キジカモ類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キジカモ類
Phasianus versicolor in field.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎類 Neognathae
階級なし : キジカモ類 Galloanserae
学名
Galloanserae Sibley et al., 1988
シノニム

Galloanseri

英名
fowl

キジカモ類Galloanserae)は、鳥類分類の1グループである。現生ではキジ目(分類体系によってはキジ上目)とカモ目からなる。

現生鳥類を含む系統である新鳥類は、原始的な古顎類と進化的な新顎類に大きく分かれるが、新顎類はさらに、原始的なキジカモ類と進化的な Neoaves に分かれる。

このグループが単系統であることは J. Cracraft (1981) が指摘し、Sibley, Ahlquist & Monroe (1988) が Galloanserae と命名し分類に取り入れた。多くの分類体系では階級を与えないが、Sibley分類体系では小綱に位置づける。

系統[編集]

新鳥類

古顎類


新顎類
キジカモ類

キジ目



カモ目




Neoaves




分類[編集]

現生キジカモ類の目分類はほとんどの分類学者で一致するが、Sibleyらはキジ目のうちホウカンチョウ科とツカツクリ科をホウカンチョウ目として独立させた。ただし、このホウカンチョウ目は側系統と推定されている。キジ目のうち最初に分岐した系統については他にホウカンチョウ科説とツカツクリ科説があったが、分子系統によればホウカンチョウ科が最初に分岐したようである。

Sibley分類体系上の位置[編集]

上位分類[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

下位分類[編集]

外部リンク[編集]