国立セーチェーニ図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
館内の地球儀
所蔵されている写本のひとつ。

国立セーチェーニ図書館(Országos Széchényi Könyvtár)は、ハンガリーの首都ブダペストにある国立図書館である。

歴史[編集]

この図書館は、1802年に非常に愛国心の強かった貴族セーチェーニ伯によって基礎が作られた。セーチェーニはマジャール語の文献を買い求めるために世界を旅し、この年に買い集めた文献を国家に寄贈したのである。翌年、ペシュト公共図書館が開設され、セーチェーニを範とする形で、全国民的に蔵書の寄贈運動が広がった。

1808年にハンガリーの国会は国立博物館を創設し、ハンガリーの歴史的、考古学的、自然的などの遺物を収集した。この博物館は図書館に吸収合併された。

1846年ハンガリー国立博物館は新しい建物に移されたが、1949年に至るまで、図書館と博物館が再び各個独立の存在となることはなかった。1949年にやっと図書館は再分割され、国立セーチェーニ図書館という名称になった。1985年には新しい本館をブダ城に移した。

コレクション[編集]

  • Hungarica - ハンガリーの出版社が印刷したもの
    • ハンガリーで出版されたもの
    • 外国で出版されたが、マジャール語で書かれたか、ハンガリー人によって書かれたもの。
    • 書籍以外の史料(音声記録、ビデオ、デジタル資料等)
  • 800万点の資料群
    • 250万冊の書籍
    • 38万5000巻の新聞・雑誌類
    • 27万点の音楽資料(書かれたものと音声資料)
    • 100万点の写本
    • 約20万点の地図
    • 約32万点の絵画や版画
    • 300万点のポスター等小印刷物
    • 27万2000点の資料のマイクロフィルムコピー
  • 初期の書籍のコレクション
    • 『クロニカ・ハンガロルム』(Chronica Hungarorum)- 1473年に印刷、出版されたハンガリー初の印刷本。
    • 1711年以前に印刷された書籍8600点
    • 1,700点のインキュナブラ
    • マジャール語の現存最古のテクスト
    • 12世紀の追悼演説

外部リンク[編集]