イラクリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラクリオ
Ηράκλειο
港とヴェネツィア時代の要塞
港とヴェネツィア時代の要塞
所在地
イラクリオの位置(ギリシャ内)
イラクリオ
イラクリオ
座標 北緯35度20分 東経25度8分 / 北緯35.333度 東経25.133度 / 35.333; 25.133座標: 北緯35度20分 東経25度8分 / 北緯35.333度 東経25.133度 / 35.333; 25.133
行政
国: ギリシャ
地方: クレタ
: イラクリオン県
人口統計 (2001年)
ディモス
 - 人口: 173,450 人
 - 面積: 20 km2
 - 人口密度: 8,673 人/km2
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)

イラクリオ現代ギリシャ語: Ηράκλειο / Iraklioまたは イラクリオンカサレヴサ: Ηράκλειου / Iraklion)は、ギリシャクレタ島北部にある都市で、その周辺地域を含む基礎自治体ディモス)。エーゲ海クレタ海)に面した港湾都市である。約14万の人口を擁するクレタ島最大の都市で、クレタ地方の首府、イラクリオ県の県都。

ミノア文明(クレタ文明)の代表的な遺跡であるクノッソス宮殿は、市街の約5キロ南東に位置する。

名称[編集]

イタリア語およびトルコ語での呼称は カンディア (イタリア語: Candia ; トルコ語: Kandiye)。これは、ヴェネツィアおよびオスマン帝国がこの都市を支配していたときの呼称でもある。

歴史[編集]

9世紀、イスラーム勢力によって街が建てられたとされるが、それ以前にも文明が存在した痕跡の遺跡などが発見されている。その後、東ローマ帝国ジェノヴァなどの支配を経て、13世紀初頭に第4回十字軍で勢力を伸張させていたヴェネツィアの支配下におかれた。現在でも、ヴェネツィア領時代の要塞が残されている。その後、二十年以上に渡る攻防戦を経て1669年にオスマン帝国がこの都市を獲得した。20世紀初頭にギリシア領となった。

観光[編集]

市街地中心部
モロシニの泉
カザンザキスの墓

ミノア文明の遺跡である、クノッソス宮殿への観光拠点となっている。

  • 考古学博物館
  • クノッソス宮殿
  • モロシニの泉(ヴェニゼロス広場にある)

交通[編集]

アテネの外港都市であるピレウスからフェリーが出ている。 イラクリオン空港があり、アテネなどへの便が出ている。

クレタ島内の中心都市として、ハニアなど島内の各都市へのバスが出ている。

姉妹都市[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]