デジタルオブジェクト識別子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デジタルオブジェクト識別子(-しきべつし、Digital Object Identifier、略称DOI)は、インターネット上のドキュメントに恒久的に与えられる識別子である。

概要[編集]

URLは、サーバの移転などによって変化するため、古い情報になるほどリンク切れなどの不都合が生じやすい。DOIは、ユーザーとファイルの所有者(出版社や音楽配信業者など)の間にDOIディレクトリを経由させることで、これを回避するものである。

DOIは、学術論文の分野でよく利用されており、NatureScienceのような学術雑誌や、ACMIEEEなどの学会が発行した論文誌の記事に付与されている。

また、DOIは著作物のタイトルだけでなく、より細分化したレベルで付与することもできる。書籍なら任意のページや図表ごと、CDであれば曲ごとに識別子がつけられるため、目的とする情報を早く選択的に得ることが可能となる。(ISBNISSNCODENなどは、タイトル別にのみ識別番号が付けられている)。

DOIのシステムはAAP(Association of American Publishers、アメリカ出版協会)とCNRI (Corporation for National Research Initiatives)によって設立され、現在は国際DOI財団 (The International DOI Foundation)によって運営されている[1]

システム[編集]

典型的なDOIは次のような文字列である。

10.1021/jo0349227

この例において、10.1021は国際DOI財団が付与するディレクトリの識別子(本例ではアメリカ化学会を示す)である。スラッシュ以下のjo0349227はファイルの所有者(本例ではアメリカ化学会)が任意で付けるIDである。

実際にブラウザでDOIによって検索をする際には、次のようにURL "http://dx.doi.org/" の後にDOIをつければよい。

http://dx.doi.org/10.1021/jo0349227

かつてはCrossRef英語版などにおいてDOIをURNスキームとして doi:10.1021/jo0349227 のように表記することを推奨していたが、ウェブブラウザがURNスキームをサポートすることが広まらなかったため、現在のように "http://dx.doi.org/" を前に置く形となった[2]

システム上は次のような過程を経てファイルが表示される。

  1. ユーザーが、欲しいファイルのDOIを入力する。
  2. 入力されたDOIが、DOIディレクトリに送信され、目的のファイルのURLに変換される。
  3. 変換されたURLが、ファイルが置かれている出版社のサーバに転送される。
  4. 出版者のサーバが、ユーザーに目的のファイルを送信する。

もし出版社がファイルの移動を行う場合は、DOIディレクトリ内で対応するURLを変換することで対応する。したがって、ユーザー側は同じDOIをいつまでも使い続けることができる。

脚注[編集]

  1. ^ 長谷川豊祐「DOI(デジタルオブジェクト識別子)システムの概要(<特集>メタデータ)」、『情報の科学と技術』第49巻第1号、社団法人情報科学技術協会、1999年1月1日、 19頁、 NAID 110002828034
  2. ^ CrossRef Revises DOI Display Guidelines”. CrossRef (2011年8月11日). 2014年5月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 長谷川豊祐「DOI(デジタルオブジェクト識別子)システムの概要(<特集>メタデータ)」、『情報の科学と技術』第49巻第1号、社団法人情報科学技術協会、1999年1月1日、 28-33頁、 NAID 110002828034

外部リンク[編集]