することが多い。
マスキーパイク(マスキー、オオカワカマス) Esox masquinongy
北米の、五大湖からアメリカ中部に住む。別名:マスケランジMuskellunge
チェーンパイク(クサリカワカマス) Esox niger
カナダ南部からフロリダにかけての大西洋岸に住む(五大湖には住まない)。体に鎖模様がある。
アムールパイク(カワカマス、ユーラシアパイク) Esox reichertii
アムール川水系を中心にサハリンからバイカル湖にかけて住む。アメリカ合衆国では外来魚
Esox kronneri
絶滅種。

関連項目[編集]