ホンジュラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンジュラス共和国
República de Honduras
ホンジュラスの国旗 ホンジュラスの国章
国旗 国章
国の標語:Libre, Soberana, Independiente
(スペイン語: 自由、主権、独立)
国歌ホンジュラスの国歌(汝の旗は天国の光)
ホンジュラスの位置
公用語 スペイン語
首都 テグシガルパ
最大の都市 テグシガルパ
政府
大統領 フアン・オルランド・エルナンデス
首相 なし
面積
総計 112,090km2100位
水面積率 0.2%
人口
総計(2008年 7,466,000人(96位
人口密度 61人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 2,678億[1]レンピラ (L)
GDP(MER
合計(2008年 141億[1]ドル(111位
GDP(PPP
合計(2008年 327億[1]ドル(109位
1人あたり 4,268[1]ドル
独立
 - 日付
スペインより
1821年9月15日
通貨 レンピラ (L)(HNL
時間帯 UTC -6(DST:導入していない)
ISO 3166-1 HN / HND
ccTLD .hn
国際電話番号 504

ホンジュラス共和国(ホンジュラスきょうわこく)、通称ホンジュラスは、中央アメリカ中部に位置する共和制国家。西にグアテマラ、南西にエルサルバドル、南東にニカラグアと国境を接しており、北と東はカリブ海、南はフォンセカ湾を経て太平洋に面している。大陸部のほかに、カリブ海岸にスワン諸島バイーア諸島を領有している。首都テグシガルパ

国名[編集]

正式名称はスペイン語でRepública de Honduras。通称、Honduras

公式の英語表記はRepublic of Honduras。通称、Honduras

日本語の表記はホンジュラス共和国。通称、ホンジュラス

「ホンジュラス」は英語読みであり、スペイン語では「オンドゥラス」と発音する。この名の由来は、クリストーバル・コロンが1502年にこの地に上陸しようとして船のを降ろしたが、海底まで届かなかったため、この地を「オンドゥラ(hondura、スペイン語で「深さ」、「深み」を意味する名詞)」と名付けたことによるという説が最も有名で一般的であるが、その他にも北西部の海岸に多くのヒカロの木が沈んでいたためなどの説がある。

歴史[編集]

先コロンブス期[編集]

先古典期段階ではオルメカ文明の影響力が強く、例えば、北東部コロン県にあるクヤメル洞窟がオルメカ文明に並行する紀元前1200年から同400年ごろに埋葬がなされ、オルメカ様式の長頸壺や「炎の眉」をもつ蛇を刻んだ鉢などが確認されている。やや時代が下って、前800年頃に国土の西端にあるモタグァ川流域のコパンでもグループ9N-8などでやはり同様な遺物が確認されている。先古典期中期から終末にかけて、コパンより東方のヨホア湖北岸にあるロス・ナランホス、ホンジュラス中央部ラパス県に位置するヤルメラが建設された。後者は30haもの規模を持つ大センターで、現在のところ、15基の建造物が確認されている。そのうち、建造物101号は、南北70m,東西110m、高さ20mに達する壮大なピラミッドであった。一方、ロス・ナランホスでは高さ19mに達するピラミッドが築かれ、周囲には、幅20m、深さ7mで、全長2kmを超える堀や防壁がめぐらされた。

祭壇Q。左から2番目に初代キニチ・ヤシュ・クック・モー、それに向かい合っているのが16代のヤシュ・パサフである

古典期にはいると、モタグァ川流域のコパンで、426年テオティワカンの影響を強く受けた人物[2]キニチ・ヤシュ・クック・モーが新王朝を興した。コパンの全盛は第12代の「煙イミシュ」(位628年-695年)と13代の「18ウサギ」ないしワシャクラフン・ウバフ・カウィール(位695年-738年)のときで、神殿20、 21、22と新しい球戯場を築くとともに、モタグア川上流、現グアテマラ領東端のキリグアに「カウアク空」ないしカック・ティリウを擁立し、その勢威を誇った。しかし、738年に当のカック・ティリウのために殺害され、以後、コパンは衰退することになる。

しかし、15代の「煙貝」もしくはカック・イピヤフ・チャン・カウィール(位749年-761年?)の築いた「神聖文字の階段」と呼ばれる神殿26号が753年に完成し、16代のヤシュ・パサフ(位763年-810年?)が776年に16代にわたる王の肖像を刻んだ祭壇Qを刻んだことが特記される。コパンが没落すると、衛星都市が紋章文字をもつようになって一時的に繁栄するが、古典期の終末までには放棄されていく。

スペイン植民地時代[編集]

海賊からの防衛のためにスペイン人によって建設された要塞

1502年にはヨーロッパ人としてはじめてコロンブスが4度目の航海で到来した。1519年スペインエルナン・コルテスアメリカ大陸に上陸。1521年アステカ帝国征服の余勢を駆ってこの地も征服した。

スペイン人がインディヘナを武力で服従させると、グアテマラ総督領スペイン語版英語版として支配を行った。この地から豊富な金や銀などが産出するとスペイン人の植民が進んだ。インディヘナの中で最も大きな反スペイン運動となったのは、レンピーラというカシーケ(酋長)が1537年に起こしたものだったが、この反乱が鎮圧されると以降植民地化が進み、ホンジュラスもグアテマラ総督領スペイン語版英語版の一部に組み入れられた。1570年代にテグシガルパ周辺で銀山が発見されたが、このブームはすぐに終焉した。

解放と独立[編集]

19世紀前半にはインディアス植民地各地のクリオージョ達の間で独立の気運が高まった。1789年のフランス革命以来のヨーロッパの政治的混乱の中、ナポレオン戦争により1808年からスペイン本国で、フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトブルボン朝フェルナンド7世を退位させ、兄のジョゼフスペイン王ホセ1世に据えると、それに反発する暴動が起き、スペイン独立戦争が勃発した。インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。1811年から独立闘争が本格化し、1820年のスペイン本国で自由主義者によるリエゴ革命が起きた翌1821年9月15日グアテマラ総督領スペイン語版英語版が独立すると、同年独立したアグスティン・デ・イトゥルビデ皇帝の第一次メキシコ帝国と合併した。

中央アメリカ連邦共和国(1823年 - 1839年[編集]

1823年には中央アメリカ連邦共和国に加盟した。ホンジュラス出身のフランシスコ・モラサン将軍は自由主義のエルサルバドル派として、連邦維持を目的に、ラファエル・カレーラ将軍の率いる保守主義のグアテマラ派との戦いを続けたが、1838年に中央アメリカ連邦共和国が瓦解すると「ホンジュラス共和国」として独立した。現在もモラサン将軍はホンジュラスで特別の地位を占めている。

ニカラグア国民戦争以降[編集]

20世紀に入るまで、周辺諸国と国境紛争が頻発した。

1855年、ニカラグアでアメリカ合衆国南部人の海賊ウィリアム・ウォーカーが大統領になる事件があり、中米諸国は団結してウォーカーを排除することに決めた。この国民戦争スペイン語版でウォーカーは敗北したが、その後ウォーカーは再び中米の主人となるためにこの国に上陸し、イギリス海軍に捕らえられ、トルヒージョ英語版で処刑された。

1870年代からコスタリカを筆頭に中米各国でコーヒープランテーションが発達するが、ニカラグアとホンジュラスでは人口が少なく、労働力が足りなかったためにコーヒーは根付かなかった。

独立後のラテンアメリカ諸国はどこも自由党と保守党の争いが続いたが、マルコ・アウレリオ・ソトスペイン語版英語版大統領は1880年に自由主義憲法を制定し、直接選挙の実施が保証された。また、ポリカルボ・ポニージャスペイン語版英語版大統領が1894年に制定した憲法では中米諸国との連合の可能性が条文内に規定された。

中央アメリカ大共和国(1896年 - 1898年[編集]

アンドリュー・ブレストン

1893年にニカラグア大統領となったホセ・サントス・セラヤスペイン語版英語版中米大共和国構想により、ホンジュラスはエルサルバドルと共にニカラグアと連合するが、グアテマラの干渉によってこの構想は水泡に帰した。

そのためホンジュラスでは代わりにマイナー・キース英語版によってバナナ・プランテーションが形成され、最初に「バナナ共和国」と呼ばれる国になった。キースは1899年にアンドリュー・ブレストン英語版ボストン・フルーツ・カンパニー英語版と自分の事業を合同してユナイテッド・フルーツ社を立ち上げ、中米全体に君臨することになる。

連合解消以降[編集]

1907年にニカラグアのセラヤ大統領はホンジュラスに侵攻し、全土を支配するが、セラヤのニカラグア拡大を恐れたアメリカ合衆国の仲介により、ホンジュラス大統領にミゲル・ダビラスペイン語版英語版が就任することで妥協がなされ、その後この事件を処理するために中米司法裁判所が設置された。1911年にマヌエル・ボニージャスペイン語版英語版が反乱を起こすとダビラは失脚し、翌1912年にボニージャが大統領に返り咲いた。翌1913年にボニージャが死去すると、フランシスコ・ベルトランドスペイン語版英語版が大統領に就任し、1919年まで安定する。しかし、1919年に内戦が勃発し、ホンジュラスの内政は混乱に陥ったため、アメリカ合衆国がバナナ権益を保護するために内政干渉に乗り出すことになる。

1920年代にホンジュラスは世界のバナナ市場の約1/3を供給していたが、1928年末、バナナ労働者虐殺事件英語版が起こると、ユナイテッド・フルーツ社で働くバナナ労働者による労働争議が次第に活発になっていった。1929年10月24日世界恐慌でバナナ産業が大打撃を受けた。この混乱を沈めるために1933年にティブルシオ・カリアス・アンディーノ将軍がクーデターを起こして軍事独裁が始まり、アメリカ合衆国のバナナ会社との強い関係を背景に強権統治を行ったため、この独裁政権は17年間続いた。

第二次世界大戦後の政情は不安定で、軍事政権が相次いで成立した。また、アメリカ合衆国の石油会社がニカラグア国境付近で油田を発見したことがきっかけとなって、1957年5月、ソモサ王朝体制のニカラグアと国境紛争を行っている。ホンジュラス東部が戦場となったこの紛争は、7月21日に問題を国際司法裁判所に提訴することにより、解決が図られた。

1960年に中米共同市場が結成されたが、ホンジュラスは工業国エルサルバドルの製品の市場としてしか扱われず、このことはホンジュラス人の不満を高めた。更に1960年代末の時点で30万人ものサルバドル人がホンジュラスで不法移民として農業を行っていたが、ホンジュラス政府が農地改革を行うと、この不法農業移民の問題が両国の軋轢をより大きなものにし、1969年にはエルサルバドルと、いわゆる「サッカー戦争」が起きることになった。

サッカー戦争以降[編集]

サッカー戦争後、1971年にホンジュラスはエルサルバドル製品ボイコットのために中米共同市場を脱退した。1979年のニカラグア革命後、ホンジュラスはニカラグアのサンディニスタ政権に対するコントラの最も有力な基地となり、アメリカ陸軍アメリカ空軍イスラエル国防軍アルゼンチン陸軍など多くの反共国家の軍隊がホンジュラスに駐留した。

1981年には民政移管に成功し、選挙の結果自由党政権が成立したが、その後もコントラの基地としての立場に変わりはなかった。続いて1985年にアスコナ政権が成立するとアメリカに接近し、軍事経済関係が強化された。1993年にはレイナ政権が成立した。

政治[編集]

大統領元首とする共和制国家であり、行政権は大統領に属する。大統領の任期は4年で、再選は禁止されている。立法権一院制の議会に属し、議員定数は128人である。司法権は最高裁判所に属している。現行憲法は1982年憲法である。

保守的な国民性で、コスタリカ程ではないものの中米では比較的安定した国家であり、1970年代から1980年代中米紛争の最中にも、エルサルバドル内戦グアテマラ内戦ニカラグア内戦のように悲惨な内戦を起こす事はなかった。

自由党国民党二大政党制が二十世紀初頭から続いており、長い軍事政権の歴史もあるものの、基本的に現在もこの構図は変わっていない。

ホンジュラスは中華民国台湾)を承認している。

2009年軍事クーデター[編集]

中道左派の大統領ホセ・マヌエル・セラヤは政権延長・終身大統領を狙って[要出典]、憲法改正のための国民投票を6月28日に実施する予定だった。これに対して国会と最高裁判所は国民投票を違憲だとして大統領と対立した。6月24日には、ロメオ・バスケス統合参謀本部議長を更迭し、エドガルド・メヒア将軍を後任とした大統領令を出すが、翌25日にこれに抗議してアンヘル・エドムンド・オレジャナ国防大臣も辞表を提出。数時間後に更迭は無効と最高裁判所からの宣告がなされ、対立が高まった。そして、国民投票が実施される当日、投票が始まる1時間前になって、最高裁判所が出した大統領逮捕令にしたがって、軍部がクーデターを起こし、セラヤは大統領官邸で拘束の上コスタリカへ移送され、ニカラグアに事実上亡命した。尚大統領夫人は、移送されず国内に留まっている。

28日午後、セラヤと同じ自由党に所属するロベルト・ミチェレッティ国会議長が暫定大統領に就任した。任期は2010年1月27日まで。

7月5日、セラヤはミゲル・デスコト国連総会議長(元ニカラグア外務大臣)を伴い、ベネズエラより飛行機による帰国を試みるも、テグシガルパ国際空港は軍により閉鎖されており帰国は阻止された。しかし9月21日にセラヤは強行帰国に成功し[3]、首都テグシガルパのブラジル大使館内に留まっている。

国会、裁判所を含むクーデター派は、セラヤが左傾化を進めていることに反対してきた富裕層などの支持を得ているとされる。

11月29日に行われた大統領選挙の結果、国民党から立候補したポルフィリオ・ロボ・ソサが当選を確実にした[4]。しかし、選挙はクーデターで国外追放されたセラヤ大統領を復帰させないまま強行されたので、中南米諸国の大半(ブラジル・アルゼンチン・ボリビア・エクアドル・ベネズエラ・ウルグアイ・エルサルバドル・チリなど)は選挙結果を認めず、セラヤの大統領復帰を求める立場を表明している。さらに、12月3日ラテンアメリカ議会[5]はホンジュラス国会を資格停止にすることを決めた[6]。また、中南米ばかりでなく国際社会も選挙の正当性を疑問視している。12月9日、セラヤがメキシコに出国することが明らかになった。しかし、暫定政権のカルロス・ロペス外相が国内テレビで出国を認めないと語った。メキシコ外務省は、暫定政権の外務省から出国許可を取り付け、セラヤとその家族を賓客として招待する、としている。12月10日、セラヤは暫定政権から辞任を条件に出国することを求められ、それを拒否、出国は停止された。セラヤ受け入れを表明していたメキシコ政府はホンジュラスの政治危機の解決に協力することを表明し、ブラジル政府は暫定政権を厳しく批判した。

一方、北米・中南米35カ国の内、米国[7]・ペルー・パナマ・コロンビア・コスタリカの5カ国は選挙結果の承認へ傾いているといわれている(中南米の4カ国はいずれも親米)。

またミチェレッティはセラヤが2008年8月に加盟した米州ボリバル代替統合構想脱退を提案。同盟維持を主張する「クーデター反対抵抗戦線」と、ミチェレッティを支持する富裕層の間で対立が起きている[8]。最終的に脱退は14日、国会で承認された[9]

2010年1月27日、クーデターで成立した政権下の昨年11月の大統領選挙で当選したロボ大統領の就任式が行われた。就任演説で同大統領は、クーデターによって引き起こされた不正常な状態からの脱出を宣言し、国際社会との関係修復に取り組む決意を表明した。しかし、就任式に国家元首が参加したのはドミニカ共和国パナマのみであり、中南米諸国の多くは就任式に代表を送らなかった。同大統領は、就任式直後、ブラジル大使館に避難していたセラヤの出国を許可した。セラヤはドミニカ共和国のフェルナンデス大統領と同国へ出国した[10]

軍事[編集]

ホンジュラス軍は兵員12,000人程。徴兵制は廃止され、1995年から志願兵制が導入された。1999年、ホンジュラス軍は治安回復のために投入された。

ロボ政権は、2010年4月、東部のカリブ海岸カラタカスに、米の支援を受け、海軍基地を新設した。また、カナウアティ外相は、7月14日、カリブ海上のラバイヤ諸島グアナハに新基地を建設すると発表した。

地方行政区分[編集]

ホンジュラスの県

ホンジュラスの地方行政は、18の県(departamentos)と、その下の298の市町村からなる。右側の数字はアルファベット順に並べている。

  1. アトランティダ(Atlántida)
  2. チョルテカ(Choluteca)
  3. コロン(Colón)
  4. コマヤグア(Comayagua)
  5. コパン(Copán)
  6. コルテス(Cortés)
  7. エル・パライソ(El Paraíso)
  8. フランシスコ・モラサン(Francisco Morazán)
  9. グラシアス・ア・ディオス(Gracias a Dios)
  10. インティブカ(Intibucá)
  11. イスラス・デ・ラ・バイア(Islas de la Bahía)
  12. ラ・パス(La Paz)
  13. レンピーラ(Lempira)
  14. オコテペケ(Ocotepeque)
  15. オランチョ(Olancho)
  16. サンタ・バルバラ(Santa Bárbara)
  17. バジェ(Valle)
  18. ヨロ(Yoro)

主要都市[編集]

主要な都市はテグシガルパ(首都)、サン・ペドロ・スーラがある。

地理[編集]

ホンジュラスの地理

基本的に熱帯であり、カリブ海岸低地は高温多湿の気候であるものの、国土の80%弱を占める山岳地帯、特に国土主要部の標高1,000mから1,500mの高原地域では常春に近い気候になる。

最も高い山はセラケ山であり、標高は2,850mになっている。地震による被害は少ないが、ハリケーンによる被害は他の中米・カリブ海諸国と共通である。

南西部カリブ海岸のニカラグアにまで続くモスキート海岸の一部であるモスキータ地方には未開の熱帯雨林が広がり、プラタノ川流域は世界遺産となっている。

経済[編集]

ホンジュラスの経済的な首都、サン・ペドロ・スーラの商業地区

2013年のホンジュラスのGDPは約188億ドルであり[11]日本鳥取県とほぼ同じ経済規模である[12]。同年の一人当たりのGDPは2,323ドルである。

ホンジュラスは歴史的にニカラグアと並んで中央アメリカで最も貧しい国であり、西半球で十番以内に貧しい国であると同時に世界最貧国の一つ[要出典]でもある。GDP成長は非常に緩やかであり、国民の半数以上が貧困線以下の生活を強いられていると推測され、失業者数は実に120万人近いと見積もられている。それ故JICA等による経済支援が行われている。

この国の経済は、アメリカ合衆国資本(具体的にはユナイテッド・フルーツスタンダード・フルーツ)がカリブ海岸熱帯低地で始めたバナナプランテーション産業に依存してきた。そのため、バナナ共和国と世界で最初に呼ばれた国家であり、現在もそう呼ばれる。

また、バナナは多くの労働力を必要としたためサルバドル人の農業移民を引き寄せ、これがサッカー戦争の一因ともなった。ホンジュラス最大の産業都市、サン・ペドロ・スーラの発展はバナナの発展によるといっても過言ではない。

国民[編集]

主な住民は、メスティーソが90%、 インディヘナ が7%、黒人が2%、白人が1%となっており、圧倒的にメスティーソの多い国である。

先住民としては、かつてはコパン遺跡を築いたマヤ系の民族が多かったはずだが、現在は7つの公認された民族集団に分化し、特にカリブ海岸にミスキート族レンカ族ガリフナ族など黒人の影響のある先住民がおり、ホンジュラスのミスキート族は隣国ニカラグアのミスキート族と連続した社会を形成している。

アフリカ系ホンジュラス人は主にカリブ海岸の低地に居住しており、多くは西インド諸島から植民地時代に移入された奴隷の子孫である。19世紀には鉄道建設やプランテーションでの労働力としてジャマイカからの黒人労働者の移住も進んだ。

パレスチナ人アラブ人中国人韓国人ベトナム人日本人などの移住もあった。

1970年代の半ばから、多くのホンジュラス人が職を求めて海外に出て行ったので、ホンジュラス人の多くはメキシコ、ニカラグア、スペインカナダ、そして特にアメリカ合衆国に住む親戚を持っている。

言語[編集]

公用語はスペイン語であり、大多数の国民の母語である。その他にもカリブ海側の黒人や先住民によって英語ミスキート語ガリフナ語などが話される。

宗教[編集]

宗教構成は、カトリック(94%)、プロテスタント・その他(各6%)である。

教育[編集]

2001年のセンサスによれば、15歳以上の国民の識字率は80%である[13]

主な高等教育機関としては、ホンジュラス国立自治大学(1847年)などが挙げられる。

文化[編集]

コマヤグア大聖堂

音楽[編集]

カリブ海側にはガリフナ族のコミュニティもあり、彼等の音楽はタンボール(スペイン語で太鼓)やマリンバを多用する。著名な音楽家としてはギジェルモ・アンダーソンが挙げられる。

スポーツ[編集]

サッカーは最もホンジュラスで人気のあるスポーツとなっている。

世界遺産[編集]

ホンジュラス国内には、ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が1件、自然遺産が1件存在する。

祝祭日[編集]

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 Año nuevo
3月19日 父の日 Día del Padre
5月1日 メーデー Día de los trabajadores
5月第二日曜日 母の日 Día de la Madre
9月10日 子供の日 Dia del Niño
9月15日 独立記念日 Día de la Independencia 中央アメリカ独立の日
9月17日 師の日 Día del Maestro
10月3日 フランシスコ・モラサン将軍生誕記念日 Nacimiento del General Francisco Morazán 兵士の祝日でもある
10月12日 民族の日 Día de las Américas
12月24日 クリスマス Día de la familia

脚注[編集]

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ テオティワカン人かもしくはその同盟者のマヤ人とも目される。
  3. ^ ホンジュラス、国外追放の大統領が帰国 クーデター後初めてNIKKEI.NET 2009年9月21日
  4. ^ 野党候補が当確 ホンジュラスでクーデター政権下の大統領選
  5. ^ 中南米20カ国と2自治領で構成
  6. ^ パナマ市での会合で南米5カ国が提案し、賛成103、反対7、棄権3の圧倒多数で可決した。会議はクーデターの拒否、ホンジュラス国会の資格停止、11月29日の選挙の不承認で一致した
  7. ^ 11月30日米バレンスエラ国務次官補は選挙は国際的な基準を満たしているとし、結果を承認した。12月11日、クリントン国務長官は暫定政権が主導する大統領選挙の結果を承認すると改めて表明した。
  8. ^ “ALBA加盟維持せよ”ホンジュラス 1万5000人がデモしんぶん赤旗2010年1月9日
  9. ^ ホンジュラス、地域の左派連合機構から脱退へ 日本経済新聞
  10. ^ ホンジュラス:セラヤ氏任期切れで亡命、ロボ氏大統領就任 2010年1月28日 毎日新聞
  11. ^ IMFによるGDP
  12. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  13. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ho.html 2009年3月30日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府
日本政府
観光