タコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タコ
Octopus vulgaris2.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
亜綱 : 鞘形亜綱 Coleoidea
上目 : 八腕形上目 Octopodiformes
: タコ目八腕目Octopoda
学名
Octopoda Leach1818
シノニム

Octopoida Leach1817

和名
タコ目八腕目
英名
Octopus
下位分類群(亜目
詳しくは本文を参照
タコの吸盤
種類の異なる2枚の貝殻を組み合わせ、護身用として持ち歩くメジロダコ
東ティモールディリ県近海にて2006年撮影。
タコ、生
100 gあたりの栄養価
エネルギー 343 kJ (82 kcal)
2.2 g
糖分 0 g
食物繊維 0 g
1.04 g
飽和脂肪酸 0.227 g
一価不飽和脂肪酸 0.162 g
多価不飽和脂肪酸 0.239 g
14.91 g
トリプトファン 0.167 g
トレオニン 0.642 g
イソロイシン 0.649 g
ロイシン 1.049 g
リシン 1.114 g
メチオニン 0.336 g
シスチン 0.196 g
フェニルアラニン 0.534 g
チロシン 0.477 g
バリン 0.651 g
アルギニン 1.088 g
ヒスチジン 0.286 g
アラニン 0.902 g
アスパラギン酸 1.438 g
グルタミン酸 2.027 g
グリシン 0.933 g
プロリン 0.608 g
セリン 0.668 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(6%)
45 μg
(0%)
0 μg
0 μg
チアミン (B1)
(3%)
0.03 mg
リボフラビン (B2)
(3%)
0.04 mg
ナイアシン (B3)
(14%)
2.1 mg
(10%)
0.5 mg
ビタミンB6
(28%)
0.36 mg
葉酸 (B9)
(4%)
16 μg
ビタミンB12
(833%)
20 μg
コリン
(13%)
65 mg
ビタミンC
(6%)
5 mg
ビタミンD
(0%)
0 IU
ビタミンE
(8%)
1.2 mg
ビタミンK
(0%)
0.1 μg
ミネラル
カルシウム
(5%)
53 mg
鉄分
(41%)
5.3 mg
マグネシウム
(8%)
30 mg
マンガン
(1%)
0.025 mg
セレン
(64%)
44.8 μg
リン
(27%)
186 mg
カリウム
(7%)
350 mg
ナトリウム
(15%)
230 mg
亜鉛
(18%)
1.68 mg
他の成分
水分 80.25 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

タコ章魚学名:octopoda)は、頭足綱- 鞘形亜綱en)- 八腕形上目タコ目に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。

呼称[編集]

英名octopusは、直接的にはラテン語「Octopus;オクトープス」の借用である。これは古典ギリシア語で「8本足」ὀκτώπους(oktōpous)を意味している。日本語では、標準和名の他にたこ章魚とも記す。

生物的特徴[編集]

複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする。一般には「」と呼ばれるが、学術書などでは「(触腕)」と表現されることが多い(英語でも arm [腕]と呼ぶ)。 見た目で頭部と思える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置して口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる所以がここにある。

その柔軟な体のほとんどは筋肉であり、ときには強い力を発揮する。

高い知能を持っていて、形を認識することや、問題を学習し解決することができる。例として、密閉された捻蓋式のガラス瓶に入った餌を視覚のみで認識し、ビンの蓋を捻って餌を取ることができる。また白い物体に強い興味を示す。身を守るためには、保護色に変色し、地形に合わせて体形を変える、その色や形を2年ほど記憶できることが知られている。[1]また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコen。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリス科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された[2][3][4][5](これに先行すること数ヶ月、テレビ番組[6]では特集が組まれ、二枚貝貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。

血液中にはヘモシアニンという緑色の色素が含まれており、そのため、血液は青く見える。

オスは4本の腕の吸盤の大きさがメスに比べてばらつきがあり、また、8本の触腕のうち1本の先端は生殖器になっていて、これがメスの体内に挿入されることで受精が成立する(交接腕)。

危険を感じると黒いを吐き、姿をくらます。この墨は、イカのそれと比べてうま味(特にアミノ酸)は豊富には含まれていない、粘性が低く水に溶けやすいという点と、墨汁嚢が取り出しにくいという点、さらにイカ墨と比べて一体から採れる量もごく少量である点からも、加工がしにくく料理には適さないとされる。ただ、タコ墨を利用した料理を提供する店もある[7]

外敵に襲われたとき、捕らえられた触腕を切り離して逃げることができ、その後、触腕は再生するが、切り口によって2本に分かれて生えることもあり、8本以上の触腕を持つタコも存在する。極端なものでは日本で96本足のあるタコが捕獲されたことがあり、志摩マリンランド標本として展示してある。

マダコでは自分の触腕を食べる行動が観察されている。この行動は何らかの病原体によって引き起こされると考えられており、触腕を食べ始めたタコは数日以内に死亡する[8]

タコの吸盤は、大概のものにはくっつくことができる。切断された腕であってもその活動は約1時間続き、動いたり物をつかんだりすることができる。しかし、タコの吸盤は、切断されたものであっても、自分の体にくっつく事はない。この原理は良く分かっていない。しかし、タコの皮膚を取り除き、そのタコの腕を切断して近づけると、その腕の吸盤はその皮膚を除去した部分に吸い付いた。また皮膚を貼り付けた物体に、切断されたタコの腕を近づけると、皮膚を貼り付けた部分にはくっつかず、皮膚の無い場所にはくっつくという現象が確認できることから、皮膚に何らかの自己認識機構が存在するという説がある[9]

寿命は短く、多くの種は1年程度である。産卵の時期によったりストレスの無い状態ではは1年半から2年生きるのもいる。 陸に打ち揚げられても30分程度は生きることができ、自由に行動ができる。稀に自ら水辺に這い出して獲物を捕獲することがある。

食物網における位置[編集]

食物網の中でのタコの位置(cf. 生態ピラミッド捕食-被食関係)は、おおむね中間位の捕食者である。 タコの天敵として最もよく知られているのはウツボであるが、サメタイの仲間もタコを好む。しかしこの捕食-被食関係も一方的なものではなく、稀にではあるが大型のタコが小型のサメを捕食することがある。また水族館では、ミズダコが同じ水槽で飼われていたアブラツノザメを攻撃し、死亡させた例もある[10]

他方、タコは甲殻類二枚貝にとっての天敵であり、好んで捕食する傾向が強い。獲物に比して体格で勝るタコであれば、触腕が持つ強靭な筋力によって甲殻類の殻を砕き、きつく閉じた二枚貝の殻をこじ開けることができる。

人間もタコの天敵であるが、人間を見たことがない大型のタコは、潜水中の人を威嚇したり、ダイバーレギュレーターen)に触腕をからませ、結果としてダイバーの呼吸を阻害することもある。

猛毒を持つヒョウモンダコに噛まれると、人間も命を落とすことがある。詳細は項目ヒョウモンダコを参照のこと。

分類[編集]

現生種はヒゲダコ亜目、マダコ亜目の2亜目に大別される[11]

ヒゲダコ亜目[編集]

ヒゲダコ亜目(有触毛亜目) Cirrina Grimpe, 1916 sensu Felley et al., 2001

マダコ亜目[編集]

マダコ亜目(無触毛亜目) Incirrina Grimpe, 1916 sensu Felley et al., 2001

食文化におけるタコ[編集]

タコは手近で美味なタンパク質の供給源として、世界各地の沿岸地方で食用されている。ユダヤ教では食の規定カシュルートによって、タコは食べてはいけないとされる「の無い魚」に該当する。イスラム教キリスト教の一部の教派でも類似の規定によって、タコを食べることが禁忌に触れると考えられている。

アジア[編集]

日本[編集]

日本の築地市場に並べられたタコ(茹で蛸)
「たこアイス」 タコの切り身をアイスクリームに和えた商品。日本、岩手県下閉伊郡山田町特産。

タコは日本の食生活に深く根付いている。 2000年前後の時代には北アフリカモロッコからの輸入が増加し、全体の6割を超えていたが、乱獲による生物量の減少を受けてたびたび禁漁が行われ(2003年9月からの8ヶ月間、等)、他産地からの輸入が増加している[12]。 タコ類は多様な種が知られているが、日本では一般的に「タコ」と言えば、食用などで馴染み深いマダコを指す場合が多い。 日本人とタコの関係は古く、池上・曽根遺跡などの大阪府下の弥生時代の遺跡からは、蛸壺形の土器が複数出土している[13]

加熱調理されることが多く、多くの種は茹でる鮮紅色を呈する。料理では刺身寿司、煮だこ、酢だこ、酢味噌あえ、おでんの具材などに用いられる。たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても親しまれている。また、瀬戸内海周辺地域などでは蛸飯に供される。なお、下処理として表面のぬめりを取るために塩もみされることも多い。 低カロリーで、タンパク質、特にタウリンが豊富である。また、亜鉛も多く含む。夏場のものが特に美味とされる。関西地方には、半夏[14]にタコを食べる習慣があるが、これはタウリンを補給して夏バテを防ぐと言われる。秋口にメスの体内にある象牙色の袋に包まれており、タコの袋児(ふくろご)と呼ばれ、煮付けて食べる。また、産卵後の卵はその形状から海藤花(かいとうげ)と呼ばれ、塩漬けにする。なお、イカの吸盤が環状に並んだ微細で鋭利な歯を持つのに対してタコの吸盤にはそれが無く、大きく肉付きも良いため、それ自体の食感が喜ばれる。

日本以外の東アジア、東南アジア[編集]

韓国では日常的な食材である。特に、テナガダコ(Octopus minor)を生きたままぶつ切りにし、塩と胡麻油および胡麻と和えて踊り食いにするサンナクチ韓国語산낙지[語義:活きたテナガダコ]、英語表記:sannakji)は有名である。台湾中国で消費されるタコは、大部分が現地の日本料理店韓国料理店の食材であり、中華料理の伝統食に蛸料理は無い。

なお、中国やベトナムは、乱獲によって漁獲量を減らしたモロッコに替わって日本向けの漁獲量を増やしている[12]

インド、中東[編集]

インドではタコを食べる文化は無い。 ユダヤ教イスラム教ではタコなど軟体動物を食べることが禁じられているため、中東やイスラエルではタコを食べない。

ヨーロッパ[編集]

ギリシャはナクソス港のタコ
メゼに使われる。

スペインイタリアフランスギリシアといった地中海沿岸諸国やポルトガルではタコを伝統的な食品としている。ギリシア等の正教徒の多い地域の場合、東方正教会では斎の間は肉を、大斎の際には魚をも食べるのを禁じてきたが、タコやイカ、貝類などは問題が無いとされてきたため、これらを使った伝統料理が多い。

一方、アルプス以北のヨーロッパ諸国では、漁業が盛んな局所をのぞいて、伝統的には食用にはされてこなかった。例えばドイツスイスでは、伝統料理にタコを見ることはまずない。また、イギリスでは「悪魔の魚 devilfish」などと呼ばれ、避けられていたことは良く知られている。しかし、これらの地域でも、現代では南欧料理やアジアの料理(日本の寿司など)が入ってきており、タコを食べる機会は増えてきている。


アフリカ[編集]

海辺で乾物加工されるタコ(アフリカ大陸東岸、タンザニアペンバ島近隣のミサリ島)
木製の蛸箱
(日本、北海道稚内市宗谷漁港[宗谷岬])

北アフリカ西部のモロッコでは1980年代後半から日本向け輸出産物としてマダコ漁が盛んである。しかし、乱獲による漁獲量の減少が問題視されている[15]。 また、モーリタニアでは1990年代半ばに日本企業の経済援助等によって港湾が整備され、以後、日本向け輸出用のマダコ漁が行われるようになった。現地にはタコを食べる習慣が無く、モーリタニア産のタコはもっぱら日本で消費されている。2009年(平成21年)時点で、日本にて消費されるタコの約7割がアフリカ産であり、そのうちの5割がモーリタニア産となっている。[16]

漁業[編集]

漁法[編集]

狭い岩の隙間に潜り込む習性を利用した蛸壺、蛸箱漁業[17]は、タコ漁業独特のものである。

日本のタコ漁

日本には餌をつけない針金で引っ掛ける「から釣り漁法」[18]も存在する。 空の蛸壺が浜辺に積まれている光景は、一部の地域では漁村景観の一つともなっている。また、イイダコは白色を好む傾向が強く、ラッキョウ等の白色の物体に釣り針をつけ、それに抱きつくイイダコを釣る変形のルアー釣りも有名である。

日本の陸揚げ漁港[編集]

第1種共同漁業権の対象魚種である。

第1位 - 松川浦漁港福島県相馬市
第2位 - 宗谷漁港北海道稚内市宗谷岬
第3位 - 落石漁港(北海道根室市落石)
第4位 - 八戸漁港青森県八戸市
第5位 - 庶野漁港(北海道幌泉郡えりも町庶野)

養殖漁業[編集]

卵の管理が難しい等の理由で、日本での商業用の養殖はいまだ成功していない(2009年1月19日時点)。

文化[編集]

タコが描かれた前期ミノア文明土器
クレタ島イラクリオンにて紀元前1500年の地層より出土。ギリシャ、アテネ国立考古学博物館所蔵。

日本ではその形態、生態がきわめて特徴的でユーモラスでもあり、また、茹でると真っ赤になるなどといった性質から、漫画・映画・テレビ番組などでキャラクター化されることが多い(しばしば、胴体に鉢巻を巻いた姿で描かれる)。単純に馬鹿にする言葉としても「タコ」という呼称が使われ、転じて、馬鹿初心者を指して「タコ」という表現もあちこちで見られる。同じ墨を吐く動物として、イカと対比されることが多い。

先述(#地中海世界、欧米)のとおり、地中海沿岸諸国では古来、タコは食用であり、身近な存在であった。しかし、ヨーロッパ中北部では「悪魔の魚」とも呼ばれ、忌み嫌われてきた。タコは潜水夫を丸飲みにするともいわれる[誰によって?]

神話・伝承[編集]

日本
  • 蛸神社(たこじんじゃ) :明浜の蛸神社。愛媛県西予市明浜町にある。cf. 明浜町#文化
  • 衣蛸(ころもだこ) :京都府に伝わる蛸の妖怪。大蛸に変化して舟を海中に引きずり込むとして怖れられる。
  • ヤザイモン蛸(やざいもんだこ) :香川県に伝わる大蛸の。八左兵門という男が昼寝している大蛸の足を1日1本ずつ足を切って持って帰っていた。あと1本というときに、大蛸が八左兵門を海に引き込んだという[19]
  • 蛸地蔵(たこじぞう) :天性寺大阪府岸和田市にあり、岸和田城落城の危機に、大蛸に乗った地蔵の化身が城を救ったという伝説がある。又、南海本線蛸地蔵駅の由来にもなっている。
  • 蛸薬師(たこやくし) :永福寺京都市中京区に所在。僧が病の母を思って、母の好物のタコを戒律を破ってまで買ってきたところ、そのタコが池に飛び込んで光明を放ち、病がたちまち快癒したとの伝承があり、この異名で知られる。蛸薬師通の由来にもなった。
  • タコは芋が好物で、海から上がってイモ畑のイモを盗むという俗説があった。
日本以外

言語[編集]

故事成語
  • 土用の蛸は親にも食わすな
  • 麦わらダコ(蛸)に祭りハモ
タコのつく言葉
  • 蛸壺
  • ひっぱりだこ :人気のある人物や物が多くの人に求められる状態を言う日本語。また、近世以前は、磔刑およびその受刑者を意味する比喩表現であった。「引っ張り蛸」とも「引っ張り」とも記すが、語源は、タコの乾物を作る際に足を四方八方に広げて干す、その形に由来しており、したがって、前者が本来の用法と言える。
  • 蛸入道(たこにゅうどう) :[仏教関連用語、ほか] 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。
  • 蛸、たこ、タコ :[土木用語・農業用語] 重さをもって地面等の基盤を突き固める道具(棍棒などといった突き棒)、すなわち、撞槌(とうつい)などの俗称的呼称。蛸木(たこぎ。たこ木、タコ木)の略称。名の由来は、大型で専用の撞槌には数本の持ち手が付いていて、形状全体が複数の足を持つタコの姿に似ていることにある。英語: rammer[21]及び: punner[22] (その一語義)と同義であり、よって、「ランマー」「ラマー」「ラム」「プンナー」とも呼ぶ。
  • すかんたこ :[方言] 好かん蛸。京言葉で「好きではない人」「好きになれない人」の意。関西弁で言う「すかんたれ(好かん垂れ)」の異形。
  • タコ部屋労働
  • タコ棒 :[内燃機関ポペットバルブ気密を保つために研磨を行う際、持ち手として取り付ける棒。先端に吸盤があり、これでバルブを吸いつけて作業する。
  • 蛸足(たこあし)
  • 蛸足大学
  • 蛸配当 :[株式用語] 自らの足を食うタコになぞらえて、経営状況の悪化を取り繕いごまかすことを目的とした「株主への自殺的な配当行為」を言う。
  • タコ麻雀 :漫画『ぎゅわんぶらあ自己中心派』で挙げられていた奇怪な打ち筋、言動など。
  • タコ :[野球用語] ヒットが打てないことを指す言葉として使われる。例えば、4打数ノーヒットの場合は「4タコ」と言う。

派生した俗語[編集]

  • タコになる
大相撲隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。
  • タコ殴り
日本の俗語で、袋叩きにすること、または原型をとどめないほどにボコボコに数多く殴ることを指す。「タコにする」ともいう。

因んだ名称[編集]

明石淡路フェリーの「あさしお丸」
明石港、2008年5月撮影。
生物
  • タコノキなどのタコノキ類(タコノキ目):タコが足を伸ばすように気根を伸ばして立つ姿から、「蛸の木」の意で呼ばれる。
人物
地名
  • 三重県鳥羽市畦蛸(あだこ)町:田んぼの畦道にタコが歩いていたことに由来する。
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK Eテレ地球ドラマチック』(2011年6月25日放送「タコの知能を大研究!」にてその様子が紹介された。)
  2. ^ Julian K. Finn, Tom Tregenza, and Mark D. Norman (2009). “Defensive tool use in a coconut-carrying octopus”. Current Biology 19 (23): 1069-70.  doi:10.1016/j.cub.2009.10.052
  3. ^ Finn, Julian K.; Tregenza, Tom; Norman, Mark D. (2009), "Defensive tool use in a coconut-carrying octopus", Curr. Biol. 19 (23): R1069–R1070 http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(09)01914-9
  4. ^ Gelineau, Kristen (2009年12月15日). “Aussie scientists find coconut-carrying octopus”. The Associated Press. http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jfq6qUad8oMqjmm0UKjxvMrFGaaAD9CJIGO80 2009年12月15日閲覧。 
  5. ^ Harmon, Katherine (2009年12月14日). “A tool-wielding octopus? This invertebrate builds armor from coconut halves”. Scientific American. http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=a-tool-wielding-octopus-this-invert-2009-12-14 
  6. ^ 日本ではNHKダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』(166回放送「タコ! マイホームを持ち歩く」 http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program166.html にて主に日本近海の同種を紹介)、ほか。
  7. ^ 何故タコ墨パスタは無いのか”. 東進ハイスクール府中校 (2012年12月6日). 2014年5月17日閲覧。
  8. ^ Budelmann BU (1998). “Autophagy in octopus”. South African Journal of Marine Science 20 (1): 101-108. doi:10.2989/025776198784126502. 
  9. ^ Jane J. Lee (2014年5月16日). “タコの腕はなぜ絡まってしまわないのか”. ナショナルジオグラフィック. http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140516003 2014年5月17日閲覧。 
  10. ^ ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト 動画‐動物‐魚類‐衝撃映像 サメVSタコ
  11. ^ Octopoda in WoRMS”. 2014年1月12日閲覧。
  12. ^ a b かがくナビ科学技術振興機構ブログ)
  13. ^ 大阪湾の生き物カタログ マダコ”. 大阪府立環境農林水産総合研究所. 2014年1月12日閲覧。
  14. ^ ここで言う「半夏」は仏教用語の「半夏(はんげ)」。90日にわたる夏安居(げあんご)の中間。45日目のことを言う。
  15. ^ 魚種別にみる水産資源の現状と問題/タコ WWFジャパン
  16. ^ モーリタニア産、および、アフリカ産の割合については、TBS情報7days ニュースキャスター』 2009年12月26日放送回に基づく。
  17. ^ 北海道の漁業図鑑 たこ漁業 (たこ箱)”. 2014年1月12日閲覧。
  18. ^ (やなぎだこ空釣り縄))”. 2014年1月12日閲覧。
  19. ^ 北條令子「海と山の妖怪話」、『香川の民俗』通巻44号、香川民俗学会、1985年、 4頁。
  20. ^ Dixon, Roland Burrage (1916). The Mythology of All Races. 9. Marshall Jones. p. 15. 
  21. ^ “ram”. 新英和大辞典 (4 ed.). 研究社. (1960). p. 1472. 
  22. ^ “punner”. 新英和大辞典 (4 ed.). 研究社. (1960). p. 1442. 

関連項目[編集]