自然遺産 (世界遺産)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルト湾内のジロラータ湾
梅里雪山(三江併流
四川省のジャイアントパンダ保護区

ユネスコが登録する世界遺産は、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されている。この項目では、そのうち「自然遺産」について扱う。

カテゴリー[編集]

自然遺産の評価は国際自然保護連合(IUCN)が行う。このため、自然遺産はIUCNによる自然保護区域分類が行われるのが普通である。

カテゴリーは以下のとおり(詳しくは自然保護地域カテゴリーを参照)。直後の物件名はそれに分類されている世界遺産の例である。

登録基準[編集]

自然遺産としての登録基準は以下のとおりである。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

基準 (7) のみが適用された物件には、サガルマータ国立公園ネパール)、キリマンジャロ国立公園(タンザニア)などがある。

基準 (8) のみが適用された物件には、ワディ・アル・ヒタン(エジプト)、フレデフォート・ドーム南アフリカ共和国)などがある。

基準 (9) のみが適用された物件には、白神山地(日本)、東レンネルソロモン諸島)などがある。

基準 (10) のみが適用された物件には、オカピ野生生物保護区コンゴ民主共和国)、ニョコロ=コバ国立公園セネガル)などがある。

基準が複数適用されている自然遺産も多くあり、4項目全てが適用された自然遺産も、グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)、テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランドグヌン・ムル国立公園マレーシア)、カナイマ国立公園ベネズエラ)、バイカル湖ロシア)など10以上存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]