モン・サン=ミシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯48度38分10秒 西経01度30分40秒 / 北緯48.63611度 西経1.51111度 / 48.63611; -1.51111

世界遺産 モン・サン=ミシェルと
その湾
フランス
モン・サン=ミシェル
モン・サン=ミシェル
英名 Mont-Saint-Michel and its Bay
仏名 Mont-Saint-Michel et sa baie
面積 6,558 ha
(緩衝地域 57,589 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(3),(6)
登録年 1979年
拡張年 2007年
備考 世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても登録されている(ID868-023)。
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
モン・サン=ミシェルの位置
使用方法表示
モンサンミシェルにある家々
修道院下の狭い路地は店が立ち並び観光客で溢れている
修道院内部
陸地化が進んだ様子(2004年当時)

モン・サン=ミシェルMont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島であり、同名の修道院がある。モン・サン=ミシェルは「聖ミカエルの山」の意で、旧約聖書にその名が記される大天使・ミカエルのフランス語読みに由来する。行政上はル・モン=サン=ミシェルというコミューンを形成する。

カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年「モン・サン=ミシェルとその湾」としてユネスコ世界遺産文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。

地形[編集]

ノルマンディー地方南部・ブルターニュとの境に近いサン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られる。潮の満ち引きの差は15メートル以上ある。このため、湾の南東部に位置する修道院が築かれた岩でできた小島はかつては満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた。島の入口には潮の干満時刻を示した表示があり、満潮時には浜に降りないようにと記されている。最も大きい潮が押し寄せるのは満月と新月の28-36時間後といわれており、引き潮により沖合い18kmまで引いた潮が、猛烈な速度で押し寄せる。このためかつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたといい、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあった。

1877年に対岸との間に地続きの道路が作られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになった。しかし、これによって潮流をせき止めることとなり、100年間で2mもの砂が堆積してしまった。急速な陸地化が島の周囲で進行しており、島の間際まで潮がくることは滅多になくなりつつある。かつての姿を取り戻すべく2009年には地続きの道路が取り壊され、2010年には代替となる新たな橋がかけられることが計画されている。 なお、橋は現在建設中で2014年の完成を目指している。

サン・マロ湾に浮かぶモン・サン=ミシェル
修道院
1900年当時の満潮時の様子

世界遺産の厳島神社がある広島県廿日市市とは姉妹都市である。

イギリス海峡を挟んで英国コーンウォール州にある英語で同名のセント・マイケルズ・マウント英語版はモン・サン=ミシェルそっくりの小島で、古い城砦と教会がある。また、同じ聖ミカエルの修道院はアイルランド南西端の島であるスケリッグ・マイケルでもケルト人が始めており、モン・サン=ミシェルまで結んだ、これら3か所はほぼ一直線上に位置する。

建築物[編集]

主要部はゴシック様式だが、内部はさまざまな中世の建築方式が混ざり合って構成されている。教会堂はカロリング期の様式で、身廊はノルマン様式フランス語版1112世紀)、百年戦争後の1421年に破壊されたロマネスク様式の内陣はフランボワイアン・ゴシック様式(15世紀半ば~16世紀初頭)として再建された。これら周囲を13世紀の重層構造の修道院建築と13~15世紀の軍事施設が取り囲んでいる。ゴシック・リヴァイヴァル建築の鐘楼と尖塔は1897年に完成し、その上に奉られた剣と秤を持つ金のミカエル像は彫刻家エマニュエル・フレミエフランス語版によって製作された。深層部からは、岩山の上に幾層にもわたり建造され続けた建築遺構も残る。

モン・サン=ミシェルの歴史[編集]

この島はもともとモン・トンブ(墓の山)と呼ばれ先住民ケルト人が信仰する聖地であった。708年、アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受けたが、悪魔の悪戯だと思い信じなかった。再び同じ夢を見たが、また信じなかった。ついに3度目には大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、オベールは稲妻が脳天を走る夢を見た。翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ここに至って大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりである。966年にはノルマンディー公リシャール1世フランス語版ベネディクト会の修道院を島に建て、これが増改築を重ねて13世紀にはほぼ現在のような形になったものである。中世以来、カトリックの聖地として多くの巡礼者を集めてきた。 百年戦争の期間は島全体が英仏海峡に浮かぶ要塞の役目をしていた。モン・サン=ミシェルの入り口には今もイギリス軍が捨てていった大砲とその弾が残っている。 18世紀末のフランス革命時に修道院は廃止され1863年まで国の監獄として使用され、その後荒廃していたが、ヴィクトル・ユゴーの紹介がナポレオン3世を動かし、1865年に再び修道院として復元され、ミサが行われるようになった。19世紀には陸との間に堤防を造成して鉄道・道路ができ陸続きになり(鉄道は後に廃止)、フランス西部の有数の観光地となっている。 1979年にはユネスコ世界遺産に登録された。2006.8.5現在、3人の修道士が在住し、9人の修道女が近隣の町から通って運営に当たっている。

近年、堤防の影響により、島の周囲が砂洲化しつつあり、国家事業として、かつての「島」に戻すプロジェクトが進んでいる。2015年完成予定で、駐車場となっている堤防の代わりに橋でつなぎ、海流により堆積砂を取り除く。

入り口にある「プラールおばさん」(la Mère Poulard)のオムレツ(スフレリーヌ)が名物料理となっている。

世界遺産[編集]

1979年に登録され、2007年に緩衝地域が拡張された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

アクセス[編集]

  • パリモンパルナス駅からフランス高速鉄道TGVで約2時間半、レンヌ駅下車。レンヌ駅北口を出て右手すぐのバス乗り場から、モンサンミシェル行きのバスで約1時間20分。
  • パリモンパルナス駅からフランス高速鉄道TGVで約3時間、ドル・ド・ブルターニュ駅下車。ドル・ド・ブルターニュ駅を出て右手すぐのバス乗り場から、モンサンミシェル行きのバスで約30分。
  • パリから観光ツアーバスで約4時間。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg フランスの世界遺産
World Heritage Sites in France

文化遺産
モン=サン=ミシェルとその湾 | シャルトル大聖堂 | ヴェルサイユの宮殿と庭園 | ヴェズレーの教会と丘 | ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 | フォンテーヌブローの宮殿と庭園 | アミアン大聖堂 | オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」 | アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群 | フォントネーのシトー会修道院 | サラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産 | ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場 | サン=サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会 | ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋) | ストラスブールのグラン・ディル | パリのセーヌ河岸 | ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿 | ブールジュ大聖堂 | アヴィニョン歴史地区:教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋 | ミディ運河 | 歴史的城塞都市カルカソンヌ | フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | ベルギーとフランスの鐘楼群(ベルギーにまたがる) | リヨン歴史地区 | サン=テミリオン地域 | シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷 | 中世市場都市プロヴァン | オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル | 月の港ボルドー | ヴォーバンの防衛施設群 | アルビの司教都市 | コースセヴェンヌ、地中海の農耕・牧畜の文化的景観 | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | ノール=パ・ド・カレーの鉱業盆地
自然遺産
ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾 | ニューカレドニアのラグーン:サンゴ礁の多様性と関連する生態系 | レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群
複合遺産
ピレネー山脈のモン・ペルデュ(スペインにまたがる)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | フランスの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、フランスの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。