腐肉食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌーの死体に群がるコシジロハゲワシGyps africanus)。捕食者の食べ残しを彼らがさらに啄(つい)ばむことで分解のプロセスがいっそう進む。ケニアマサイマラ国立保護区

腐肉食(ふにくしょく)・屍肉食(しにくしょく)は、動物死体(動物遺体)を主たる食物とする性質を持つ、肉食の一群である。狭義では腐敗したあるいは腐敗が進行した肉を食物とする食性。

英語では scavenging (スカヴェンジング。「肉食い」の意)、もしくは necrophagy (ネクラファジー〈日本語風:ネクロファジー〉。「肉食い」の意)と言う。

腐肉食性を有する動物を、日本語では「腐肉食動物屍肉食動物)」、英語では scavenger仮名転写スカベンジャー、もしくは、スカヴェンジャー)と称する。

特徴[編集]

小さなサメの死体を得たハシブトガラス(日本、熊本県

概要[編集]

何らかの事由によって生命を絶った動物の死体がいまだ肉食動物に消費されない状態で残っていれば、それは「動物遺体」であり、これを主食とする動物が腐肉食動物(屍肉食動物)である。 動物が死体となる事由として、災害による死、過失による事故死、疾病による死、捕食者(もしくは人間)がもたらす死などが考えられるが、腐肉食動物はそのようにして環境中にある死体を探し当てて食物とする。 死体の周囲にそれを殺した捕食者がいても、生態的に力が上回れば奪い取ることを常とする(例:チーターに対するブチハイエナ)。 また、生態的上位の者が摂食中の死体を狙い、隙を見て横取りしたり、残り物を得たりするのも腐肉食動物の習性である(例:ハイエナに対するジャッカルハゲワシ)。

生態系における重要性[編集]

「屑拾い(くず-ひろい)」「屍肉漁り(しにく-あさり)」などとも形容される腐肉食動物は、動物遺体の分解に関与することによって生態系の重要な役割を担っている。 段階の異なる腐肉食動物に順次消費されていくことにより、動物を構成していた有機物質は分子分解されて環境に還元されるからである。 彼らの働きがあって始めて環境は健全に保たれ、食物網(食物連鎖)も機能する。

イツスジトカゲの自切した尾を食べるザトウムシ

腐肉食動物の実際[編集]

顕著な腐肉食動物としては、ハゲワシ類、シデムシクロバエニクバエクロスズメバチなどが挙げられる。 一般によく知られ、屍肉食いの代表のように考えられ代名詞化までしているハイエナはしかし、積極的に狩りをすることの多い動物であり、イメージに反して完全な腐肉食動物ではない。 むしろ、彼らは自ら仕留めた獲物をライオンに横取りされる、すなわち、腐肉食されることの多いニッチ(生態的地位)に置かれている。

似て非なるもの[編集]

糞便を食する動物は coprovore (「糞食動物」)と呼ばれる。 また、死んだ植物を主食とする動物は detritivore (「腐敗食動物」あるいは「腐食動物」)、あるいは、「腐植食動物」と言う。

具体例[編集]

現生種[編集]

ヘビの死体に群がるアリ

腐肉食動物のうちで特筆に値するものをここに示す。

絶滅種[編集]

絶滅種についてはあくまでも学術的推定である。

古人類は屍肉食いであったか[編集]

米国はユタ大学のデニス・ブランブル(Dennis Bramble)とハーバード大学のダニエル・リーバーマン(Daniel Lieberman)は2004年、初期人類は、動物遺体から屍肉を集め、石を使って骨を割り、栄養価の高い骨髄を得ることを生息手段とする、一種の腐肉食動物であったとの仮説を提唱した[1]。 人類は競合者に先駆けて動物遺体を手に入れるため、発汗による高い体温調整能力を始めとし、弾性のあるアキレス腱や頑丈な脚関節といった「速いピッチでの長距離移動の能力」を進化させ、広い地域を精力的に探し回る者として特化したとするものである。 このような適応の傾向と栄養価の高い食物が大きなの発達を可能にしたのではないかと説いた。
また別のアプローチから、やはり人類の祖先は骨髄を食べていたことを示唆する2003年発行の文献もある。[2]

出典[編集]

  1. ^ Dennis Bramble and Daniel Lieberman, Endurance running and the evolution of Homo, Nature Vol. 432, pp.345-352, (18 November 2004). DOI:10.1038/nature03052
  2. ^ http://www.wound-treatment.jp/next/dokusho41.htm
  • 親指はなぜ太いのか―直立二足歩行の起原に迫る (中公新書) 島 泰三(著) 2003年 ISBN 978-4121017093

関連項目[編集]