シマハイエナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマハイエナ
シマハイエナ
シマハイエナ Hyaena hyaena
保全状況評価
LOWER RISK - Near Threatened
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 NT.svgH. h. barbara
DATA DEFICIENT (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 食肉目 Carnivora
亜目 : ネコ亜目 Feliformia
: ハイエナ科 Hyaenidae
亜科 : ハイエナ亜科 Hyaeninae
: シマハイエナ属 Hyaena
Brisson, 1762
: シマハイエナ H. hyaena
学名
Hyaena hyaena
(Linnaeus, 1758)
和名
シマハイエナ
英名
Striped hyena

シマハイエナ(縞鬣犬、Hyaena hyaena)は、動物界脊索動物門哺乳綱食肉目ハイエナ科シマハイエナ属(ハイエナ属)に分類されるハイエナ。本種のみでシマハイエナ属を形成する。シマハイエナ属はハイエナ科の模式属特定動物

分布[編集]

現生のハイエナ科の構成種では唯一ユーラシア大陸にも分布する。

アゼルバイジャンアフガニスタンアラブ首長国連邦アルメニアイエメンイスラエルイラクイランインドウズベキスタンエジプトエチオピアエリトリアオマーンカメルーンギニアクウェートグルジアケニアサウジアラビアジブチシリアスーダンセネガルソマリアタジキスタンタンザニアチャド中央アフリカ共和国トルコナイジェリアニジェールネパールパキスタンブルキナファソマリ共和国モーリタニアヨルダンリビアレバノン西サハラ

  • H. h. barbara

アルジェリアチュニジアモロッコ

形態[編集]

体長100-120cm。尾長25-50cm。体重25-55kg。全身はや淡色の体毛で覆われ、い横縞が入る。背面に暗色の長いが生える。

外耳は大きく先端は尖る。乳首の数は6

亜種[編集]

  • Hyena hyaena barbara Blainville, 1844
  • Hyena hyaena hyaena (Linnaeus, 1758) - 等

生態[編集]

草原等に生息する。通常は群れは形成せず、単独で生活する。夜行性で、昼間は岩の隙間等で休む。広い縄張りを持ち、その中を徘徊しながら獲物を探す。危険を感じると、全身の毛を逆立て体を大きく見せることで威嚇をする。

食性は動物食の強い雑食で、動物の死骸や昆虫類甲殻類魚類、小型爬虫類鳥類やその卵、果実等を食べる。成獣は血縁関係のある幼獣に食物を運ぶ。

繁殖形態は胎生で、1回に2-4頭の幼獣を産む。妊娠期間は約84日。授乳期間は12ヶ月程。

人間との関係[編集]

獲物が少ない場合は家畜を襲うこともある。

開発による生息地の減少や、害獣としての駆除等により生息数は減少している。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]