バーチャル国際典拠ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーチャル国際典拠ファイル(バーチャルこくさいてんきょファイル、: Virtual International Authority FileVIAF)とは、いくつかの国立図書館によるプロジェクトで、Online Computer Library Center (OCLC) によって運営管理されている典拠ファイル英語版である。

概要[編集]

このプロジェクトは、ドイツ国立図書館アメリカ議会図書館によって始められた。2002年に、OCLC、ドイツ国立図書館、アメリカ議会図書館は、VIAF を実現するために、概念実証プロジェクトを開始している[1]

各国の典拠ファイル(ドイツ語名の典拠ファイルなど)を、単一の仮想的な典拠ファイルにリンクすることを目的としている。データは、コンコーダンスファイルリンクにある同一の記録と一緒に設定される。VIAF は標準的なデータ数字で表記され、関係するファイルの記録からスケジュールを構築し、オリジナルの典拠レコードを参照する。このデータはオンラインで提供され、学術調査やデータの交換・共有が可能になっている。データをアップデートする時は、オープン・アーカイブズ・イニシアティブ英語版が使用するOAIプロトコルがセットされる。

参加図書館[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木智之「バーチャル国際典拠ファイル―その試みと可能性―」、『カレントアウェアネス』第280号、日本図書館協会2004年、 2-3頁、 ISSN 0387-8007NAID 400062937712012年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]