ヴァルトブルク城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ヴァルトブルク城
ドイツ
ヴァルトブルク城
ヴァルトブルク城
英名 Wartburg Castle
仏名 La Wartburg
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(6)
登録年 1999年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ヴァルトブルク城の位置
使用方法表示

ヴァルトブルク城ドイツテューリンゲン州にある史跡である。ゲーテ街道沿いにあるアイゼナハ郊外の山上に位置する。1999年12月、ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。漆黒の外見が特徴的である。

概要[編集]

歴史と伝説[編集]

築造

1067年テューリンゲン伯ルードヴィヒ・デア・シュプリンガー(跳躍伯)が山頂を見て「待て(wart)汝我が城(burg)となれ」と叫び建築を命じたことに由来するとされる。

歌合戦伝説

中世の伝説であるタンホイザー伝承歌合戦の舞台となった。歌合戦とは、12世紀のテューリンゲン方伯ヘルマン1世の時代に、この城の広間で盛んに行われた歌による合戦で、後に13世紀に入って「ヴァルトブルクの歌合戦」の題で歌集が編纂された。簡略に「歌合戦」と呼ばれる事もある。

この黄金時代を回顧して数十年遅れで、ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデなどが登場し、彼らの歌の世界を文学的に脚色して表現したものとして、後者の『パーシヴァル』や「ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン」などが現れてくる。アイゼナハの町人であるハインリヒ・フォン・オフターディンゲン(Heinrich von Ofterdingen)がハプスブルク家を称える詩を吟じた為負けるが、命乞いをしてクリングゾールに再判定を願いに出かける。この話は原型をほとんど留めない形でノヴァーリスによりデフォルメされ、『青い花』(ドイツ語題『ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン』)に採りいれられている。

聖女エリザベート

テューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世の妃・聖女エリザベートハンガリー王国から4歳で嫁いできた場所としても知られる。

マルティン・ルターとドイツ語訳聖書

ヴォルムス帝国議会の後、マルティン・ルターザクセン選帝侯フリードリヒ3世の保護の元隠れ住み、聖書を翻訳した場所としても知られている。ルターが悪魔にインク瓶を投げつけた為に出来たという伝説で有名なインクの染みが今でも残っている。

ルターを尊敬していたゲーテは、ヴァイマル公国の宰相となってからも、アイゼナハを度々訪れて古城の補修を指示したといわれている。

ヴァルトブルク城(1900年)
Wartburg2004.JPG

世界遺産[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]