β-カロテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
β-カロテン
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 7235-40-7
PubChem 5280489
特性
化学式 C40H56
モル質量 536.87 g/mol
外観 赤紫色
密度 0.941 ± 0.06 g/cm3
融点

180-182 °C

への溶解度 不溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

β-カロテン(ベータカロテン、ベータカロチン、β-carotene)は、植物に豊富に存在する赤橙色色素の一つ。両末端にβ環を持つ最も一般的なカロテンである。ビタミンAの前駆体(不活性型)である[1]テルペノイドの一つであり、水には溶けないが脂溶性は大きい。

分子構造はKarrerらによって推定された[2]。自然界ではβ-カロテン-15,15'-モノオキシゲナーゼ(EC 1.14.99.36) の酵素反応を受ける。β-カロテノイドはゲラニルゲラニル二リン酸から生合成される[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Susan D. Van Arnum (1998). Vitamin A in Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology. New York: John Wiley. pp. 99–107. doi:10.1002/0471238961.2209200101181421.a01. 
  2. ^ P. Karrer, A. Helfenstein, H. Wehrli, A. Wettstein (1930). “Pflanzenfarbstoffe XXV. Über die Konstitution des Lycopins und Carotins”. Helvetica Chimica Acta 13: 1084–1099. doi:10.1002/hlca.19300130532. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]