セレン化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セレン化水素
識別情報
CAS登録番号 7783-07-5 チェック
PubChem 533
ChemSpider 518 チェック
国連番号 2202
KEGG C01528
RTECS番号 X1050000
特性
化学式 H2Se
モル質量 80.98 g/mol
外観 無色気体
密度 3.553 g/cm3
融点

-65.73 °C (207.42 K)

沸点

-41.25 °C (231.9 K)

への溶解度 0.70 g/100 mL
溶解度 CS2ホスゲンに可溶
酸解離定数 pKa 3.89
構造
分子の形 折れ線形
危険性
MSDS ICSC 0284
EU分類 強い可燃性 (F+)
有毒 (T)
環境への危険性 (N)
EU Index 034-002-00-8
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
4
0
Rフレーズ R23/25 R33 R50/53
Sフレーズ S1/2 S20/21 S28 S45 S60 S61
引火点 可燃性気体
関連する物質
その他の陰イオン
硫化水素
テルル化水素
ポロニウム化水素
その他の陽イオン セレン化ナトリウム
セレン化銀(I)
関連物質 アルシン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セレン化水素(セレンかすいそ、: hydrogen selenide)は、化学式が H2Se で表されるセレン水素化合物で、カルコゲン水素化合物の一つ。セレンの酸化数は-2。爆発範囲は8.84 - 62.4 vol%。

化学的性質[編集]

ニンニクのような臭気があり、毒性がある。高圧ガス保安法で規定された特殊高圧ガスで、劇物に指定されている。 硫化水素に性質が似ている。

水溶液(セレン化水素酸)中では、セレン化物イオン (Se2-) と水素イオンに電離しやすい。そのため酸性を示す。

燃えると二酸化セレンができる。


\rm 2H_2Se + 3O_2 \longrightarrow 2H_2O + 2SeO_2

刺激性が強いので、取り扱いには注意を要する。

その他[編集]

  • IUPAC組織名:セラン

用途[編集]

有機セレン化合物の合成に用いられる。また、半導体にセレンをドープするのに用いられる。