キジ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キジ目
Crested.wood.partridge.750pix.jpg
東南アジア産のカンムリシャコのペア。
手前がメス、オスには冠羽が発達する。
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : キジカモ類 Galloanserae
: キジ目 Galliformes
学名
Galliformes Temminck1820

キジ目(キジもく、学名:Galliformes)とは鳥類の分類のひとつ。キジツカツクリ、家禽のニワトリなどが含まれる。

特徴[編集]

ずんぐりとしたからだつきで、脚は太く、短くて先端が丸くなった翼を持つ。飛行能力は低く長距離を飛ぶことはないが、飛行は直線的で力強い。ホウカンチョウ科のみ樹上性だが、ほとんどは地上性で、歩き回りながら、草の葉や実、昆虫などをたべる。

多くの種で羽などが雌雄二形を示し、クジャクに著しい。雄は派手な羽色をし、大きな尾羽を持っている。これに対し、雌は地味な姿をしている。雄は繁殖時に派手な羽を使って、求愛のディスプレイをする。

一部の種では頭頂部に鶏冠(とさか)、のどに肉垂がある。キジ科のオスなどに蹴爪(けづめ)を持つ種もいる。

分類[編集]

5科に分ける分類[1]が一般的である。

このほか、キジ科からシチメンチョウ科とライチョウ科を独立させる説[2]、シチメンチョウ科のみを独立させる説[3]、ツカツクリ科とホウカンチョウ科以外の全てをキジ科に含める説もある。

異論は基本的に、進化的グループのどこまでをキジ科に含めるかどうかであり、原始的なツカツクリ科とホウカンチョウ科については異論は少ない。

ツカツクリ科 Megapodiidae 
東南アジアニューギニアオーストラリアを中心に生息する。抱卵をせず卵を落ち葉の中などに埋め、落ち葉の発酵熱や太陽熱などを利用して孵化させる。
ホウカンチョウ科 Cracidae 
中央アメリカ南アメリカに生息する。地上性の鳥だが、樹上に巣を作ることも多い。
ホロホロチョウ科 Numididae 
ホロホロチョウ
ナンベイウズラ科(ハウズラ科) Odontophoridae 
ギアナウズラなど
キジ科 Phasianidae 
キジウズラクジャクコジュケイニワトリライチョウシチメンチョウ
シチメンチョウ科 Meleagrididae
キジ科に含めることが多い。
ライチョウ科 Tetraonidae
キジ科に含めることが多い。
ツメバケイ科(ホーアチン科) Opisthocomidae
ツメバケイ目の唯一の科だが、以前はキジ目に含めることもあった。

系統[編集]

Hackett et al. の分子系統による[4]

キジカモ類
キジ目

ツカツクリ科




ホウカンチョウ科


狭義のキジ目

ホロホロチョウ科




キジ科



ナンベイウズラ科







カモ目



ホウカンチョウ科、ツカツクリ科の順に分岐したとする説もある。

ホウカンチョウ目[編集]

Sibley & Ahlquist は、ツカツクリ科、ホウカンチョウ科を合わせてキジ目から独立したホウカンチョウ目としていた。

これは系統分類を目指したものであったが、実際には系統樹を見ればわかるとおり、ホウカンチョウ目は側系統であり系統分類的ではなかった。一方、これらを除いた狭義のキジ目単系統と思われる。

脚注[編集]

  1. ^ Tree of Life web projectNCBI Taxonomy Browser英語版ウィキペディア、および目分類は異なるが Sibley & AhlquistITIS
  2. ^ Clements
  3. ^ Wikispecies
  4. ^ Hackett, SJ.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763-1768 
執筆の途中です この項目「キジ目」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類