ノガンモドキ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノガンモドキ目
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : Neoaves
: ノガンモドキ目 Cariamiformes
シノニム

Cariamae Fürbringer, 1888

ノガンモドキ目(ノガンモドキもく、学名:Cariamiformes, Cariamae)は、鳥類の1である。

ノガンモドキ目と訳しうる分類群には2つある。1つは、ツル目のうちノガンモドキ科および似た化石科をまとめたノガンモドキ亜目 Cariamae を目とみなすときの訳語である。もう1つは、分子系統にもとづきノガンモドキ科を独立目とした Cariamiformes である[1]。この2つが同じである保証はないが、ここでは便宜的に、2つの「ノガンモドキ目」は同じものとみなすこととする。

ノガンモドキ目の現生科はノガンモドキ科のみである。絶滅科として、漸新世から鮮新世にかけて生息していた飛べない肉食鳥フォルスラコス科フォルスラコスなど)などがいた。

主に南米産。地上性で、飛べない鳥が多い。ノガンモドキ科は飛ぶことはできるがあまり得意ではなく、基本的に地上性である。

正確な系統的位置は不確実だが、分子的な系統樹[2]によると、ノガンモドキは、ツル目ではなく、スズメ目+オウム目+ハヤブサ目姉妹群のようである。ノガンモドキとフォルスラコスをともにツル目に分類した従来の分類は間違っていたようである。

脚注[編集]

  1. ^ IOC World Bird List 2.4 Frank Gill, David Donsker and the IOC team
  2. ^ Hackett, SJ.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763-1768