サケイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サケイ科
クリムネサケイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : ネオアヴェス Neoaves
: サケイ目 Pterocliformes
: サケイ科 Pteroclidae
学名
Pteroclidae
Bonaparte, 1831
シノニム

Pteroclididae

和名
サケイ(沙鶏)
英名
Sandgrouse

サケイ科(サケイか、学名 Pteroclidae)は、鳥類の1科である。

サケイ(沙鶏)と呼ばれるが[1]、「サケイ」はうち1種の和名でもある。

名称[編集]

学名は従来は主に Pteroclididae が使われてきたが、Bonaparte により最初に記載された学名は Pteroclidae である。文法的にどちらが正しいかについては議論があるが、現在の国際動物命名規約 (ICZN) は文法的誤りを理由とした学名の変更を認めていない。そのため学名として正しいのは Pteroclidae である[2][3]

和名(漢名)の「沙鶏」は「砂漠に住む鷓鴣」の意味である[1]

特徴[編集]

ユーラシアアフリカ砂漠・半砂漠・サバンナに生息する[1]

全長23–41cm[1](くちばし)は短い[1]。脚は短く、は3前趾足で、後趾が縮小ないし消失している[4]。羽色は地味な褐色で、白い斑点がある[1]。初列風切は11枚[4]

地上性で種子昆虫を食べる。地上のくぼみに巣材を敷いただけのを作り、雛は離巣性[4]。子育て時は、巣から離れた水場で水を飲み、腹の羽毛に水を含ませて巣に帰り雛に飲ませる[1]

系統と分類[編集]

現代的な分類では、単型のサケイ目を構成する[5]

Fürbringer (1888); Gadow (1893); Stegmann (1968) などにより、ハト目との骨格の共通点が指摘され[6]、伝統的にはハト目に含められてきた。ただし、ハト科とは相違点も多いため、サケイ亜目 Pterocletes としてハト亜目 Columbae とは区別されていた。

Sibley分類ではハト目から外されたが、チドリ目ミフウズラ科以外)の姉妹群とされ、同じコウノトリ目チドリ亜目にサケイ下目 Pteroclides として分類された。実際はチドリ目とは類縁性はない。

サケイ目の系統的位置は、Neoaves の一員という以上には確定していない。Ericson (2006) ではハト目とサケイ目が姉妹群とされたが[7]、より多い遺伝子による Hackett (2008) では、((ハト目+クイナモドキ目)+サケイ目)、つまり近くはないが姉妹群ではないという関係が、非常に弱く支持されるにとどまる)[8]。分子系統は未確定とし、形態から、ハト目とサケイ目を姉妹群とみなすべきだとも意見もある[6]

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC) の分類による[5]。2属16種からなる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 竹下信雄, “サケイ”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, 小学館, http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%B5%E3%82%B1%E3%82%A4/ 
  2. ^ Chesser, Terry, “Change name of the family Pteroclididae (sandgrouse) to Pteroclidae”, N&MA Classification Committee: Proposals 2011-B, p. 21–22 
  3. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2012), “TAXONOMY UPDATES”, IOC World Bird Names, version 3.0G, http://www.worldbirdnames.org/updates-tax.html 
  4. ^ a b c 森岡弘之 (2006), “ハト目”, in 松井正文, 脊椎動物の多様性と系統, バイオディバーシティ・シリーズ 7, 裳華房, ISBN 4-7855-5830-0 
  5. ^ a b Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), “Sandgrouse & Pigeons”, IOC World Bird Names, 2.11, http://www.worldbirdnames.org/n-sandgrouse.html 
  6. ^ a b Matr, Gerald (2011), “Metaves, Mirandornithes, Strisores and other novelties – a critical review of the higher-level phylogeny of neornithine birds”, J. Zool. Syst. Evol. Res. 49 (1): 58–76, doi:10.1111/j.1439-0469.2010.00586.x 
  7. ^ Ericson, Per G. P.; Anderson, Cajsa L.; et al. (2006), “Diversification of Neoaves: integration of molecular sequence data and fossils”, Biol. Lett. 2 (4): 543–547, doi:10.1098/rsbl.2006.0523, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1834003/ 
  8. ^ Hackett, S. J.; Kimball, Rebecca T.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763–1768