ツル目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツル目
Mandschurenkranich02.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : Neoaves
: ツル目 Gruiformes
学名
Gruiformes Bonaparte[1]1854
科(現生)

ツル目(ツルもく、学名:Gruiformes)は鳥類の分類の1である。

「ツル目」という名だが、属数・種数的には大部分はクイナ科であり、クイナ科といくつかの小さな科からなる。ただしそのうちいくつかは、別系統だと判明し外されている[2]

特徴[編集]

首と脚が長いツル科、ずんぐりとした体形のミフウズラ科など、雑多なメンバーが含まれるグループである。クイナ科には飛べない鳥もいる。

雛は生まれた時から綿羽で覆われている早成性である。タンチョウが見せる「ツルの舞い」の様に、多くのツル目の種では求愛ダンスが発達している。

分類[編集]

現在の科[編集]

以前は core‐gruiformes(「ツル目の中核」の意味)と呼ばれていたグループである。

新目に移された科[編集]

これらの目はジャノメドリ目以外は、かつてはそれぞれ亜目とされていた。ジャノメドリ目は、近縁と判明したジャノメドリ亜目とカグー亜目を合わせたものである。

別目に移された科[編集]

外観がウズラに似た小型の鳥。以前はミフウズラ亜目 Turnices とされていた。

Sibley らはミフウズラ科を単独のミフウズラ目とし、クビワミフウズラ科を(チドリ目とともに)コウノトリ目に含めた。Sibley がツル目の範囲を変えたのはこれだけである。

Paton et al., 2003; Fain & Houde, 2004 はミフウズラ科をチドリ目に含めた。

絶滅科[編集]

これらはノガンモドキ亜目 Cariamae に属していた科だが、分子系統によるノガンモドキ目 Cariamiformes に属すかどうかは不明である。

系統[編集]

カッコウ目やノガン目と近縁なようである[3]


ツル目



ツル科 Gruidae



ツルモドキ科 Aramidae




ラッパチョウ科 Psophiidae





クイナ科 Rallidae




キボシクイナ科 Sarothruridae



ヒレアシ科 Heliornithidae






カッコウ目



ノガン目



脚注[編集]

  1. ^ en:Charles Lucien Bonaparte or en:José Bonaparte
  2. ^ IOC World Bird List 2.4 Frank Gill, David Donsker and the IOC team
  3. ^ Hackett, SJ.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763-1768 

関連項目[編集]