レム睡眠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レム睡眠(レムすいみん、: Rapid eye movement sleep, REM sleep)は、急速眼球運動(: Rapid Eye Movement, REM)を伴う睡眠である。REM睡眠とも表記される。

概要[編集]

睡眠中の状態のひとつで、身体が眠っているのに、脳が活動している状態である。身体的には骨格筋が弛緩状態にあり、急速眼球運動のほかは身体はほとんど動かないが、脳波はシータ波が優勢で覚醒時と同様の振幅を示す。外見的には寝ているのに、脳は覚醒状態にあるため、逆説睡眠(ぎゃくせつすいみん)とも呼ばれる。

レム睡眠に対して、急速眼球運動を伴わない睡眠のことをノンレム睡眠または徐波睡眠(じょはすいみん)という。入眠時にはまずノンレム睡眠が現れ、続いて約1時間から2時間ほどでレム睡眠に移る。以後、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れ、レム睡眠はほぼ90分おきに20 - 30分続く。一晩の睡眠では4 - 5回のレム睡眠が現れる。

を見るのはレム睡眠中であることが多く、この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い(ノンレム睡眠中の夢の内容はほぼ記憶されない)。

レム睡眠の存在は、シカゴ大学ユージン・アセリンスキー英語版ナサニエル・クレイトマン英語版の研究によって、1953年に明らかになった。

ノンレム睡眠[編集]

ノンレム睡眠は段階1から段階4までの4段階に分けられ、段階4が睡眠の最も深いレベルである。通常は入眠後、約1時間以内に段階4にまで達し、その後徐々に浅くなってレム睡眠になる。ノンレム睡眠では筋肉の活動は休止せず、脳は休息状態になる。体温は少し低くなり、呼吸や脈拍は非常に穏かになってきて血圧も下がる。いわゆるぐっすり寝ている状態で、多少の物音がしたり、軽くゆさぶられても目が覚めることはない。もしノンレム睡眠の最中に強制的に起こされると、人体はすぐさま活動を開始することがでない。大脳が休止状態から活動を開始するまではしばらくの時間が必要で、それまでの間はいわゆる「寝ぼけた」ような行動をしてしまうことになる。一般的にノンレム睡眠は脳の眠りと言われる。[1][2]


関連項目[編集]