ビタミンB6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「ビタミンB6」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

ビタミンB6 (vitamin B6) には、ピリドキシン (pyridoxine)、ピリドキサール (pyridoxal) およびピリドキサミン (pyridoxiamine) があり、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。

アミノ酸の代謝や神経伝達に用いられ、不足すると痙攣てんかん発作、貧血などの症状を生じる。ヒトの場合、内の細菌が合成するので不足することはないといわれる[1]が、抗生物質の使用などによって不足することも考えられる。 抗結核薬のイソニアジド(INH)は、ビタミンB6と構造が似ており、ビタミンB6に拮抗して副作用を引き起こすことがある。そのためイソニアジドとビタミンB6は、しばしば併用される。欠乏すると様々な症状を呈する。[2]

補酵素形はピリドキサール 5'-一リン酸である。

構造式[編集]

ピリドキシンの構造式 ピリドキサールの構造式 ピリドキサミンの構造式
ピリドキシン ピリドキサール ピリドキサミン
アルコール アルデヒド アミン

ギンナン食中毒[編集]

イチョウ銀杏にはビタミンB6の類縁体4-O-メチルピリドキシン (ギンコトキシン、4-O-methylpyridoxine、MPN) が含まれているが、これはビタミンB6に拮抗してビタミンB6欠乏症を呈しGABAの生合成(GABAは脳内でグルタミン酸のα位のカルボキシル基酵素反応により除かれることによって生成)を阻害し、まれに痙攣などを引き起こす。大人の場合かなりの数を摂取しなければギンナン食中毒になることはないが、場合によっては、1日5 - 6粒程度でも中毒になることがあり、特に報告数の70%程度が5歳未満の小児である[3]

中華料理店症候群[編集]

中華料理店症候群とは、頭痛顔面紅潮発汗、顔面や唇の圧迫感などの症状から構成される症候群である。グルタミン酸ナトリウムを単一の原因とする説が広く流布しているが、医学的には食事後に発生するいろいろな原因の病的症状の総称と考えられる。中華料理店症候群の症状を抑えるには、グルタミン酸ナトリウムの多い食事の前に通常量のビタミンB6の投与が有効とされる[4]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.biochem.osakafu-u.ac.jp/NC/NutrChem1.pdf [リンク切れ]
  2. ^ http://merckmanual.jp/mmpej/sec01/ch004/ch004i.html
  3. ^ 北海道医療大学薬学部 - 銀杏食中毒とは 最終更新日:2010.6.17
  4. ^ Folkers K, Shizukuishi S, Willis R, Scudder SL, Takemura K, Longenecker JB (1984). “The biochemistry of vitamin B6 is basic to the cause of the Chinese restaurant syndrome”. Hoppe-Seyler's Z. Physiol. Chem. 365 (3): 405–14. PMID 6724532. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]