砂丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

砂丘(さきゅう)とは、によって運ばれたが堆積して出来た丘状の地形である。

概要[編集]

砂が十分あり、風が強く、乾燥しているところに出来やすい。北海に面するイギリスデンマークの海岸では町が数十年から数百年かけて複数の砂丘に埋められたり、砂丘の移動したあとに数百年前の町が現れたりすることがある。

砂丘の形状や規模は、卓越風の強さ、砂の供給量、地盤の原形、植物の植生などによって決定される[1]

砂丘は歴史的には、牧場マツの植林による松脂採集、果樹園、魚介類の干場、競馬場などとして利用されてきた[1]

鳥取大学農学部では、砂丘の緑化の研究が行われている。ただし、同学部の附属施設であった砂丘利用研究施設は、1990年以降は全国共同利用施設の乾燥地研究センターとなっている(管理は従来通り鳥取大学農学部が行っている)。

分類[編集]

縦砂丘・横砂丘
砂丘は卓越風に平行に形成される縦砂丘と直角に形成される横砂丘がある[1]
バルハン砂丘・放物線砂丘
砂丘は風下に角を向け馬蹄形をなすバルハン砂丘と風上に向かって急傾で風下にはなだらかな放物線砂丘(抛物線砂丘)に分類される[1]
堆積砂丘・侵食砂丘
砂丘は堆積砂丘侵食砂丘に分類される[1]
海岸砂丘・河畔砂丘・内陸砂丘
砂丘は存在する位置によって、海岸砂丘河畔砂丘内陸砂丘に分類される[1]
移動砂丘・固定砂丘
砂丘は固定の有無によって、固定されていない移動砂丘と固定されている固定砂丘に分類される[1]
灰砂丘・白砂丘
砂丘は植物の有無によって、植物に覆われている灰砂丘と植物のない白砂丘に分類される[1]

代表的な砂丘[編集]

日本の砂丘[編集]

青森県猿ヶ森砂丘防衛省の施設(弾道試験場)があり、一般人の立ち入りが制限されているために知名度こそ低いものの、面積は日本一である。

世界の砂丘[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.276 1951年 古今書院
  2. ^ 庄内砂丘(山形県鶴岡市観光連盟)
  3. ^ 庄内砂丘の海岸林トップページ(山形県)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]