ホウカンチョウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホウカンチョウ科
オオホウカンチョウ
オオホウカンチョウ Crax rubra
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: ホウカンチョウ科 Cracidae
Vigors, 1825

ホウカンチョウ科(ホウカンチョウか、Cracidae)は、動物界脊索動物門鳥綱キジ目に属する科。模式属ホウカンチョウ属

分布[編集]

北アメリカ大陸南アメリカ大陸トリニダード・トバゴ[1][2][3][4]

形態[編集]

メスよりもオスの方が大型になる種が多い[3]。頭部は小型で、頸部は細長い[3][4]。尾羽は長くて幅広く、先端が丸みを帯びる(円尾)[3][4]。翼は短く、丸みを帯びる[3]

後肢や趾は長い[4]。第1趾もやや長く、第2-4趾と同じ高さに位置する[4]

卵は大型[3]。殻は白や淡黄色[4]

分類[編集]

フランスの始新世の地層から4属9種の化石種が発見され、キジ目内の科でも最も古い[4]

ニクダレシャクケイ属 Aburria

ムネアカシャクケイ属 Chamaepetes

ホウカンチョウ属 Crax

 Mitu

カンムリホウカンチョウ属 Nothocrax

ツノシャクケイ属 Oreophasis

ヒメシャクケイ属 Ortalis

 Pauxi

シャクケイ属 Penelope

クロヒメシャクケイ属 Penelopina

ナキシャクケイ属 Pipile

生態[編集]

熱帯雨林河畔林低木林などに生息する[3]。樹上棲の種が多い[3][4]

食性は植物食もしくは植物食傾向の強い雑食で、植物の葉、果実種子昆虫両生類、小型哺乳類などを食べる[3][4]

繁殖形態は卵生。多くの種で婚姻形態は一夫一妻[4]。主に樹上や茂みの中に木の枝や枯れ葉などを組み合わせた巣を作り、2-4個の卵を産む[3][4]。メスのみが抱卵する[3]

人間との関係[編集]

生息地では食用とされる事もある。

開発や放牧などによる生息地の破壊、食用の乱獲などにより生息数は減少している種もいる[1][2][3][4]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ2 アマゾン』、講談社2001年、56-63、133-134頁。
  2. ^ a b c 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社、2001年、66-67、186-188頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥I』、平凡社1986年、152-153、155頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』、東京動物園協会、1987年、8-9、25-40、163-166頁。

関連項目[編集]