オオハシ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオハシ科
シロムネオオハシ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キツツキ目 Piciformes
亜目 : キツツキ亜目 Pici
下目 : オオハシ下目 Ramphastides
上科 : オオハシ上科 Ramphastoidea
: オオハシ科 Ramphastidae
学名
Ramphastidae Vigors1825
タイプ属
Ramphastos
和名
オオハシ(大嘴)
英名
Toucans

オオハシ科(おおはしか、学名 Ramphastidae)は、鳥類キツツキ目の科である。

オオハシ(大嘴)と総称される。小型のものはチュウハシ(中嘴)とも呼ぶ。

特徴[編集]

分布[編集]

中南米カリブ諸島は除く)に生息する。

アルゼンチン北部、エクアドルエルサルバドルガイアナグアテマラコスタリカコロンビアスリナムニカラグアパナマブラジルフランス仏領ギアナ)、ベネズエラベリーズペルーボリビアホンジュラスメキシコ南部。

形態[編集]

全長30–60cm[1]。最大種はオニオオハシで全長66cm。

は大型で、薄い角質で覆われ、中が中空で多数の骨質の支えがある。嘴が大型化した原因については不明だが、細い枝の先にある果実を捕食できる、警告色、個体識別に役立つなどの説がある。

最近の研究によると、オニオオハシでは、嘴内の微細な血管を通じ、体内の熱を逃がす「ラジエーター」の役割をしている。

生態[編集]

熱帯雨林に生息する。一部の種では夜間に樹洞の中で休む。

食性は植物食傾向の強い雑食で、主に果実を食べるが、昆虫、小型爬虫類、鳥類の卵や雛なども食べる。

樹洞に卵を産む。雌雄交代で抱卵する。育雛も雌雄共に行う。

系統と分類[編集]

系統樹は Moyle (2004)[2]などより。

オオハシ下目

オオハシ上科

ゴシキドリ科 Capitonidae



オオハシゴシキドリ科 Semnornithidae


オオハシ科


チュウハシ属 Pteroglossus




ミドリチュウハシ属 Aulacorhynchus




コチュウハシ属 Selenidera



ヤマオオハシ属 Andigena






オオハシ属 Ramphastos





ハバシゴシキドリ科 Lybiidae




オオゴシキドリ科 Megalaimidae



オオハシ下目は伝統的にオオハシ科とゴシキドリ科に分けられてきたが、ゴシキドリ科は側系統であり4科に分割された。このうち、(狭義の)ゴシキドリ科とオオハシゴシキドリ科を独立科とせずオオハシ科に含める説がある。しかし、オオハシ類とゴシキドリ類の形態上の顕著な相違点から、別科とすることが多い。

分類[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[3][4] による。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などに伴い生息数は減少している種もいる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浦本昌紀, “オオハシ”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, 小学館 
  2. ^ Moyle, R.G. (2004), “Phylogenetics of barbets (Aves: Piciformes) based on nuclear and mitochondrial DNA sequence data”, Mol. Phylogenet. Evol. 30: 187–200 
  3. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “Woodpeckers & allies”, IOC World Bird Names, version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-woodpeckers.html 
  4. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “Taxonomic Updates”, IOC World Bird Names, version 2.6 Draft, http://www.worldbirdnames.org/updates-tax.html 
執筆の途中です この項目「オオハシ科」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類