家禽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュリーブポートのルイジアナ州立展示博物館で展示される家禽
他の家禽の中のアヒル
チェーザレ ヴェチェッリオ風の家禽商人

家禽(かきん)とは、その羽毛などを利用するために飼育するの総称。または野生の鳥を人間の生活に役立てるために品種改良を施し飼育しているものをいう。また、ペットとしての鳥を家禽として扱う場合がある。

一般的に肉、卵用にニワトリウズラシチメンチョウアヒルガチョウ、愛玩用にオナガドリチャボなどがある。またハトは、その帰巣性を利用してレース鳩や伝書鳩としても用いられる。

最近はダチョウエミューキジホロホロチョウなどを家禽として飼育する例もある。

飼育例[編集]

野生種 家畜化 利用
ニワトリ セキショクヤケイ/ハイイロヤケイ 東南アジア 肉、羽毛、卵、装飾品
アヒル ノバリケン/マガモ 多様 肉、羽毛、卵
エミュー 多様、20世紀 肉、皮、油
ガチョウ ハイイロガン/サカツラガン 多様 肉、羽毛、卵
インドクジャク インドクジャク 多様 肉、羽毛、装飾品、造園
コブハクチョウ コブハクチョウ 多様 羽毛、卵、造園
ダチョウ ダチョウ 多様、20世紀 肉、卵、羽毛、造園
シチメンチョウ シチメンチョウ メキシコ 肉、羽毛
ホロホロチョウ ホロホロチョウ アフリカ 肉、害虫駆除、防犯(見張り番)
コウライキジ コウライキジ ユーラシア大陸
キンケイ キンケイ ユーラシア大陸 肉、主に装飾品
レア レア 多様、20世紀 肉、皮、油、卵
ウズラ ウズラ 東アジア室町時代 肉、卵、実験動物ペット

家禽の肉[編集]

家禽の最も肉づきの良い部位はむね肉飛翔)および、それぞれもも肉ドラムスティックと呼ぶの第1および第2部位の歩行筋である。

鳥類解剖筋学者が「赤筋」と呼ぶダークミートは持続的な運動(ニワトリの場合主に歩行)に使われる。濃い色はミオグロビンと呼ばれる筋肉内の化合物によるもので、この物質は酸素の運搬に主要な役割を果たす。対照的に白筋は、短く非効率な瞬発的運動(ニワトリの飛翔)に適している。これが、ニワトリの脚とももの肉がダークミートで、むね肉(主に飛翔筋からなる)がホワイトミートである理由ある。アヒルやダチョウなどの他の鳥は、飛翔用の部位がより発達しており、全体が赤筋(ダークミート)である。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「家禽」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類