スフォルツェスコ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯45度28分13秒 東経9度10分46秒 / 北緯45.4702437度 東経9.1795492度 / 45.4702437; 9.1795492

スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城またはスフォルツァ城イタリア語:Castello Sforzesco)は、イタリアミラノにある城塞。現在は美術館としても公開されている。

1450年ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァヴィスコンティ家居城を改築して建設した城塞。その後、16世紀から17世紀にかけて改装・増築され、ヨーロッパでも有数の規模の城塞となった。1796年この地を征服したナポレオンによって一部の施設が破壊されたが、1891年から1905年にかけて、建築家ルカ・ベルトラミらによって修復された。

もともとは星型の形状の広大な城郭であったが、現存しているのは元々の面積の1/4程度以下であり、残りの敷地は公園や道路となっている。現在、スフォルツェスコ城の内部は市立博物館(スフォルツェスコ城博物館;Pinacoteca del Castello Sforzesco)となっている。内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されている。また、アッセの間の天井と壁には、レオナルド・ダ・ヴィンチが未完成の壁画を残しているが、後年、塗りつぶされている。この壁画については、2013年現在修復作業が続けられている[1]

城内の博物館[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]