キンケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンケイ
Guldfasan-2.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: Chrysolophus
: キンケイ C. pictus
学名
Chrysolophus pictus
英名
Golden Pheasant
Chrysolophus pictus

キンケイ錦鶏、学名:Chrysolophus pictus)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

主に中国南西部からチベットミャンマー北部にかけて分布。標高900~1100mの山地に棲息し、住環境としてササやシャクナゲの密生した藪のような場所を好む。

形態[編集]

メス(手前)、オス(奥)

全長はオスで90cm前後。メスは50~60cmほど。オスは赤と金属光沢のある黄色を基調とした派手な色彩をしている。網目模様が入った褐色の尾羽、毛髪状の金色の冠羽、襟首の日本兜のしころ状を呈する明るい黄色と黒の飾り羽が特徴。全身が明るい黄色を呈する飼養品種があり、俗に「黄金キンケイ」と呼ばれる。メスは他種のキジ類同様褐色に黒っぽい斑模様で比較的地味である。

生態・その他[編集]

用心深く身を隠すのが巧い為、派手な色彩とは裏腹に棲息地でもなかなか野外で見かける事は困難である。その為野生下での繁殖行動や食性については不明な点があるが、飼育が容易で動物園や個人で飼育される機会が多く、ある程度のデータは判明している。発情期になるとオスは金属的な声をあげて他のオスを牽制し、同時にメスを呼ぶ。メスの前に立ったオスは尾羽を広げる、襟の飾り羽を広げるなどのディスプレイ行動を示してメスの気を惹く。前述の通り飼育が容易な為、1740年頃から海外に愛玩目的で輸出されていた。原産地では古くから知られ、装飾品や絵画の題材にされていたが、西欧の学者間ではあまりにも豪奢な体色からなかなか実在が信じられず、長らく想像上の鳥だと思われていた。尚「山海経」の記述に拠ると古代の中国では、この鳥類の羽毛を火伏せの護符として用いていたらしい。


Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
キジ小目 Phasianida
キジ上科 Phasianoidea
キジ亜科 Phasianinae


関連項目[編集]

外部リンク[編集]