アーロン・エルキンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーロン・エルキンズAaron Elkins, 1935年7月24日 - )は、アメリカ合衆国推理作家である。ニューヨーク出身。

大学卒業後、大学教授を経てミステリー小説『Fellowship of Fear』でデビューした。1988年、『古い骨』でエドガー賞 長編賞を受賞した。

本格推理小説であるギデオン・オリヴァー教授シリーズ(別名スケルトン探偵シリーズ)で知られ、他に美術ミステリであるキュレータークリス・ノーグレンシリーズがある。また愛妻家としても知られ、ロマンス作家である妻のシャーロット・エルキンズとの共著も発表している。

作品一覧[編集]

ギデオン・オリヴァー教授シリーズ(スケルトン探偵シリーズ)[編集]

  • Fellowship of Fear (1982)
  • 暗い森 The Dark Place (1983)
  • 断崖の骨 Murder in the Queen's Armes (1985)
  • 古い骨 Old Bones (1987)
  • 呪い! Curses! (1989)
  • 氷の眠り Icy Clutches (1990)
  • 遺骨 Make No Bones (1991)
  • 死者の心臓 Dead Men's Hearts (1994)
  • 楽園の骨 Twenty Blue Devils (1997)
  • 洞窟の骨 Skeleton Dance (2000)
  • 骨の島 Good Blood (2004)
  • 水底の骨 Where There's a Will (2005)
  • 骨の城 Unnatural Selection (2006)
  • 密林の骨 Little Tiny Teeth (2007)
  • 原始の骨 Uneasy Relations (2008)
  • 騙す骨 Skull Duggery (2009)
  • 葡萄園の骨 Dying on the Vine (2012)

クリス・ノーグレンシリーズ[編集]

  • 偽りの名画 A Deceptive Clarity (1987)
  • 一瞬の光 A Glancing Light (1991)
  • 画商の罠 Old Scores (1993)

リー・オフステッドシリーズ(妻シャーロット・エルキンズとの共著)[編集]

  • プロゴルファー・リーの事件スコア
    • 怪しいスライス A Wicked Slice (1989年 / 2011年9月、寺尾まち子訳、集英社文庫)
    • 悪夢の優勝カップ Rotten Lies (1995年 / 2012年1月、寺尾まち子訳、集英社文庫)
    • 邪悪なグリーン Nasty Breaks (1997年 / 2012年5月、寺尾まち子訳、集英社文庫)
    • 疑惑のスウィング Where Have all the Birdies Gone? (2004年 / 2012年9月、寺尾まち子訳、集英社文庫)
    • On the Fringe (2005)

その他[編集]

  • 笑うオランダ人 Dutch Treat (1989):短編
  • 略奪 Loot (1999)
  • Turncoat (2002)

外部リンク[編集]