ブダ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブダ城

ブダ城またはブダ王宮(Budavári Palota)は、ハンガリー首都ブダペシュトにある

歴史[編集]

1241年モンゴル軍の攻撃で木造城壁だったブダ城が破壊されるとベーラ4世が石造で再建した。14世紀ラヨシュ1世によってゴシック様式の王宮に改造されたが、17世紀オスマン帝国軍の攻撃で破壊された。18世紀にかけてハプスブルク家の支配下で再建され、バロック様式への改造が行われた。19世紀半ばに発生した火災とその後の第一次世界大戦第二次世界大戦で大規模な被害を受けたが、19世紀半ばに再び修復された。1987年、「ブダペスト、ドナウ河岸とブダ城」として世界遺産に登録。2002年には「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」として拡大されている。

現状[編集]

ハンガリー国立美術館、プダペスト歴史博物館、軍事歴史博物館などが置かれている。

参考資料[編集]

  • J・E・カウフマン、H・W・カウフマン共著、ロバート・M・ジャーガ絵、中島智訳「中世ヨーロッパの城塞 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞および城壁都市」 マール社

関連項目[編集]