ロバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバ
Donkey 1 arp 750px.jpg
ロバ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 奇蹄目 Perissodactyla
: ウマ科 Equidae
: ウマ属 Equus
亜属 : ロバ亜属 Asinus
: ロバ E. asinus
学名
Equus asinus
Linnaeus, 1758

ロバ驢馬、馿馬)は哺乳綱奇蹄目ウマ科ウマ属ロバ亜属 (Asinus) の総称、もしくは、その1種 Equus asinus。以下では主に Equus asinus について述べる。

別名うさぎうま(兎馬)。漢語では(ろ)。古代より家畜として使用される。現生ウマ科の中で一番小型だが、力は強く、記憶力も良い。学名 Equus asinus(エクウス・アシヌス)は、ラテン語で「馬・ロバ」の意。

ロバ亜属[編集]

生態[編集]

家畜としては、比較的少ないで維持できる。寿命は長く、飼育環境によっては30年以上生きることがある。

益獣としての使用[編集]

家畜化[編集]

紀元前13世紀のエジプトの壁画
家畜化

最初に家畜として飼われ始めたのは、約5000年前に野生種であるアフリカノロバを飼育したものとされる。古代から乗用、荷物の運搬などの使役に重用されたが、ウマに比べると、従順でない性質があり、小型でもあることが使役用の家畜として劣る点であった。逆にウマよりも優れていたのが非常に強健で粗食に耐え、管理が楽な点であった。

野生種の中で現存するのは、ソマリノロバ (Equus africanus somaliensis) のみであり、ソマリアエジプト国境地帯に見られたが、ソマリア内戦の影響で激減したため、現在はその大部分がイスラエルの野生保護区で飼育されている。一方、ハワイ島には家畜から野生化したロバが多数生息している。

ユダヤ人との関係[編集]

荒涼としたステップ地帯、砂漠地帯、あるいは山岳地帯などを放浪していたユダヤ人は、ロバを知る古い民族のひとつであり、そのため彼らの伝承や戒律などにもロバに関わるものが少なからずある。

古代、ユダヤ人たちの間では、ロバに乗ることを禁じた日があった。イエスキリストユダヤの王)として、ロバに乗って過ぎ越しの日にエルサレムに入る記述が聖書にある。

前近代のイスラム社会では、時の施政者次第でユダヤ教徒やキリスト教徒への迫害が行われることがあったが、その際にはロバ以外への騎乗を禁じられることもあった。

食用[編集]

中国の、特に華北においては、ロバは一般的な食材のひとつとなっている。多くの場合、老いて輸送などの労務が難しくなったものが食用にされる。このため、単に炒めるだけの料理では食べづらく、煮込み料理か餃子肉まんの具や肉団子のようなミンチ肉料理にされることが多い。そのままではある程度の臭みがあるが、下ごしらえをうまくすることで中国で「上有龍肉、下有驢肉」(天には竜の肉があり、地上にはロバの肉がある)と言われるほどの美味に仕上げることができる。

臘驢肉(ラーリューロウ làlǘròu
中国山西省長治市の名物食材で、ロバ肉の塩漬けを燻製にしたもの。
驢肉火燒(リューロウフオシャオ lǘròu huǒshāo
中国河北省保定市の名物料理で、ロバ肉を使ったハンバーガー風の軽食。「火燒」と呼ばれるパンの腹を割って、中に煮込んだロバ肉をはさんで食べる。近年は陝西省の「白吉饃」(バイジーモー)と呼ばれる白く押しつぶしたように焼いたパンを使う変種も出ている。
肴驢肉(ヤオリューロウ yáolǘròu
中国山東省広饒県などの名物料理で、ロバ肉を煮込んで、ゼラチン質と共に冷やし固め、スライスしてたべる、アスピック煮こごり)のような前菜料理。

薬用[編集]

ロバのから毛を取り、煮つめて取る(にかわ)は、漢方で「阿膠」(あきょう)といい、主成分はコラーゲンで、血を作り、止血する作用があると考えられている。このため、出血を伴う症状や、貧血、産後の栄養補給、強壮、皮膚の改善などの目的で、服用、配合される。阿膠は薬用以外に、これを加えた柔らかい(阿膠飴)なども作られている。

文化におけるロバの表象[編集]

東洋[編集]

日本[編集]

中国には、全世界で飼育されているロバの3分の1に相当する頭数が飼われているにもかかわらず、古代から中国の影響を受けてきた日本では、時代を問わず、ほとんど飼育されていない。現在の日本のロバは200頭という説も有るくらい少ないが、実際は多くとも数百頭であろう。極暑地から冷地の環境にまで適応し、粗食にも耐える便利な家畜であるロバは、日本でも古くから存在が知られていた。しかし、馬や牛と異なり、日本では家畜としては全く普及せず、何故普及しなかったのかは原因がわかっていない。日本畜産史の謎とまでいわれることがある。

日本にロバが移入された最古の記録は、日本書紀に599年百済からラクダと一緒に贈られたとするものである。この時は、「ウサギウマ」1疋が贈られたとされ、これがロバのことを指していると考えられている。また、平安時代に入ってからも、幾つか日本に入ったとする記録が見られる。時代が下って江戸時代にも、中国やオランダから移入された記録がある。また、別称として「ばち馬」という呼び名も記されている。

20世紀の日本でロバと言えば、「ロバのパン屋」が最も広い地域で知られる存在であった。ただ、昭和10年代に札幌で始まり、第二次世界大戦をはさんで、昭和20年代末に広まったその移動販売が最盛期を迎えたのは、昭和30年代であった。が、早くも昭和30年代末から40年代初頭にかけての頃には、急速なモータリゼーションの浸透によって、日本の道路は自動車のものとなり、スピードの遅い馬車は、邪魔者となって早くも姿を消し、自動車による販売にとって代わられ、それに伴って販売の規模も急激に縮小の方向に向かった。なお、最も著名な「パン売りのロバさん」という曲を流しながら販売を行なったビタミンパン連鎖店本部が使用していたのは、ロバではなく木曽馬を中心とした小型馬(ポニー)であった。にもかかわらず、「ロバのパン」を看板にして大々的に販売を行なったため、当時の人々に対して、ロバに対するイメージへの誤解を与えた面は否めない。

中国[編集]

ロバに乗る張果老

中国においては身近な家畜や乗り物として物語に登場する。道教八仙の一人張果老陳摶、『三国志演義』の黄承彦ウイグル族頓智話ナスレディン・エペンディ(阿凡提)などはロバに乗って現れ、世俗的でない風雅な雰囲気を感じさせている。

成語では「黔驢技窮」あるいは「黔驢之技」が無能や見掛け倒しであることを意味する。これは貴州省のロバを初めて見たトラが、当初ロバの大きさに恐れて警戒したが、見慣れると何も攻撃する技を持たないことに気づいて食べてしまったという故事による。

西洋[編集]

ポール・ドラローシュ『アルプス越えのナポレオン』

西洋においてはロバは愚鈍さの象徴としてしばしば用いられる。キリスト教化された中世以降のヨーロッパでもその傾向は変わらずに残る。現在でも各国語において「ロバ」に相当する言葉は「馬鹿」「愚か者」の換喩として用いられる。 元来、西洋においてはロバは良く使われた家畜であるのにこういったイメージが付いたのは、乏しい餌でも育つ頑丈なロバは貧農が育てるものであり、富農は牛馬を育てていたため、また軍隊とくに騎士が馬に騎乗していたためであろう。さらに、頑固で気分次第で動かなくなる融通の利かないロバを良く観察している(すなわちそれだけ身近であった) とも言えよう。

ナポレオン・ボナパルトがアルプス越えに際して乗ったのは愛馬マレンゴであると思われがちだが、これはダヴィッドの絵によって創作されたもので、実際にはロバに乗っていた。

古代[編集]

古代ギリシア神話において最もよく知られるロバに関する逸話はフリュギアミダス王に関するものである。この逸話は現代では「王様の耳はロバの耳」として親しまれている。

中世[編集]

愚か者としてのロバの姿は中世文学にも見出される。12世紀の風刺集『愚者の鏡』にでてくる「ブルネルスの物語」はその好例である。この逸話は『愚者の鏡』のなかでも有名なもののひとつであり、国によってはこの挿話をもって本の名とする地域もあった。たとえばジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』ではこの風刺集は『愚者ブルネル卿』(ブルネルはブルネルスの英語形)と呼ばれている。

近代[編集]

1870年の政治風刺画

アメリカ合衆国民主党はロバを党のシンボルとしている。これはもともと、共和党側によって「jackass」(雄ロバまたは「馬鹿」の意)と揶揄された民主党の大統領候補アンドリュー・ジャクソン(後の第7代アメリカ大統領)が揶揄を逆用したことに起源を有する。

2004年11月の大統領選にむけた、同8月の民主党党大会ではロバの「スウィフティ君」がケリー候補の応援にかけつけたが、同時多発テロ後からの厳戒態勢の中、スタッフオンリーの壇上にあがることがかなわなかったという珍事があった。

アメリカで行われたプロレスの試合形式に、「敗者はロバに乗る」というものがあった。[1]

文献[編集]

  • 驢と騾 昭和18年出版 出版社 養賢堂 著者 陸軍技師 農学士 兼松満造

日本で唯一驢馬と騾馬について書かれた学術書。

作品[編集]

ロバが主題となっている作品には下記がある。

文学[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

  • ペリーヌ物語』 - カルピス名作劇場。主人公ペリーヌと母の旅にロバ「パリカール」が大きく貢献。
  • 母をたずねて三千里』 - 主人公マルコが母を訪ねたアルゼンチンで牛車隊から別れたときにロバ「ばあさま」を足としてもらうが、途中でロバ「ばあさま」は寿命のため死亡。
  • 家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』 - 遭難した船から連れ出したロバが登場。主人公フローネたち一家の脱出に大きく貢献した。しかし、特に名前は付けられていなかった。
  • ラ・セーヌの星』 - 花屋をいとなむ主人公シモーヌの暮らしを支えるのがロバのタンタン。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]