カモ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カモ目
Mallard drake flight.jpg
飛び立つマガモ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
Wagler, 1831

カモ目(カモもく、学名Anseriformes)は、鳥類の分類名称のひとつ。

湖沼や河川、沿岸部にすむ水鳥である。ずんぐりとした体格をし、水かきのある短めの脚が体の後方についている。首は比較的長く、幅広で平らなクチバシをもつ。渡りをする種が多い。

日本においてカモ目カモ科に属する大型の水鳥をガン、さらに大型で白いもの(例外あり)をハクチョウと呼ぶ。

分類[編集]

カモ目 Anseriformes[編集]

サケビドリ科[編集]

ツノサケビドリ(1種)、サケビドリ(2種)の2属3種からなる。[1]

カササギガン科[編集]

カササギガン1種からなる。

カモ科[編集]

カモ目の鳥のほとんどが含まれる。いくつかの亜科に分けられている。

脚注[編集]

  1. ^ 『コンサイス鳥名事典』、吉井正一 監修、三省堂編集所 編、三省堂、1988年

参考文献[編集]

  • 『WATERFOWL An identification guide to the ducks,geese and swans of the world』,Steve Madge & Hilary Burn,Houghton Mifflin Company,1988年

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「カモ目」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類