パリのセーヌ河岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 パリのセーヌ河岸
フランス
セーヌ河岸の夜景
セーヌ河岸の夜景
英名 Paris, Banks of the Seine
仏名 Paris, rives de la Seine
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (4)
登録年 1991年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
パリのセーヌ河岸の位置
使用方法表示

パリのセーヌ河岸」(パリのセーヌかがん)は、フランスにあるユネスコ世界遺産のひとつ。首都パリを流れるセーヌ川の川岸のうち、シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8kmほどが登録対象となっている。これには、中州であるシテ島サン・ルイ島、および区域内に架かる橋も含まれている。

登録対象地区はパリの中心部であり、この都市が辿ってきた歴史がよく現れている。この地区には、ノートルダム大聖堂などの中世の建築群や、エッフェル塔などの近・現代建築群のように観光名所としてもよく知られた建築群が含まれる。また同時に、19世紀における優れた都市計画であり、全世界のその後の新興都市計画に影響を及ぼしたオスマン男爵によるパリ改造を限定的ながら例示するものともなっている。

登録対象[編集]

それぞれの河岸の物件は上流から順に並べている。

セーヌ右岸[編集]

セーヌ左岸[編集]

シテ島[編集]

サン・ルイ島[編集]

  • ランベール邸、ローザン邸 - ともにチュイルリー宮やルーヴル宮を手がけたルイ・ル・ヴォーの作品。
  • サン=ルイ=アン=リル教会

区間内の主な橋[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部リンク[編集]