ミヤコドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤコドリ
Haematopus ostralegus Norway.jpg
ミヤコドリ Haematopus ostralegus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: ミヤコドリ科 Haematopodidae
: ミヤコドリ属 Haematopus
: ミヤコドリ H. ostralegus
学名
Haematopus ostralegus
Linnaeus, 1758
和名
ミヤコドリ
英名
Eurasian Oystercatcher

ミヤコドリ(都鳥、学名:Haematopus ostralegus)は、チドリ目ミヤコドリ科に分類される鳥類の一種。

カモメ科の「ユリカモメ」のことを古代中世に「ミヤコドリ」と呼んでいたという説がある(古今和歌集に登場する都鳥など 詳しくはユリカモメの項を参照)。

形態[編集]

体長は45cmほどで、ハトより少し大きい。くちばしと足は長くて赤い。からだの上面は黒く、胸から腹、翼に白い部分がある。

分布[編集]

夏季(黄)、冬季(青)、周年(緑)
Haematopus ostralegus

北欧中央アジア沿海州カムチャツカ半島などで繁殖し、西欧アフリカ西岸、中東中国南部、日本にかけての海岸で越冬する。かつて日本では旅鳥または冬鳥として主に九州に渡来していたが、近年は東京湾でも定期的に観察されるようになった。海岸で小さな群れを作ってすごすことが多い。

生態[編集]

成鳥と雛

英名の「Oystercatcher」とは、カキなどの二枚貝を食べる習性に由来している。くちばしは上下に平たくて先が鋭く、わずかに口を開けた二枚貝に素早くくちばしを差し込み、貝柱を切断して殻を開け、中身を食べる。ほかにカニゴカイなども食べる。

また、アイルランド国鳥になっている。

亜種[編集]

3亜種に分けられる。[1]

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ James F. Clements, The Clements Checklist of the Birds of the World, Sixth Edition, (2007) P. 89.

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ミヤコドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類