チドリ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チドリ目
Charadrius melodus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : ネオアヴェス Neoaves
階級なし : コロナヴェス Coronaves ?
: チドリ目 Charadriiformes
学名
Charadriiformes Huxley, 1867
英名
Shorebirds
亜目

チドリ目(チドリもく、Charadriiformes)は鳥類の1つである。

チドリ類、カモメ類、アジサシ類などの水鳥海鳥を中心に19科、約390を含む。

特徴[編集]

世界中に分布し、主に湿地干潟川原などに住む淡水性ないし沿岸性の水鳥である。ただしイシチドリ科などは砂漠・半砂漠に住む。ウミスズメ科は沖合いに住む海鳥である。

主になどの小動物を捕食する。ただしヒバリシギなどは種子食、サヤハシチドリ科腐肉食である。カモメ亜目も部分的に腐肉食である。

系統と分類[編集]

系統樹[編集]

チドリ目の内部系統は Baker et al. (2007)[1]; Ödeen et al. (2010)[2]; Pereira & Baker (2010)[3]より。


チドリ目
チドリ亜目
サヤハシチドリ亜目

イシチドリ科 Burhinidae




サヤハシチドリ科 Chionidae



マゼランチドリ科 Pluvianellidae




狭義のチドリ亜目





ミヤコドリ科 Haematopodidae



トキハシゲリ科 Ibidorhynchidae




セイタカシギ科 Recurvirostridae




ムナグロ科 Pluvialidae




チドリ科 Charadriidae




ナイルチドリ科 Pluvianidae





シギ亜目
ヒバリチドリ亜目


タマシギ科 Rostratulidae



レンカク科 Jacanidae





クビワミフウズラ科 Pedionomidae(旧ツル目)



ヒバリチドリ科 Thinocoridae




狭義のシギ亜目

シギ科 Scolopacidae



カモメ亜目
ミフウズラ亜目

ミフウズラ科 Turnicidae(旧ツル目)


狭義のカモメ亜目


カニチドリ科 Dromadidae



ツバメチドリ科 Glareolidae





カモメ科 Laridae




トウゾクカモメ科 Stercorariidae



ウミスズメ科 Alcidae









? landbirdsスズメ目など)



系統位置[編集]

チドリ目の系統位置について有力な説では、チドリ目は現生鳥類の大半を占める Coronaves の一員である。Coronaves は3~4の系統に分かれ、チドリ目は唯一、1目で1系統をなす[4][5][6]。チドリ目の姉妹群は、スズメ目などからなる「landbirds」である可能性が高い[6]。ただしこれらには異論もある[7]

古くはツル目ハト目と近縁だとする説もあった[8]

亜目と科[編集]

チドリ目は系統的に3亜目に分かれる[9][1][10][11]

科は国際鳥類学会議 (IOC)[12]の分類では19科約390種が属す。かつてツル目ミフウズラ亜目に分類されていた2科18種を含む。チドリ科シギ科カモメ科の3科にチドリ目の約7割の種が属する。

チドリ亜目 Charadrii[編集]

シギ亜目 Scolopaci[編集]

カモメ亜目 Lari[編集]

他の分類[編集]

科はIOCの分類で表す。

6亜目[編集]

3亜目をそれぞれ姉妹群となる2亜目ずつに分割し6亜目とする説もある[14]

サヤハシチドリ亜目 Chionidi
イシチドリ科サヤハシチドリ科マゼランチドリ科
チドリ亜目 Charadrii
ミヤコドリ科トキハシゲリ科セイタカシギ科チドリ科ナイルチドリ科
ヒバリチドリ亜目 Thinocori
タマシギ科レンカク科クビワミフウズラ科ヒバリチドリ科
シギ亜目 Scolopaci
シギ科 Scolopacidae
ミフウズラ亜目 Turnici
ミフウズラ科
カモメ亜目 Lari
カニチドリ科ツバメチドリ科カモメ科トウゾクカモメ科ウミスズメ科

旧3亜目[編集]

伝統的にチドリ目は、現在とは異なる3亜目に分けられていた[15]。また、2科はツル目に分類されていた。しかしこれらの分類は系統的ではない。

科は現在の科で示す。

チドリ亜目 Charadrii
以下の科以外の全て
カモメ亜目 Lari
カモメ科トウゾクカモメ科
ウミスズメ亜目 Alcae
ウミスズメ科
ツル目ミフウズラ亜目 Turnices
ミフウズラ科クビワミフウズラ科

Sibley & Ahlquist[編集]

Sibley & Ahlquist (1990) では、コウノトリ目チドリ亜目チドリ下目 Charadriides が、ほぼ現在のチドリ目にあたる。ただし彼らのチドリ下目は、クビワミフウズラ科も含んでいたが、ミフウズラ科はミフウズラ目として独立していた。

チドリ亜目は2小目に別れ、シギ小目 Scolopacida は現在のシギ亜目、チドリ小目 Charadriida はチドリ亜目+カモメ亜目(ただしミフウズラ科を除く)にあたる。ただし実際は、シギ小目は単系統だが、チドリ小目は(ミフウズラ科を含まないことを別にしても)単系統ではなく側系統である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Baker, Allan J.; Pereira, Sérgio L.; Paton, Tara A. (2007), “Phylogenetic relationships and divergence times of Charadriiformes genera: multigene evidence for the Cretaceous origin of at least 14 clades of shorebirds”, Biol Lett. 3 (2): 205–209, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2375939/ 
  2. ^ Ödeen, Anders; Håstad, Olle; Alström, Per (2010), “Evolution of ultraviolet vision in shorebirds (Charadriiformes)”, Biol. Lett. 6: 370–374, doi:10.1098/rsbl.2009.0877 
  3. ^ Pereira, Sergio L.; Baker, Allan J. (2010), “The enigmatic monotypic crab plover Dromas ardeola is closely related to pratincoles and coursers (Aves, Charadriiformes, Glareolidae)”, Genetics and Molecular Biology 33 (3): 583-586, http://www.scielo.br/pdf/gmb/v33n3/33.pdf 
  4. ^ Ericson, Per G.P.; et al. (2006), “Diversification of Neoaves: integration of molecular sequence data and fossils”, Biol. Lett. 2: 543-547, http://www.cajsalisa.net/pdf/neoaves.pdf 
  5. ^ Ericson, Per G.P. (2008), “Current perspectives on the evolution of birds”, Contributions to Zoology 77 (2): 109-116 
  6. ^ a b Hackett, SJ.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763-1768 
  7. ^ Matr, Gerald (2011), “Metaves, Mirandornithes, Strisores and other novelties – a critical review of the higher-level phylogeny of neornithine birds”, J. Zool. Syst. Evol. Res. 49 (1): 58–76, doi:10.1111/j.1439-0469.2010.00586.x 
  8. ^ 森岡浩之 (2006), “鳥綱”, in 松井正文, 脊椎動物の多様性と系統, バイオディバーシティ・シリーズ 7, 裳華房, ISBN 4-7855-5830-0 
  9. ^ Thomas, Gavin H.; Wills, Matthew A.; Székely, Tamás (2004), “A supertree approach to shorebird phylogeny”, BMC Evol Biol. 4 (28), doi:10.1186/1471-2148-4-28, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC515296/ 
  10. ^ Matthew, G. Fain; Houde, Peter (2007), “Multilocus perspectives on the monophyly and phylogeny of the order Charadriiformes (Aves)”, BMC Evolutionary Biology 7 (35), doi:10.1186/1471-2148-7-35 
  11. ^ SACC; AOU, eds., “Part 2. Accipitriformes to Charadriiformes”, A classification of the bird species of South America, http://www.museum.lsu.edu/~Remsen/SACCBaseline02.html 
  12. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), “Shorebirds and allies”, IOC World Bird Names, version 3.1, http://www.worldbirdnames.org/n-shorebirds.html 
  13. ^ Baker, Allan J.; Pereira, Sérgio L. (2009), “Shorebirds (Charadiiformes)”, in Hedges, S. Blair; Kumar, Sudhir, The Timetree of Life, Oxford University Press, p. 432–435, ISBN 978-0199535033 
  14. ^ Berry, Lainie, Shorebird ecology and migration, Shorebirds 2020 Project, http://www.shorebirds.org.au/powerpoint/shorebird_migration_&_ecology_(FILEminimizer).ppt 
  15. ^ 松井正文, ed. (2006), “鳥綱分類表”, 脊椎動物の多様性と系統, バイオディバーシティ・シリーズ 7, 裳華房, ISBN 4-7855-5830-0