アヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヒル
Duck0001.jpg
アヒル Anas platyrhynchos var.domesticus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: マガモ属 Anas
: マガモ Anas platyrhynchos
品種 : アヒル
学名
Anas platyrhynchos var.domesticus
和名
アヒル
英名
Domestic Duck

アヒル(鶩、または家鴨)は、水鳥カモ科マガモを原種とする家禽で、生物学的にはマガモと同種である。ヨーロッパ中国などで飼育が始まり、飼育が容易なこともあり、世界中で幅広く飼育されている。

生態[編集]

野生のマガモを飼いならして家禽化するうち、個体や品種にもよるが、体が大きく重くなり、は小さくなって数メートルほどしか飛ぶことが出来なくなった。また、体形も太ったもの、直立して歩くものなど色々変化した。

アヒルは年間で150~200個の卵を産む。産卵は特にが盛んである。の大きさはニワトリのものよりやや大きく、の色は極薄い緑色である(色名ダックエッググリーンの由来)。 産卵から30日弱でヒナが孵化する。ただアヒルは卵を産んでも、抱卵しない個体もあるため確実に卵を孵すために孵卵器を使うことが多い。その他、抱卵性の残っている矮鶏烏骨鶏等の卵に混ぜて、ニワトリに暖めさせる方法もある[1]

生まれたヒナが卵を産むようになるのは生後5ヶ月〜6ヶ月。繁殖が可能になる性成熟で生後6ヶ月 - 7カ月頃。は性成熟が雌に比べてやや遅い。

発情期は早春から秋にかけてであり、水上や陸上など場所を問わず交尾する。雌を巡って雄どうしが激しく争うこともある。

食性は雑食性で、家禽用の穀物類を主にしたのほか、人間の食べる野菜類や果物食肉など、個体差はあるものの、基本的には何でも食べる。ただし、食べるからといって何でも与えるのはアヒルの健康のためにはよくないとされている。

家禽から野生化したものは、草の新や、小型の昆虫類、土壌動物などを捕食する。アヒルはつがいになると共に長く暮らすことがあるが、一生同じ相手と過ごすとは限らない。 野生化したものは淡水域で暮らすことが多いが、原種のマガモは海上で暮らすこともできるため、アヒルも海上で暮らすことができる。

野生のものは飼育下のものに比べ産卵の頻度が低い。寿命は5 - 10年ほど。 野生、家禽に関わらず、ネコイタチなどに捕食されることがある。

分布[編集]

公園に生息しているアヒル

家禽のため主に飼育下で生息するが、中には家禽が野生化したものも見られる。野生化したものは、地、河川のそばなど淡水域で主に暮らす。日本の公園などにも幅広く生息している。

形態[編集]

幼鳥

成鳥は全長50 - 80cmほどで、体重は3.0 - 5.0kg前後のものが多く、生態のところで述べてあるように、マガモと比べると大型である。雄より雌の方がやや小さい。 生まれたばかりのヒナの体重は70g前後。

黄色が主で、幅が広いいわゆる「アヒル口」の形をしている。上下には細かいギザギザがあるため、獲物の虫をくわえとったり、雑草の新芽を切り取ったりするのに利用する。

は黄色やオレンジ色で、大きな水かきを持っている。細いなどにつかまることはできない。 体温摂氏40.0 - 41.5度ほど。

種類[編集]

  • シロアヒル…日本でよく飼われている。白色で嘴と水かきは黄色い。
  • アオクビアヒル…マガモ形。雄は首が緑色をしていて白い帯があり、胸は褐色。雌は全身が褐色で黒斑がある。関東大型アヒルはこの一系統である。
  • シキアヒル…体が淡黄色。卵用の品種で、年間250個ほどの卵を産む。
  • カーキーキャンベル…羽毛や体毛がカーキ色。採卵用として飼育されている。
  • カユーガアヒル…肉、卵、観賞用に飼育されている。アメリカ合衆国原産。
  • カンムリアヒル…冠羽を持つアヒル。
  • ザクセンアヒル…大型種。ドイツ原産。ルーアンアヒル、ドイツペキン種、青ポメラニアアヒルをかけあわせて作出された。卵用、観賞用、愛玩用。
  • シルバーアップルヤード…大型種。イギリス原産。卵用、肉用、観賞用、愛玩用として飼育される。
  • スウェディッシュブルー…中型種。スウェーデン原産。
  • ナキアヒル…小型のアヒル。カモ猟のおとり(デコイ)として作出されたが、現在は観賞用、愛玩用として飼育されることが多い。
  • バフアヒル…卵用、肉用の品種。イギリス産。
  • ルーアンアヒル…アオクビアヒルとよく似ている。マガモ形。主に肉用として飼育されている。フランスでの飼育が盛ん。
  • インディアンランナー…卵用の品種。走るのが得意。インドネシア原産。
  • エイルズベリ一アヒル…主に肉用。イギリスで盛んに飼育されている。
  • テイゲール…卵用。インドネシアで多く飼われている。
  • ポメラニアアヒル…中型品種。ドイツ原産。
  • マグパイアヒル…小型の卵用品種。ウェールズ原産。
  • 大阪アヒル…北京種とアオクビアヒルの雑種。容姿はペキンに似ている。
  • ペキンアヒル…体は白く、脚は赤く、くちばしは黄色。姿勢は斜立している。
  • ムスコビーアヒル…いわゆるバリケン種で、ノバリケンCairina moschata)を家畜化したものなので別属。肉用。
  • 観音アヒル…バリケン種のひとつ。沖縄県では中国から導入された。顔が赤い。食用に飼育されている。
  • ムラード…ムスコビーアヒルとペキンアヒルの一代雑種。繁殖能力はない。肉用およびフランスではフォアグラの生産用に飼育されている。

アヒルとマガモの交配種が、アイガモである。別名ナキアヒルとも言われている。アイガモは飛ぶことが出来る。アヒルは野生化した個体であっても、飛ぶのは苦手である。

30年程前、三重県度会郡小俣町(現在は市町村合併により伊勢市小俣町)の小俣小学校にてガチョウとの交配種が生まれ、ガヒルと名付けられた。当時のクイズダービーのクイズ問題にもなった。アヒルと同じ外見であるが、尾周辺の羽に黒い斑点のあるものであった。当時は学内で1個50円でガヒルの卵が売られていた。

一般的にアヒルは卵を温めないと言われているが、マガモの血が濃いアヒルは卵を温めることが多々ある。マガモの血が濃いアヒルの雌は嘴に黒い斑点が出来ることで判別できる。

利用[編集]

台湾で飼育されているアヒル

用途は愛玩食用、採卵、羽毛採集など。現在鴨肉として流通しているものの大半はアヒルの肉である。アヒルとマガモを交配させたアイガモの肉も鴨肉として流通していることもある。アイガモの外見はマガモに似る。

日本では公園などの池に放し飼いにされている他、ペットとしても飼われている。野生のアヒルは家禽のニワトリとは異なり嘴の先端をカット(デビーク)していないため、大きな嘴で突かれたり噛まれたりすると出血する場合もあるので注意を要する。

アヒル料理[編集]

肉料理[編集]

卵料理[編集]

アヒルの卵は鶏卵と違い、内部にまで細菌類を多く含むことが多く、のままでは食べられない。また白身が水っぽくタンパク質の濃度が低いために加熱しても完全には固まらないので、以下のような加工食品として食用にする。

関連項目[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 農文協「そだててあそぼう第4集 ニワトリの絵本」ISBN 9784540981494

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「アヒル」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類