キツツキ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キツツキ目
BlackWoods.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : ネオアヴェス Neoaves
: キツツキ目 Piciformes
学名
Piciformes Meyer & Wolf, 1810
亜目

キツツキ目(キツツキもく、学名 Piciformes)は鳥類の目である。

特徴[編集]

形態[編集]

(あしゆび)が前2本、後ろ2本の対趾足(たいしそく)である(通常、鳥の趾は前3本、後ろ1本)。

対趾足は他にオウム目カッコウ目が持つが、キツツキ目は趾のが特殊な形状であり、他のグループと明確な差異がある。

生態[編集]

孵化したヒナは目が開いておらず、綿毛も生えない晩成性である。

分類[編集]

キツツキ目はキツツキ亜目 Piciキリハシ亜目 Galbulae に分かれる。

以前はこれらは別系統という説もあり(具体的にそれぞれが何に近いかは諸説あった)、Sibley & Ahlquist はそれぞれを独立目のキツツキ目とキリハシ目 Galbuliformes に分割し、別々の上目に分類した。なお、この狭義のキツツキ目と区別したいとき、キリハシ類を含む広義のキツツキ目を Piciformes sensu Wetmore 1960 と表す。

しかし、2000年代の分子系統学的研究によれば、2つの亜目は単系統かつ姉妹群で、キツツキ目全体も単系統である[1][2]。また、キツツキ亜目を構成する2つの下目(あるいは上科)も単系統で姉妹群である。

キツツキ目の姉妹群はブッポウソウ目(狭義、サイチョウ目オオブッポウソウ目を除く)である。キツツキ目は伝統的な広義のブッポウソウ目(サイチョウ目・オオブッポウソウ目を含む)には内包される[2]



オオブッポウソウ目



キヌバネドリ目




サイチョウ目




ブッポウソウ目


キツツキ目
キリハシ亜目

キリハシ科 Galbulidae



オオガシラ科 Bucconidae



キツツキ亜目
オオハシ下目

オオゴシキドリ科 Megalaimidae




オオハシ科 Ramphastidae



ハバシゴシキドリ科 Lybiidae




キツツキ下目

キツツキ科 Picidae



ミツオシエ科 Indicatoridae








科と亜科[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Johansson, Ulf S.; Ericson, Per G. P. (2003), “Molecular support for a sister group relationship between Pici and Galbulae (Piciformes sensu Wetmore 1960)”, J. Avian Biol. 34 (2): 185–197, doi:10.1034/j.1600-048X.2003.03103.x, http://www.nrm.se/download/18.4e32c81078a8d9249800021325/Johansson%2520&%2520Ericson%2520-%2520Piciformes%5B1%5D.pdf 
  2. ^ a b Hackett, S. J.; Kimball, Rebecca T.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320 (5884): 1763–1768 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]