ビュリダンのロバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビュリダンのロバ: Buridan's ass)とは、主に、心理学の分野で用いられている[要出典]例え話。おなかを空かせたロバが、左右2方向に道が分かれた辻に立っており、双方の道の先には、完全に同じ距離、同じ量の干草が置かれていた場合に、ロバはどちらの道も進まずに餓死してしまう、という意思決定論を論ずる場合に引き合いに出される。フランスの哲学者ジャン・ビュリダンが作った例え話とされているが、出典が定かではない。

解説[編集]

この場合、ロバには、

  1. 右の道を進み干草を食べる
  2. 左の道を進み干草を食べる
  3. 立ち止まったままで餓死する

の3つの選択肢が考えられる。3つ目の選択肢は他者に比べて明らかに痛みが大きいはずであるが、最初の2つにはいわゆる「選択の壁」があり、その壁が餓死という痛みよりも大きかったため、ロバは3つ目を選んだと想定される。その意味で本件はこの「選択の壁」が如何に大きいか(時に「餓死」よりも大きい)を論ずるための例え話であると想定される。「選択の壁」の正体としてはいろいろ考えられる所であるが、例えば以下の2つが挙げられる。

  1. 選択を誤ったという痛み
    動物(時に人間。以下「人間」と記述)は、選択を行った場合、かなりの確率で「別の道が良かったのではないか」という、後悔・不安の念に駆られ、時にそれは大きな「痛み」となる。本件の場合、優劣を判定する因子が全くなかったのであるから、どちらかを選択した場合、この様な痛みが生じる可能性が高い事が想定される。
  2. 選択する因子の不在
    例えば、システムの場合、
    • Aの場合⇒甲
    • Bの場合⇒乙
    • それ以外の場合⇒甲
    等と、必ず”それ以外の合”を設けるが、人間の場合、生物学的にそれが欠如・弱い、場合が多い。「如何なる場合でも、必ず選択の因子を探し出して選択せよ」という生きるための本能かもしれない。本件の場合、選択の因子を見つけられず、デッドロック状態に陥った、と想定される。この因子は何でも良い。例えば、えさ台の色が右の方が好き、とか、一般に「左」よりも「右」の方が好き、とかでも構わないが、それらが一切ない場合に起こりうるケースである。

これらの壁を克服するために人間が編み出した方策としては、棒倒し鉛筆ころがし等がある。「棒がこちらに倒れたから」とか「神のお告げがあったから」などにより、1の痛みを和らげ、2の因子を作り出し、いわゆる「餓死」を避けるための方策であるが、ロバにはこの様な方策を編み出す能力がないため、という例え話になっている、と想定される。

また、3つ目の選択肢には、最初の2つの選択肢と異なる点として「不作為」であることも特徴である。もし、仮に、3つ目の選択肢にも大きな壁があれば、ロバは最初の2つの選択肢のどちらかを選択する事もあっただろうが、「不作為」には大きな壁はなく選択しやすい、という特徴がある。

ただし、本件はあくまで「不作為」が餓死という大きな痛みを伴う場合の例え話であり、場合によっては、結果的に「不作為」が一番痛みの少ない場合も存在するので、注意が必要である。

文献[編集]

  • ロゲルギストT(高橋秀俊)『物理の散歩道』第1集収録「ロバはなぜ死んだ」
  • 高橋秀俊編『パラメトロン計算機』pp. 47-51、ここで同書ではこの「どっちつかず」の状態がデジタルなはずの計算機に忍び込み誤動作させる確率を、十分に下げることはできるが、けして0にはできないとして、S. Lubkin, "Asynchronous Signals in Digital Computers"(Automatic Computing Machinery, Math. Comp. 6 (1952), 238-247. doi:10.1090/S0025-5718-52-99384-8)を参照している。

関連項目[編集]