ノルアドレナリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノルアドレナリン
ノルアドレナリン
臨床データ
法的規制
?
識別
ATCコード ?
KEGG D00076
化学的データ
化学式 C8H11NO3 

ノルアドレナリン: noradrenalin: noradrenaline)は、化学式C8H11NO3カテコールアミンにしてフェネチルアミンである。米国ではノルエピネフリン (Norepinephrine) として知られる。

シナプス伝達の間にノルアドレナリン作動性ニューロンから放出される神経伝達物質や、副腎から血液に放出されるホルモンとして機能する。また、ストレス・ホルモンのうちの1つであり、注意衝動性 (impulsivity) が制御されている生物のの部分に影響する。アドレナリンと共に、この化合物は闘争あるいは逃避反応を生じさせて、心拍数を直接増加させるように交感神経系を動かし、脂肪からエネルギーを放出し、筋肉の素早さを増加させる。

ストレスの多い出来事によって動かされた多数の生理学的変化は青斑核と呼ばれる脳幹の神経核の活動で一部解き放たれる。この核は脳のほとんどのノルアドレナリン経路の起源である。 それらの神経伝達物質としてノルアドレナリンを使用するニューロンは両側性に、 他の投射中の大脳皮質への異なった経路に沿った青斑、辺縁系、および脊椎から投射する。

シナプスでは、それはアルファとベータ両方のアドレナリン受容体に影響する。

抗うつ剤[編集]

ノルアドレナリン神経の神経伝達物質と薬剤の作用点

ノルアドレナリン系における変化は憂うつに関係する。SNRIは、脳内のシナプス後細胞で、利用可能なセロトニンとノルアドレナリンの量を増加させることによって、うつを治療する。最近はノルアドレナリン自己受容体がドーパミンも再取り込みするかもしれないといういくつかの証拠があり、これはSNRIドーパミン伝達をも増加させるかもしれないことを意味する。

一部の他の抗うつ薬(例えばいくつかの三環系抗うつ薬 (TCAs) )もまた、ノルアドレナリンに影響する。いくつかの場合、他の神経伝達物質に影響しない(少なくとも直接ではない)。

合体合成[編集]

ノルアドレナリンはアミノ酸チロシンから一連の酵素反応を経て合成される。最初のジヒドロキシフェニルアラニン (L-DOPA) への酸化の後神経伝達物質ドーパミンへの脱炭酸が続き、ノルアドレナリンへと最終的にβ酸化する。さらにノルアドレナリンはアドレナリンメチル化できる。

外部リンク[編集]